ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:道東( 190 )


2018年 01月 24日

雲海の朝

b0133447_19323445.jpg
b0133447_19323495.jpg
b0133447_19323464.jpg
美幌峠でサンピラーを見た翌日もまた美幌峠で夜明けを撮影しました。
この日は薄い雲海が。
はかない雲海でしたが、積雪と溶け合うかのようで、
冬の雲海を楽しみました。




[PR]

by ayaya55a | 2018-01-24 19:41 | 道東 | Comments(2)
2018年 01月 19日

サンピラーの朝

b0133447_18155241.jpg

b0133447_18155247.jpg

 
b0133447_18155267.jpg
道東の美幌峠で迎えた夜明け。
帽子から出ている髪の毛がバリンバリンに凍って真っ白になるような朝でしたが、
特大サンピラーのおかげで、寒さはまったく感じませんでした。



[PR]

by ayaya55a | 2018-01-19 18:24 | 道東 | Comments(2)
2018年 01月 02日

新年を迎えて

b0133447_14491616.jpg

今年は喪中なので、新年の御挨拶は控えさせて頂いていますが、
やはり年が改まれば、気持ちも改まります。
画像は凍れるオンネトーの夜明け。
アイスバブルが朝の光に浮かび上がっていました。

年末には冬用のウェーダーと、雪面のグリップ力の強いスノーシューも届いたし、
これで冬のアクティビィティがまた広がります。
ああ、私は何処へ向かう気なんだろう・・・w

皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。



[PR]

by ayaya55a | 2018-01-02 15:04 | 道東 | Comments(0)
2017年 12月 30日

凍れる月光


b0133447_17461306.jpg


画像は先日訪れたオンネトー。
凍結してまだ雪が積もる前の氷上で、一人静かに月の出を楽しみました。
凛々たる冷気と、静謐な月の光。
今年、心に深く沈みこんだ光景のひとつです。

今年も残すところあと一日と少しになりました。
個人的には深い喪失と悲嘆に苦しんだ年ではありましたが、
そんな中でも大きな力を与えられた出会いや、心温まる気づきが多々ありました。
感謝あるのみです。
まぁ例え奈落の底に突き落とされても、手土産つかんで這い上がる・・・
それが私というオンナw。
来年は笑顔に満ちた一年にしていきたいです。

少し早いですが、今年のブログ更新は今日までといたします。
皆様、どうぞよいお年をお迎えください。






More
[PR]

by ayaya55a | 2017-12-30 18:12 | 道東 | Comments(4)
2017年 12月 25日

喪失から半年

b0133447_17535380.jpg
夫がわずか6ヶ月の闘病を経て亡くなってから、ほぼ半年経ちました。
しばらくは、自分と世界との間に薄い幕が張っているように感じたけれど、
今はもう、それはありません。

人の集まる場所に出向いても心から楽しめるし、
行きたい場所、やりたいこともたくさんあるし。

普通に元気なんだと思う、たぶん。


b0133447_17535336.jpg

ただ、涙はいつもこめかみのあたりに溜まっていて、
ふいに何でもない時にあふれ出して、自分でもびっくり。

駅の階段を人波にもまれながら降りる時、
運転をしていて信号待ちの時、
台所で何かを刻んだりしている時・・・とにかくほんとに何でもない時に。

でも、メソメソしていてダメだなぁとは思わない。
大切な人を失ってまだ半年なのだ、むしろこれが健全な状態なんだと思う。

b0133447_17531191.jpg
朝起きて、ベッドから自分の足で降り立つとき、それだけで感慨が走ります。
夫は悪性リンパ腫が脊髄に転移して、まず足が動かなくなってしまいました。
どれだけ歩きたかったろう。
自分の意思で、自分の行きたい所へ行ける、
ただその事がどれほど有り難く、生きる実感を伴うことか、身に沁みて。


b0133447_17530408.jpg
夫が亡くなって初めて訪れた晩秋の道東。
この原野の桜は、こんな風に幹が折れながらも毎年咲いてくれる。
命を燃焼させ尽くして生きるということを無言のうちに教えてくれる、
私の愛してやまない桜です。
今年は花の季節に行かれなかったけれど、この時はまだ葉を残していてくれました。

