ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 04日

釜石を去るとき


b0133447_23441822.jpg


ボランティア最終日。 
宿舎に戻り、荷物を整理して、帰りの車に乗り込むまで少し時間があったので、
カメラを持って近所を歩きました。
雨上がりの里山は、なんだかふるさとのような優しさで、名残り惜しさが募ります。

2
b0133447_21114111.jpg


3
b0133447_23594110.jpg



b0133447_23323936.jpg


5
b0133447_001571.jpg



6
b0133447_23513856.jpg


7
b0133447_23363425.jpg

ほんとうに肌触りの柔らかい、心休まる土地でした。
人の温かさに心から感謝です。







b0133447_23544734.jpg車に乗り込む直前、ほんとうにこれでお別れという時の写真。
私たちボランティアや、ねおすのスタッフに加えて、
都留文科大学のみんなも入ってくれて、
笑い声あふれる楽しい撮影タイムでした。
でも、車が出たら、スタッフのミキちゃんが手を振りながら
泣いていて、私もこらえきれず涙ポロポロ・・・

みんな、みんな、ありがとう。







今回のボランティアでは、復興への力強い動きが嬉しかった反面、
現地で活動し続けている皆さんの疲れを感じることが多々あり、胸が痛みました。

また、被災地の皆さんが、
 「忘れられたくない」
 「来て、見て、知って欲しい」と、強く思っておられることも、ぜひ知っていただきたいのです。

復興はほんとうに先の長い道のりですが、
私たちはこれからも、それぞれのスタンスで関わり続けていきたいものです。








撮影:9月14日    釜石市 橋野町
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4、TAMRON SP AF Di 90/2.8 MACRO
[PR]

by ayaya55a | 2011-10-04 22:54 | 東日本大震災ボランティア | Comments(8)
Commented at 2011-10-05 00:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mink330 at 2011-10-05 17:34
誰の心の中にもある懐かしい風景、ほんとにこういう風景を見るとホッとしますが、この陰にどんなに苦しいことがあるのだろうと思うと心が痛みます。

毎年咲き誇るセンダイ萩のように立ちあがってくれる(もう
そうなってますが・・・)を願ってます。
あややさんお疲れさまでした。
これで終わらないあややさんの活動ですね。
Commented by EXTRA at 2011-10-05 22:49 x
こんばんは。

昔懐かしい日本の原風景が、まだ釜石町には残っているんですね。
ここの道が砂利道でないのが、現在を感じさせてくれ。ているようです

ボランティアメンバーは、活気ある人ばかりのようです。
あややさんもこの中に染まって元気に活動できたようですね。

ご苦労様。

(^o^)

Commented by Blog_Maya at 2011-10-06 07:24
あややさん お疲れさまでした。
被災地の方の「忘れられたくない」 「来て、見て、知って欲しい」というお気持ち、胸が痛いです。  
阪神淡路大震災の時もそうでしたが、皆さん孤立感を感じてらっしゃるのですね。
あややさんを見習って被災地のために これからも出来ることを探していこうと思います。

Commented by あやや at 2011-10-06 21:13 x
>鍵コメさん
コメントありがとうございます。
Commented by あやや at 2011-10-06 21:42 x
>minkさん
今回釜石に滞在して、ほんとうに被災さえしなければ、
どんなにいい場所だったろうと思うことがいっぱいありました。
でも人々の郷土愛は、北海道の人間には伺い知れないほど強く、
何より、それが復興への原動力になっていると思います。

私の支援活動も、もちろん継続していくつもりです。
Commented by あやや at 2011-10-06 21:53 x
>EXTRAさん
こんばんは~
東北の中でも、岩手のこのあたりから遠野にかけては、
特に日本の原風景が残っているといわれていますね。

>ボランティアメンバーは、活気ある人ばかりのようです。
確かに活気のある人・・・というか、自分で責任を持って行動できる人、
信念を持って行動している人が多いように思います。
私も、ボランティアに行くたび、自分なんてまだまだだな・・と思わせられます。

Commented by あやや at 2011-10-06 22:07 x
>Mayaさん
今回のボランティア再認識したこと・・・
私個人が出来ることなんて針の先ほどのことでもないけれど、
それでも、今までも、これからも、
ちゃんと気持ちだけは寄り添っているということは、伝えていきたいなと。
それぞれが出来ることで、求められていることをやるという、
そういうシンプルなことを続けていくのが一番だと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 深まる秋に      鎮魂 と 再生 >>