人気ブログランキング |

ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 28日

旬をいただく喜び  びわの水饅頭   

b0133447_17523422.jpg


もぎたての鮮度抜群、でもほんの少しキズがあったり、小粒だったりするびわ・・
実はこれ、びわの産地である瀬戸内海の祝島ではクズびわと呼ばれ、なんとブタの餌になるそうな。
それを知った私、「ブタになりたいっっ!!!」と叫んだら、
祝島の友人がいっぱい送ってくれました。ブタから横取りしてw


b0133447_17532667.jpg


大喜びでムシャムシャいただきましたが、びわの採れない北海道ではとても高価なもの、
ただそのまま食べるだけではあまりにもったいない、これで何かお菓子を・・・
ということで、びわの水饅頭を作ってみました。




b0133447_1758201.jpgびわの皮をむき、半割にして種と中の皮を取ります。
この作業の間にもどんどんつまみ食いして、
かなり量が減ってしまいました・・・
私をブタと呼んで下さいw



皮をむいたびわは、薄甘く煮てコンポートに。
仕上げにアプリコットのリキュールを加えて引締めます。
とろんとしたシロップに浸ったびわは、
みずみずしさはそのままでありながら、
びわの味わいが一段増した感じ。
水饅頭の生地を練るときにも、
このシロップを加えてみました。





b0133447_18462.jpg






b0133447_1812599.jpg


中に白餡を入れたものと、入れないもの、両方を作ってみました。
餡なしの方がさっぱりして、びわの味が生きるかなと思ったんですが、
予想に反して餡入りの方が美味しいかも。
水饅頭の生地と餡の糖度が違うので、どうしても餡が水分を呼んでゆるくなってしまうのですが、
そのとろりとした餡が、びわのコンポートによく合うんですよね。


b0133447_1814160.jpg


みずみずしいびわ、とろりとした餡、ふるふるの饅頭生地・・・
3つが口の中で合わさって、旬の味をいただく喜びをいっそう高めてくれました。
祝島の友人に感謝、感謝です。ブタにもw

by ayaya55a | 2013-06-28 18:54 | 手作り和菓子


<< 雑草なみにタフ      美瑛は美瑛でも >>