ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 12日

秋はやっぱり栗・・・ 和菓子「栗鹿の子」 と 「秋路」

なんだか各地で季節外れの暑さが報じられていますが、
北海道は着々と秋が深まりつつあります。
ちなみに札幌の明日の予想最高気温は13度。最高がですよ・・・


b0133447_22232368.jpg

で、秋といえばはずせないのが、栗を使ったお菓子ですよね。
これは、栗の甘露煮をちりばめた栗鹿の子。


b0133447_2223562.jpg

漉し餡と白餡の二色をそれぞれ作ってみました。


b0133447_2022766.jpg生栗を煮るところからからという
手間は省略して、
市販の甘露煮を使いましたが、
ふっくらやわらかめの
食感のものを選びました。

b0133447_2024984.jpg








最後の仕上げは艶天。
寒天液を煮上げたものを
刷毛で手早く塗ります。
艶やかで見栄えがよくなるだけでなく、
乾燥をふせぐ役割も。

b0133447_2223386.jpg

餡の中には求肥をしのばせたので、口当たりの変化も。
とてもシンプルですが、和菓子らしい美味しさを楽しめるお菓子です。

あ、拾って来た栗は後ろにディスプレイしてあるだけ、
お菓子には使ってありませんからw






b0133447_22241352.jpg


こちらは「秋路」。
秋の路に舞ういちょうと紅葉という、二種の意匠です。
ゆるめに練った栗入り羊羹を、村雨生地で挟みました。

b0133447_22243427.jpg村雨生地は、
そぼろ状にした火取りあんを、
圧縮して蒸します。
どれかの工程がまずいと、
バラバラか、カチカチに。
けっこう失敗するんですよ、これがw





b0133447_2131678.jpg




いちょうと紅葉は練りきりで。
少しずつぼかしを入れて染めるのですが、
こういう作業は楽しいですね。



b0133447_22251334.jpg


今回は、なんとか崩れもせず、
しっとりした村雨生地が出来ました。ふうw
栗との相性もよく、秋らしさが満喫できるお菓子です。
[PR]

by ayaya55a | 2013-10-12 21:25 | 手作り和菓子 | Comments(6)
Commented by いちぼく at 2013-10-12 21:51 x
ご無沙汰しています。
やっぱりあややさんのお菓子は素敵ですね。
秋はやっぱり栗ですね。
大好物です☆
昨日は30度を超えて汗だくでしたが
こちらで素敵な秋を感じることができました。
ありがとうございました。
Commented by cornet-1209 at 2013-10-13 14:07
栗鹿の子、こし餡と求肥というのが
私にとってツボです!(笑)
鹿の子というと、かのこ豆ですが
私はちょっと苦手なので…

村雨生地…
私は何にも考えず、習った通りに作っていたのですが
以前一度失敗してしまったのです。
蒸した後、綺麗な生地にならず、
べちゃっと一つの生地になってしまって…
その後作り直すとそんなことはなかったのですが
原因がわかりません^^;
Commented by mink330 at 2013-10-13 21:16
お菓子作りしたことのない私にとって、あややさんは天才です。
工程を見てもどんなに手が込んでいるか…

それを知らないでパクパク食べるほうは幸せいっぱいです(笑)
Commented by あやや at 2013-10-14 21:08 x
>いちぼくさん
こちらこそご無沙汰ばかりなのに、コメント下さり、嬉しいです。
そちらの暑さは異常でしたね、
ニュースで画像を見たら皆さん半袖で、びっくりしました。
こちらは禁断の暖房のスイッチを入れるのは、もう時間の問題ですw
栗はやはりこの季節ならではのもの、
シーズン中おおいに楽しみたいですね。
Commented by あやや at 2013-10-14 21:13 x
>cornetさん
栗鹿の子、ふつうのかのこ豆のものより、
餡玉に埋め込む作業がだんぜん楽で、
超作りやすくておすすめですw

>べちゃっと一つの生地になってしまって…
火取り餡にしたときの水分量が影響しているんでしょうか?
でも、一度失敗しただけというのなら、
私よりずっと成功率高いですよ~w
Commented by あやや at 2013-10-14 21:15 x
>minkさん
天才だなんてどと~んでもないです!
ただ好きなだけで。
私から見ればminkさんはお料理の天才です。
いつもおすそ分けしていただいて、こちらこそ幸せですって。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鉄道の日によせて      公園の秋 >>