ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 08日

久助を使って   和菓子 夏木立 と 藤壺

久助(きゅうすけ)・・・聞きなれない言葉ですよね、
私も和菓子を習って初めて知りました。

久助とは和菓子の用語で、型抜きしたものの残りや断ち落とした生地など、
製造過程で出来た、つまり余り物の総称のことなんですね。
今日はこの久助を使った和菓子をご紹介します。

       夏木立
b0133447_21332942.jpg

実はこれ、青楓の羊羹(5月22日アップ)を作った時、楓の型で抜いた緑の羊羹の久助で作ったもの。
久助を細かく刻んで、寒天を煮溶かした錦玉羹(きんぎょくかん)で固めます。


b0133447_21335353.jpg

錦玉羹にはレモン果汁をたっぷり絞り入れて・・・お味も口当たりはさっぱりと爽やか、
キラキラ眩しい夏木立のイメージです。


       藤壺
b0133447_2146432.jpg

そしてもう一品・・・こちらは練りきりのふじ(6月2日アップ)を作った時の久助を使ったもの。
白と藤色の二色の練りきりの残りをマーブル状になるよう合わせ、こしあんをロールしました。


b0133447_21461721.jpg

一本ロール(笑)を切って、上に金箔をひとひら、ふたひら・・・
光源氏の永遠の憧れの女性、藤壺の名前をつけました。
いくらなんでも気取り過ぎ?久助なのにね。


正直、久助の利用を覚える前は、端っこ、切り落としは全部食べていたのに、
もうそれが出来なくなってしまったのが残念(笑)
[PR]

# by ayaya55a | 2008-06-08 21:49 | 手作り和菓子 | Comments(10)
2008年 06月 07日

ヒマラヤンブルー

心奪われるこの青い色・・・
百合が原公園ではヒマラヤの青いケシが見ごろです。

b0133447_1115745.jpg



b0133447_14513818.jpg





b0133447_1116891.jpg



b0133447_11163940.jpg

この透き通るブルーの美しさは、やはりこのお花だけ。
撮影:6月5日
PENTAX K10D+TAMRON SP AF90mmF/2.8MACRO
[PR]

# by ayaya55a | 2008-06-07 20:44 | 花  | Comments(10)
2008年 06月 06日

美唄をあとに    


b0133447_19192663.jpg

公園のなんでもない光景も



b0133447_19201521.jpg

遠く広がる水田も



b0133447_19343835.jpg

心に残る廃線も

陽が傾いて、暮れなずむまでのわずかな時間、美しく輝いていた。また来よう。


撮影:6月3日
PENTAX MZ-30+ Tokina AF28-80
FUJICOLOR 100
[PR]

# by ayaya55a | 2008-06-06 14:44 | 自然 | Comments(4)
2008年 06月 05日

我路で    私の心に響いたもの



b0133447_15295249.jpg

美唄市我路。昭和47年の炭坑閉山以来過疎化が進んだ山合いの地。
ここには住む人も無いまま放置された廃屋、廃墟がそれこそ至る所にある。



b0133447_1531171.jpg

沼東小学校の円形校舎の跡地。昭和34年建立というから、当時としては実にモダンなコンクリート校舎だ。
昭和49年廃校。今は沢に阻まれ近づけない。


b0133447_15313916.jpg

同じ敷地にある、焼け落ちて鉄骨だけ残る体育館。


b0133447_15321918.jpg

この象徴的な光景・・・


b0133447_15324194.jpg

廃屋がそこここに点在する村落。


b0133447_1533648.jpg

でもそこに住む人の暮らしは、静かに、確かに営まれている。



今回我路を撮影するにあたっては、下調べもした上で、どういうスタンスに立つか悩みに悩んだ。
ルポ、ドキュメンタリー的なものは、そもそも私ごとき浅学の任ではなく、
見たまま感じたままを撮るしかないのだが、傍観者的にも感傷的にもなりたくない・・・どうしたものか・・・


眩しい日差しの中、一人で半日美唄~我路を歩き、36枚撮り3本という、私にしてはかなりの量の写真を撮った。
疲れたけれど、地元の方のお宅の庭先で、お茶をご馳走になりながらお話を伺うことも出来、心和む時間も持てた。
廃墟に及び腰だった私の心を、我路は、ゆったりと、不思議な明るさ温かさで満たしてくれた。


けれど仕上がった写真は力量不足を露呈、私の感じた我路にはなっておらず・・・
今回はモニュメント的な風景のアップにとどめ、また時間を置いて反芻してみようと思う。

我路へは季節を変えて、ぜひまた訪れてみたい。


撮影:6月3日 

PENTAX MZ-30+Tokina AF28-80mm、 FUJICOLOR 100 
[PR]

# by ayaya55a | 2008-06-05 19:14 | お出かけ | Comments(10)
2008年 06月 04日

美唄へ  私の目に映ったもの

かつて炭鉱の町として栄えた街、美唄へ行って来た。
b0133447_22101177.jpg



b0133447_22103786.jpg




b0133447_2211025.jpg

美唄鉄道の東明駅の駅舎跡に保存されているSL。初夏の日差しがいやというぼど眩しかった。

b0133447_22362813.jpg

廃線、その語りかけるものを思うと、つい言葉少なになってしまう。


撮影:6月3日 
PENTAX MZ-30+Tokina AF28-80mm FUJICOLOR100
[PR]

# by ayaya55a | 2008-06-04 22:11 | お出かけ | Comments(6)