ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 12日

カメラフィナンシェ 



b0133447_19364581.jpg



このポコちゃんが首から下げているカメラ、このブログのロゴにも使ってあるこれ・・・
そう、これはお菓子のカメラなんです。名づけてカメラフィナンシェ



b0133447_19451645.jpg



フィナンシェとは、もともと金塊とか金満家を意味するフランス語で、
金塊を薄くしたような小さな型にいれて焼く焼き菓子ですが、これはそのカメラバージョンって訳です。





b0133447_1939187.jpg


b0133447_19401982.jpg














フィナンシェは何といっても焦がしバターの風味の良さが美味しさの決め手。
いいバターを使うことだけはどうしても譲れないので、
今ではほとんど店頭で見ない醗酵バターを秘密ルートで入手して(笑)たっぷり使ってます。

フィナンシェ型で焼き上げてから、レンズやファインダーなどの形に作ったクッキーを、
溶かしチョコレートで付けていくのですが、これがまた楽しくて。

カメラの黒い色は、食用の竹炭パウダーとすり黒胡麻で出しています。
お味は見た目よりずっととオトナ(笑)



このカメラフイナンシェ、ここに時々置かさせて頂いています。

b0133447_20303494.jpg






b0133447_20314837.jpg

今日行ったら、カーテンの揺れる窓辺にこんな雑草が飾られて。





b0133447_20323285.jpg

こんなものもさりげなくあったし(笑)
タコノマクラなんてご存知でした?
平べったいウニみたいな海生動物の骨格(?)なんだそう、
これが自然の造形だなんて、驚くやら感動するやら・・・

美味しい自家焙煎コーヒーの香りに満たされて、何とも心和む時間を過ごしました。
[PR]

# by ayaya55a | 2008-06-12 22:28 | 手作り洋菓子 | Comments(8)
2008年 06月 11日

光との対話    旧日本郵船小樽支店



b0133447_2202292.jpg

小樽の中でも好きな場所のひとつ、旧日本郵船小樽支店。
ここへ来ると心が落ち着く。





b0133447_221520.jpg

この日、外はまばゆいばかりの明るさだったけど、室内は柔らかな陰翳に満ちていた。



b0133447_223884.jpg

重厚なレリーフを飾った天井も



b0133447_22239100.jpg

豪奢なレースのカーテンも、ゆるやかに光をまとっていた。



b0133447_225213.jpg





b0133447_2243780.jpg

窓から差す光が優しく伸びる。、光と対話するこんな静かな時間が好きだ。
[PR]

# by ayaya55a | 2008-06-11 22:29 | 小樽 | Comments(8)
2008年 06月 10日

オニケシの強さ

実はちょっとヘコむことがありました。
週末、道外からのお客様をご案内してあちこち遠出をしたのですが、
その時撮ったデジカメのデータを全部消去してしまったのです。
自分の不注意だったのですが、なんだかもうガックリ・・・。

でもそこは切り替えの早いO型、ここは気を取り直して、と。
遠出をしなくても写真は撮れるんだし、とカメラ片手にご近所散策。



b0133447_11534592.jpg

これは家の近くの道路沿いの斜面に咲いているオニケシ。
先日のヒマラヤの青いケシと同じ仲間ですが、これは打って変わって強い色。



b0133447_11541374.jpg


b0133447_12302885.jpg

以前、ここはルピナスが一面に咲いていたのですが、だんだん株数が減ってしまい、
いつのまにかオニケシが混ざり始め、今はこんなに。
特に手入れされているわけでもなく、雑草だらけなのに、オニケシって強いんですね。



b0133447_13271413.jpg



b0133447_1236411.jpg

上の二枚、どちらにするか選びきれず(笑)


b0133447_12342834.jpg

可愛い感じにも撮ってみました。




b0133447_1156447.jpg


ちょっとご近を歩くだけでオニケシから元気を貰えました。
しばらくご近所写真続くかも(笑)


撮影:6月9日
PENTAX K10D+TAMRON SP 90/2.8 MACRO Di
[PR]

# by ayaya55a | 2008-06-10 13:29 | 花  | Comments(10)
2008年 06月 08日

久助を使って   和菓子 夏木立 と 藤壺

久助(きゅうすけ)・・・聞きなれない言葉ですよね、
私も和菓子を習って初めて知りました。

久助とは和菓子の用語で、型抜きしたものの残りや断ち落とした生地など、
製造過程で出来た、つまり余り物の総称のことなんですね。
今日はこの久助を使った和菓子をご紹介します。

       夏木立
b0133447_21332942.jpg

実はこれ、青楓の羊羹(5月22日アップ)を作った時、楓の型で抜いた緑の羊羹の久助で作ったもの。
久助を細かく刻んで、寒天を煮溶かした錦玉羹(きんぎょくかん)で固めます。


b0133447_21335353.jpg

錦玉羹にはレモン果汁をたっぷり絞り入れて・・・お味も口当たりはさっぱりと爽やか、
キラキラ眩しい夏木立のイメージです。


       藤壺
b0133447_2146432.jpg

そしてもう一品・・・こちらは練りきりのふじ(6月2日アップ)を作った時の久助を使ったもの。
白と藤色の二色の練りきりの残りをマーブル状になるよう合わせ、こしあんをロールしました。


b0133447_21461721.jpg

一本ロール(笑)を切って、上に金箔をひとひら、ふたひら・・・
光源氏の永遠の憧れの女性、藤壺の名前をつけました。
いくらなんでも気取り過ぎ?久助なのにね。


正直、久助の利用を覚える前は、端っこ、切り落としは全部食べていたのに、
もうそれが出来なくなってしまったのが残念(笑)
[PR]

# by ayaya55a | 2008-06-08 21:49 | 手作り和菓子 | Comments(10)
2008年 06月 07日

ヒマラヤンブルー

心奪われるこの青い色・・・
百合が原公園ではヒマラヤの青いケシが見ごろです。

b0133447_1115745.jpg



b0133447_14513818.jpg





b0133447_1116891.jpg



b0133447_11163940.jpg

この透き通るブルーの美しさは、やはりこのお花だけ。
撮影:6月5日
PENTAX K10D+TAMRON SP AF90mmF/2.8MACRO
[PR]

# by ayaya55a | 2008-06-07 20:44 | 花  | Comments(10)