ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ

2012年 07月 16日 ( 1 )


2012年 07月 16日

むすびば報告・交流会 と キルト「あすへのてがみ」スライドショー

b0133447_17444073.jpg


昨日はむすびばの報告会+交流会「むすびばの今まで、そしてこれから」が開催されました。
むすびばのこれまでの活動を広く市民の皆さんへ報告するとともに、
これからの支援のあり方を考える交流の場にもしよう・・・そんな目的で催されたものです。

活動報告の中には、ブラジルのリオ+20に派遣したメンバーからの報告や、
むすびばと係わりの深い他の震災支援団体さんからの報告などもあって、ほんとうに充実した内容でした。

・・・が、私はこの日、総合司会を担当、
ずっとマイク片手に舞台側で、もちろん撮影する余裕などなく、
写真はこのように準備している時のものしかなくて(笑)



b0133447_17451426.jpg


報告会のあとは、なごやかな交流会。ここでやっと少しカメラを持ってウロウロ。
被災者、支援者、行政サイドの方、報道関係者・・・
いろいろな立場の方々が、垣根を越えての交流の場となりました。

・・・が、廃校になった校舎を市民活動センターにした建物を使ったので、
部屋は体育館、テーブルは卓球台・・・(笑)



b0133447_17453764.jpg


この日もキルト「あすへのてがみ」を展示しました。
原発事故で被災して、北海道各地に非難されている方々の思いの詰まったこのキルト、
見て下さる方には、ぜひ優しくさわっていただきたいのですが、
ここでは適当な高さの引っ掛ける場所がなくて、こんな展示に~(笑)





そして、会場に流れたのは、このキルトのスライドショー。
キルトと共にリオやNYに向かい、トークショーなどで現地の人々にも見てもらったものです。







ここで使われている写真は、すべて私が撮影したものですが、
ある時は避難してきた若いお母さんや小さな子どもたちと一緒にキルトを縫いながら、
ある時はイベントで展示の担当者として対応に追われながら、
その合間に、私が思わず顔がほころんだり、胸を突かれたシーンに素直にレンズを向けた・・・
そんな写真ばかりです。
後で何かのかたちになるなんて、夢にも思っていませんでした。



そんな写真をスライドショーに編集してくれる人がいて、
テキストを書いてくれる人がいて、
そのテキストを英語訳やポルトガル語訳にしてくれる人がいて(ポルトガル語バージョンのスライドショーもあります)、
さらに楽曲を提供してくれる人がいて・・・
(楽曲を提供してくれたあらひろこさんは、札幌在住のプロのカンテレ奏者&コンポーザー。
 むすびばのチャリティイベントでもたびたび演奏して下さっています)


支援活動を通してつながった皆さんの手によって、私の写真がスライドショーというひとつの形になり、
それによって、写真にまた新たな命が吹き込まれたこと・・・
感謝あるのみです。



写真を撮っていると、自分が何を美しいと思っているかを再認識させられるけど、
私は、やっぱり、人が人を思う気持ちほど美しいものはないんじゃないかと思う・・・ 
そんなことを、このスライドショーで、ちょっぴりでもお伝え出来たら嬉しいなと思います。









撮影:7月15日   札幌市 中央区  プラザ星園
PENTAX K-r + PENTAX DA 17-70/4
[PR]

by ayaya55a | 2012-07-16 19:47 | フクシマのこと | Comments(10)