ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 24日

子どもたちと過ごした時間


b0133447_13571153.jpg

今回の東北ボランティアでは、地元の方々や他団体とも連携して活動する機会がもてました。
この日は、山梨の都留文科大学のボランティアサークルと一緒に、
被災した地元の子どもたちと、山奥の整備された公園で一日遊びました。

子どもたちは、大槌町の赤浜小と安渡小の19人。
観光船が民宿の屋根に乗っかっていた光景・・・といえば、ああ、と思われる方も多いはず。
あの場所が赤浜で、安渡はそれに隣接した地域。
どちらもほとんどの建物が津波で流されるという、壊滅的な被害を受けました。

子ども達の多くは仮設住宅暮らし。
小学校も被災して隣の吉里吉里小を間借り、
2つしかない教室を区切って6学年が授業を受けている状況でした。



b0133447_1482343.jpg


そんな子ども達も、この日は広々とした場所で、思い切り伸び伸び。
ドッジボール、野球、キックベース、缶けり、なんだかよくわからないプロレスごっご(笑)・・・
次から次へと、とにかく元気に遊ぶ、遊ぶ。



b0133447_13592244.jpg


こんなふうに、手足を使ってペタペタ自由に絵を描くというプログラムも。
最初はおっかなびっくり、でも次第に自由にのびのび楽しむ子ども達。




b0133447_148401.jpg


今回、札幌から一緒にボランティアに行った仲間の一人、大学生のとっくん。
彼は被災地に行くのはこれがもう3回目。
ボランティアを繰返すうちに、自分のやりたいことが見えてきたとう、とてもしっかりした若者。


b0133447_14535957.jpg


そのとっくんの友人でボランティア初参加のヒロキ。
底抜けに明るく、骨惜しみしない働きぶりに、同じボランティアとして、どれだけ励まされたことか。

こういう若い人たちが被災地で汗を流して、自分なりに何かを感じてくれることが、
これからの世の中で何かを変えるきっかけになればと思う。





b0133447_13582097.jpg

そして嬉しかったのは、地元のお母さんたちによる、手作りの昼食。
トン汁も、雑穀おにぎりも、お漬物も最高・・・ほんとうにありがとうございました。



b0133447_1358418.jpg




b0133447_1492173.jpg


そしてデザートは地元の甘い甘いスイカ。
最終的にはかなり粉々になってしまったけれど(笑)
くったくのない子どもの笑顔と歓声に、こちらも幸せな気持ちになれた時間でした。










撮影:9月10日   岩手県 釜石市 青ノ木
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4、TAMRON AF 70-300/4-5.6
[PR]

by ayaya55a | 2011-09-24 16:14 | 東日本大震災ボランティア | Comments(8)
Commented by pcmimiko0207 at 2011-09-24 18:43
あややさんへ

いつも見させてもらってます(^^)
画像から伝わる気持ちを、なかなか文字にできなくて。。。
ボランティアと、一言では言えない重みを感じます。。
自分に置き換えてみたり。。。いろいろと感情が湧いてきます。
子ども達の笑顔に、こちらが励まされたり、若者の力強さに勇気がでたり、
あややさんを通して、被災地の事考えています。忘れません!
Commented by mink330 at 2011-09-24 20:01
とてもいい写真ばかりです。
どの写真を見ても、表情がいいですね。
こういう明るい表情を見ていると救われます。

写真を撮ったあややさんの気持ちが伝わった顔をしています。
すばらしい!
Commented by EXTRA at 2011-09-24 22:14 x
こんばんは。

子供たちと過ごした時間が、一番印象に残ったのでは。


津波が来て、皆流されてしまったのかもしれませんが、こうした
わいわい騒ぐ子供の歓声、笑い声そして笑顔が見える。

皆さんの笑顔が耐えないように、過ごしてもらいたいですね。
あややさん、ご苦労様。

(^o^)
Commented by Blog_Maya at 2011-09-25 07:50
皆さんいい笑顔ですね。。  
こんな頼もしい若者を見ると日本もまだ捨てたもんじゃないんだと思います。
子供達も日頃不便を強いられた生活を送っているんだろうけれど、心が解放された時間を持てて良かったですね。
(あややさんもプロレスもどきしたの?)
Commented by あやや at 2011-09-26 18:17 x
>pcmimikoさん
いつも見て下さって、ほんとうにありがとうございます。

>画像から伝わる気持ちを、なかなか文字にできなくて。。。
いえいえ、私の方こそ、こんな拙い写真や文章で、
かえって思っていることが伝わらないのでは・・・と、懸念しながらのアップです。
何かを感じていただけるだけで光栄です。
震災から半年たちましたが、現地ではまだまだ先の見えない苦しみを感じました。
忘れないと言っていただけて、すごく嬉しいです。

Commented by あやや at 2011-09-26 18:33 x
>minkさん
ありがとうございます。
私は人物を撮るのは苦手で、家族や友人以外はほとんど撮らないのですが、
この時は、みなさんの表情がほんとうにいい感じだったので、
ごく自然に撮ってしまいました。

>写真を撮ったあややさんの気持ちが伝わった顔をしています
そう言っていただけて嬉しいです。
Commented by あやや at 2011-09-26 18:37 x
>EXTRAさん
こんばんは~
子どもは大好きなので、
こういう機会を持てて嬉しかったです。
子どもがこんなふうに生き生きと過ごせる環境に早く戻って欲しいと、
あらためて実感しました。

Commented by あやや at 2011-09-26 18:43 x
>Mayaさん
今回は4人でほぼ一緒に行動したのですが、
そのうち2人がこの大学生でした。
その働きぶりや気遣いの仕方など、ほんとうに立派なもので、
この先、ボランティアでの体験を糧にして、より大きくなってくれるものと思います。

>あややさんもプロレスもどきしたの?
さすがにそれは自重しました。
でも、やればきっと強かったと思います(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ボランティアセンターに泊まって      夕空 >>