ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 07日

福島と心をつなぐ布メッセージ    明日への手紙


b0133447_1835011.jpg


夢のようにカラフルな布を、小さく切って縫いつなぎ、


b0133447_1836011.jpg


それを大きな生成りの布にかがりつける・・・

ここのところブログの更新やコメントのお返事が滞りがちでごめんなさい。
というのも、仕事や家事以外の空いた時間は、もっぱらこの手仕事をチクチクとやっていたからなんです。




b0133447_18574833.jpg

これは、被災地(主に福島)から北海道へ避難してきた子ども達が描いた絵です。
好きなものを、好きなように描いてもらいました。





b0133447_18443785.jpg

その子ども達の絵を忠実に刺繍で再現し、こんなふうに先ほどの大きなキルトの真ん中に配します。
この刺繍は私ではなく、他の方がやってくださったもの。
ほんとうに子どもの線描きそのままの、感動モノの刺繍です。

ちなみにこの緑のは、リンゴの木なんですって、ゴジラじゃありません(笑)





b0133447_18453789.jpg

こちらは赤バージョン。
周りの余白には、北海道へ避難されている方々に、
それぞれの今の思いを自由に書いてもらって・・・これが、布メッセージ、明日への手紙。



実は2月11、12日に、福島で「放射能からいのちを守る全国サミット」という催しが開催されます。
簡単に言うと、放射能被害から子ども達を守るめの活動をしている全国の団体が集まって、
それぞれの活動報告をしたり、福島に住む方のいろいろなご相談をお受けしようというもの。
(詳しくはこちらをご覧下さい)

そのサミットにむすびばも参加するのですが、北海道に避難されている方々のメッセージを、
あえて印刷物ではなく、布で作って持って行き、会場に展示したい・・・
これはそういう布メッセージです。

写真のものは赤バージョン。
このキルトを、赤、オレンジ、黄色、緑、水色、青、紫と、七色でそれぞれ作り、
並べて大きな一つの虹にのように繋ぎたい。
北海道各地に避難して来られている方々のメッセージを7枚。
あと、全国へ避難されている方々にも書いていただけるものも7枚。
そういうことで、今、14枚制作中。間に合うように最後の追い込みをしています。






b0133447_2063984.jpg

作っているのはむすびばの有志と、福島などからこちらへ避難してこられたお母さん。
皆、仕事や家事、育児や介護とそれぞれの生活で忙しく、
キルト作りにかかりきりになれるわけではありません。

でも、洋裁は苦手だけど、布に線を引いたり切ったりするだけでも参加したいという人、
私のように、込み入った刺繍をするウデも時間もないけれど、単純な運針だけなら大丈夫という人、
刺繍も得意でまかせてという人・・・

いろいろな人が自分の出来るところまでやって、その後は別の人が引き受け、
その人がまた別の人に・・・というやり方での作業です。
バックパスを繋ぎながらゴールを目指す、何だかラグビーみたいだよね、と。




b0133447_18415333.jpg

福島から母子避難をしてきたNちゃん。
まだ4歳だけど、自分の描いた絵が刺繍になるということで、自分も針を持ちたくて仕方ない。
教えてもらって一生懸命縫ってます。






b0133447_18422127.jpg

「縫えたよ!」
この虹のようなものは、道路なんですって。





b0133447_1935861.jpg

続きはお母さんが縫って刺繍の部分は完成、これは水色バージョンになる予定。
右の星のピンクの部分だけは、またNちゃんが縫ったんですが、
この四角いの、ひえピタなんですって・・・・(笑)
星にひえピタ。こどもってほんとうに面白いなぁと。


布メッセージの記事、次回も続きます。
[PR]

by ayaya55a | 2012-02-07 21:27 | フクシマのこと | Comments(10)
Commented by EXTRA at 2012-02-07 22:54 x
こんばんは。