私はボロボロの木肌を泣きながら撫でて、一緒に頑張ろうねと声をかけました。
また花咲く季節に会いに来るから、夫のぶんまで生きて、動くから。

とりとめもない文章ですが、今の気持ちです。



[PR]

by ayaya55a | 2017-12-25 19:09 | 道東 | Comments(6)
2017年 12月 05日

冬の川遊び

b0133447_18285835.jpg
b0133447_18285733.jpg
b0133447_18285787.jpg
b0133447_18285877.jpg
b0133447_18285767.jpg
今日の札幌は大雪。
今もサラサラと降り積もる雪に、
いよいよ本格的な雪かきだなと、腹をくくる時が来ましたw。

画像は先日訪れた道東の阿寒川。
うんと冷え込んだけれど、雪はまだ少なくて、あちこちにしぶき氷も。
冬ならではのこんな川遊びも、楽しいったらありゃしない。
いよいよ冬用のウェーダーが必要なレベルになっちゃったかなーw。




[PR]

by ayaya55a | 2017-12-05 18:44 | 道東 | Comments(2)
2017年 11月 18日

春国岱を歩く

b0133447_17323873.jpg
b0133447_17323861.jpg
b0133447_17323853.jpg
b0133447_17323812.jpg
数年前の高潮で木道が破壊され、立ち入りができなくなった春国岱。
先月訪れたときは一部補修され、歩けるようになっていました。
一番原始が色濃く残るアカエゾマツのエリアには、まだ入れませんでしたが、
それも来春補修が予定されているそう。
支援のためのこんなプロジェクトもあります。
私も参加しましたよー、木道の板一本に私の寄付が使われたら、それだけで嬉しいもの。
おまけにホッケがもらえる、毛ガニやシマエビも選べる!W

来春、原始の林にミズバショウが咲く頃、ぜひ再訪してみたいです。



[PR]

by ayaya55a | 2017-11-18 18:01 | 道東 | Comments(0)
2017年 11月 06日

風に耐えて

b0133447_08284037.jpg
b0133447_08284075.jpg

b0133447_08284060.jpg

強風で知られる根室に生育する、ミズナラの風衝林。
よくもまぁ、こんな樹形になっても頑張って生きているなぁと、素直に感動。

敬意を表して、私も頑張ってこの木々を力強く表現したいと、
思い切り広角で下からあおって撮ったのですが・・・
まーまー馬のフンだらけの場所で、寝転ぶには難儀しましたw
5DⅣにチルト式モニターがないのを、こんなに恨んだことはありませんw



[PR]

by ayaya55a | 2017-11-06 08:42 | 道東 | Comments(0)
2017年 11月 04日

打瀬舟ゆらめいて

b0133447_17435263.jpg
b0133447_17435237.jpg
b0133447_17435210.jpg
b0133447_17435138.jpg

先月末、道東に行って来ました。
野付湾のシマエビの秋漁が始まる時期に合わせて行ったのは、
撮影もさることながら、イキのいいシマエビを食べたかったからw
b0133447_17435108.jpg
b0133447_17435143.jpg
風や波を読んで帆を張る、昔ながらの打瀬舟。
どっさりのシマエビに、「ここは宝の海だよ」と誇らしげな漁師さんの顔。
ここでしか味わえないのびやかさを満喫しました。
もちろん宿で食べた新鮮なシマエビの踊り食いも、他では味わえないものでしたがw



[PR]

by ayaya55a | 2017-11-04 18:00 | 道東 | Comments(0)
2016年 11月 25日

この向こうに行きたい

b0133447_20144495.jpg


b0133447_201584.jpg


b0133447_20153539.jpg


この向こうにあるのは、原始の森、春国岱。
道東の中でも、特に剥き出しの自然を感じるエリアで、私はとても好きなのですが、
一昨年の高潮で木道が破壊され、不通になってしまいました。
この夏、やっと木道が一部修復されたのですが、
森へ直接繋がる部分はまだ修復の予定すら立っていないとか・・・

森へ入れないことはわかっていたのですが、とにかく行けるところまで行ってみました。
あの森に初めて入ったときの感動を思い出し、やはり悲しかった・・・
またあの手付かずの太古の森に入り、あの空気を感じたいです。
[PR]

by ayaya55a | 2016-11-25 20:34 | 道東 | Comments(2)