ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 06日

萩に寄せて   手作り和菓子 「白露の萩」 と「おはぎ」

b0133447_17363756.jpg


夏から秋へ向かうこの季節、台風の襲来はいたし方ないこととは言え、
大きな被害が出てしまったことに心痛みます。

ところで、暦の上では、9月8日は二十四節気でいう白露。
夏から秋へと移り変わる、一服の清涼感を感じる頃です。







b0133447_17243513.jpg



これは、そんな季節をあらわした「白露の萩」
ねりきりのそぼろの上に、錦玉羹でこぼれる白露を、
密漬けの小豆でひそやかに咲く萩を表現してみました。




b0133447_17245079.jpg


錦玉羹となじみがいいように、練りきりも、中の粒餡も柔らかめに練ってあります。
見た目だけでなく、食感からも夏から秋への移り変わりが感じられる・・・そんな和菓子です。





b0133447_1810946.jpg


そしてこちらはオーソドックスなおはぎ。
いわずとしれたお彼岸の和菓子ですが、
春は牡丹にちなんでぼたもち、秋は萩にちなんでおはぎと呼ぶ・・・
そんな先人のセンスに、今さらながらに脱帽します。
せっかく作るのだから、やはりいろいろな種類を・・・




b0133447_18104475.jpg


個人的にイチオシはゴマでしょうか。
ゴマと黄な粉のものは、中に餡を入れてあります

普通の家庭のおはぎは、もち米を蒸してから、つぶしますが、
私は、蒸したもち米を、塩入り熱湯に浸してさらに蒸らすという、和菓子屋さん風の作り方。
握るのがちょっと難しいのですが、お米がベッチャリしてなくて粒々感が残り、
なかなか美味しいのではと思います。



b0133447_8385668.jpg


でも、こういうものは、結局それぞれのご家庭のお好みの味が一番なんだと思います。
粒餡、こしあん、ゴマ、黄な粉・・・
皆さんはどれがお好みですか?






ところで、今夜からまた東北にボランティアに行って来ます。


私はゴールデンウィークに、むすびばを通じて、早期から一般ボランティアを受け入れていた東松島に行きました。
その時から、被災地との関わりがこれで終わりという訳には、絶対いかないなとずっと思っていました。


東松島とは、その後も、メーリングリストを立ち上げ、支援情報のシステム作りに関わるなどしていましたが、
夏休み期間中には、むすびばから学生主体の第2陣を送りました。


東松島市では、8月12日にボランティアセンターは閉鎖され、生活復興支援センターへと移行。
また市内の避難所も8月31日には全て閉所。 
このことから、ボランティアの役割は終わり、
行政と地域住民による復興期、新しいステージへ入ったといえるのでしょう。
東松島へは、いつか、ボランティア仲間と一緒にまた訪れて観光し、
逞しく復興した街を見られたらと思っています。



で、今、顕著なのが、被災地の復旧の進み具合のバラツキが広がっていること。
そこで今回は、特に復旧が遅れている岩手県釜石市や大槌町に行って来ます。


震災から半年という節目の時期に、現地に立って、自分の目で見て、感じて、行動したい。
今回は地元の方々との交流もしながら、笑顔を交し合えるような支援活動が出来たらと思っています。



今夜のフェリーで発って、北海道に戻るのは15日。
その間、携帯で時々はブログを更新したいと思ってはいるのですが、
宿泊予定の場所は、私の携帯会社の電波は通じないらしいんです(笑) 
どこかで更新出来るようなら、しますね。

ともあれ、気をつけて行って来ます。
コメントのお返事がしばらく出来ませんが、ご容赦下さいね。
[PR]

by ayaya55a | 2011-09-06 16:11 | 手作り和菓子 | Comments(16)
Commented by cox-orange at 2011-09-06 17:54
繊細な萩の花を見ているとやさしい気持ちになりますね。
そんな気持ちがそのままの、あややさんのお菓子です。
特におはぎは全種類食べたいな~。

ボランティア、本当にお疲れ様です。
今はそういう状況になってきているのですね。。。

お体に気をつけて、またの報告を楽しみにしております。
Commented by EXTRA at 2011-09-06 20:13 x
こんばんは。

お出かけ前に、和菓子製作ご苦労様。

>宿泊予定の場所は、私の携帯会社の電波は通じないらしいんです。

 ソフトバンクかな??