手作りメッセージ、みんなの協力で一つのものができるのって
とってもいい活動ですね。

子供たちが書いた絵が、手作りの刺繍で同じになるなんてすごいですね。
布に書いたようにしか見えませんよ。

お菓子作りの傍らで、こうしてボランティア活動が出来るあややさんに
頭が下がります。

あと少しだそうなので、雪かきの傍らそれなりにお手伝いしてください。


(^o^)
Commented by いちぼく at 2012-02-07 23:51 x
こんばんわぁ

子どもたちの描いた絵が、こんなに素敵な刺繍になるなんて、感動ものです☆
それぞれがキルト作りのバトンをつなげられているんですね!
関わった皆さんの思いがしっかり込められてると感じます^^
力んで無理してという姿勢じゃなくて、できることを無理せずやっていくことが、継続した活動につながっていきますよね
関わり合っていくことを大切にしたいとおもいました☆
最後の追い込み、がんばってください~!
Commented by pcmimiko0207 at 2012-02-07 23:56
あややさん
すごいプロジェクトですね!
書いた絵をそのまま刺繍するなんて、発想もすごいです!!
実際にどんな風に完成するのか、見てみたいです(^^♪
放射能被害から子ども達を守るのが、一番大切な大人の任務・責任
だと強く思います!
あややさん、皆さん頑張ってください❤
Commented by mink330 at 2012-02-08 09:48
あややさん、おはようございます。
ほんとにすごい!
これは永遠に残るものですね。皆さんの気持ちがこもった布絵
見るだけで元気になります。

あややさん忙しいのに・・・尊敬します。
Commented by yumaruna238 at 2012-02-08 12:09
素晴らしい活動ですね。
心がこもっています。感動です。
Commented by あやや at 2012-02-10 20:12 x
>EXTRAさん
こんばんは~
この布メッセージは、洋裁が得意でなくても、何かしら出来ることがあって、
それでいろいろな人が参加してくれることに。
こういう風に、大勢が協力し合って一つのものを作るというのは、
私には凄く新鮮でした。
製菓も写真も、基本的には全部一人でやりますからね。

いろいろなことで忙しくても、コマ切れの時間でチクチク針仕事をしていると、
不思議に気持ちが豊かになれて、それはそれで楽しかったです。

Commented by あやや at 2012-02-10 21:00 x
>いちぼくさん
こんばんは~
こどもの絵を刺繍にするというのは、かなり母親的発想で、
こどもの描いた簡単なイラストを、おけいこバッグに刺繍するなんていうのは、
わりとあることかと思います。
でも、今回刺繍を担当して下さった皆さんは、ほんとうに凄いんですよ~

>力んで無理してという姿勢じゃなくて、できることを無理せずやっていく
ほんとうにそう、まだまだ先が長いですからね。
でも、たとえ何もできなくても、
ずっと忘れず、思いをかけ続けるだけでもいいのではと思います。
Commented by あやや at 2012-02-10 21:05 x
>pcmimikoさん
このプロジェクトは、むすびばのメンバーの発案で、
昨年末から取り組みましたが、
ほんとうにたくさんの人が協力しあって、一つの形になろうとしています。

>放射能被害から子ども達を守るのが、一番大切な大人の任務・責任
子どもの健康被害はもう始まっています、待ったなしなんです。
大人の無責任さのために、子どもの未来を奪うことだけはしたくないです。

Commented by あやや at 2012-02-10 21:11 x
>minkさん
こんばんは。
あえて布にしたこのメッセージ、印刷物とは違う説得力があるかなと思います。

>あややさん忙しいのに・・・
自分でも、この忙しい時に、自分で自分の首を絞める気かと思いましたが、
とにかく一針だけでも参加したかったんです。
で、やり出したら楽しくて、けっこうチクチクはまってしまいました。
もっとも私は真っ直ぐ縫だけでしたが(笑)
Commented by あやや at 2012-02-10 21:23 x
>yumarunaさん
ありがとうございます。
避難された方の気持ちを表現するのに、
大勢の人間が関って形にできたことに意味があったかなと。
関ってくれた人皆に感謝です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 布メッセージ、明日への手紙  続き      雪に滲む >>