気をつけて行ってらっしゃい。

また、報告お待ちしています。

(^o^)

 

いつも見事な和菓子が出てくるので、食べたくなります。

おはぎも、餡、きな粉そしてゴマですね。
季節の和菓子、とても美味しいですね。

Commented by i_nosato02 at 2011-09-07 05:59
お気をつけて。
無理せず、がんばってきてください。
Commented by pcmimiko0207 at 2011-09-07 09:09
こんな繊細な和菓子、きれいなおはぎを作られるあややさん。
何度も、東北のボランティアに行かれるあややさん。
あややファン!の私です。
どうぞ、無事お帰りくださいね。ご報告楽しみにしています(^_^)/~
Commented by cornet-1209 at 2011-09-07 09:14
涼しげで素敵ですね!
おはぎはゴマが好み^^
私も作るときは和菓子屋さん風ですよ。
あ~私も早くゆっくり和菓子作りしたいです~

ボランティア、気をつけて行って来てくださいね!
Commented by いちぼく at 2011-09-07 22:09 x
こんばんわぁ
あー、涼やかでステキですね☆彡
白露がいい感じ!
おはぎもバラエティがあって美味しそうです
昔は我が家でも母がいつも作ってましたが、
結婚してから手作りにはお目にかかったことありません・・
食べたくなってきたぁ^^

ボランティア、お疲れさまです!
笑顔の交流、素晴らしいです!
Commented at 2011-09-08 17:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ゆう at 2011-09-09 14:58 x
ボランティア通信がすでに発せられていますが、こちらに^^;
もち米を蒸すとき、塩水に浸してまた蒸すのがプロの味なのですか!
母がもち米を蒸すときは、「つとうち」とか、塩水を全体にかけてから
再度蒸していたので、我が母ながらやるなーとちょっとビックリしました(笑)

ボランティアの役割の変化も所々で取りざたされておりますね。
あややさん目線でのレポート楽しみにしてます。
Commented by あやや at 2011-09-17 00:26 x
>cox-orangeさん
萩の花、北海道ではなぜか雑草のような生え方をしているものばかりで、
どうも繊細さに欠けるような気が・・・(笑)
ボランティアに行った東北では、萩があちこちで咲いていて、
花付きもよく、それは見事でした。
東北での様子、少しずつご報告できたらと思っていますが、
とりあえず、留守にしていた家のことで手一杯です(笑)
Commented by あやや at 2011-09-17 00:37 x
>EXTRAさん
こんばんは。
和菓子は季節感が大切なので、ブログに載せるのもタイミングを気遣います。
ボランティアから帰ったら、仕事での製菓に追われるのがわかっていたので、
白露やお彼岸のお菓子を前倒しでアップしてしまいました。

>ソフトバンクかな??
ピンポーンです(笑)
他社は大丈夫だったんですけれどね・・・




Commented by あやや at 2011-09-17 00:39 x
>ainosatoさん
ありがとうございます。
ボランティア行きのせいで、
例のカメラが遅くなってしまって申し訳ありません(汗)
Commented by あやや at 2011-09-17 01:10 x
>pcmimikoさん
そんな、褒めすぎですってば・・・(笑)
でも、見守っていただけて嬉しいです。

ボランティアに関しては、まずは行動ありきというスタンスでいます。
まぁ、自分の気が済むためにやっているようなものなんです。

Commented by あやや at 2011-09-17 01:15 x
>cornetさん

>私も作るときは和菓子屋さん風ですよ
あ、やっぱり(笑)
和菓子屋さん風おはぎ、お米の食感が残っていて美味しいですよね。
早くゆっくり時間が取れるといいですね。

ボランティア、おかげさまで無事帰って来ました。
東北では、地元の方から手作りのお菓子を頂きました。
後日アップしますね~
Commented by あやや at 2011-09-17 01:26 x
>いちぼくさん
こんばんは~
残暑が一段落したら、こんな和菓子でホッと一息・・・
そんな気持ちで作りました。
おはぎは、一度にたくさん食べるというご家庭でなければ、
今はあまり手作りはしないようですね。
我が家も、作るのはいいけれど、とても食べきれず、
いつもあちこちに押し付けて食べていただいてます。

ボランティア、今回は地元の方との交流も出来、
これからの心のケアの大切さを実感しました。


Commented by あやや at 2011-09-17 01:27 x
>鍵コメさん
いろいろお気遣いありがとうございます。
近いうちに、またご一緒できたらいいですね。
Commented by あやや at 2011-09-17 01:33 x
>ゆうさん
「つとうち」という言い方は私も知りませんでした。
お母様はプロの作り方をなさっていたんですね。恐るべし!(笑)

震災から半年たって、復興に向けて前進し始めた感もあれば、
虚無感や疲れが感じられもして・・・
わずかばかりのボランティア生活でしたが、いろいろ考えさせられました。





名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 大槌湾岸で      萩、揺れて >>