ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 30日

麗しき大道芸人

b0133447_17195419.jpg


私は東京に行くと、時間の許す限り、美術展や写真展などを見まくります。
それで美術館が点在する上野公園を歩く機会が多いのですが、
この日たまたま通りかかった園内で、こんな大道芸が・・・


b0133447_17202048.jpg


なんとポールダンスの大道芸!
こんな公園でポールダンスが見られるなんて、びっくりです。

b0133447_17204747.jpg


b0133447_17211161.jpg


b0133447_17213926.jpg


b0133447_17215817.jpg



彼女はポールダンサー大道芸人、めりこさん。
こんなにアクロバティックでパワフルでありながら、
動きは流れるようにしなやかで、エレガントでさえありました。


ところで画像からおわかりのように、ピントがずれまくり・・・
今回、東京でこのめりこさんとか、孫とか、
動体にピントが合わないことがあまりにも多くて、
カメラをサービスセンターに持ち込んだところ、やはりレンズの不具合とのこと。
せっかくの撮影機会だったのに、なんかもうがっかりです。

(ちなみにこのDA16-50のスターレンズ、
 開放F値が2.8で、とても気に入っているのですが、
 購入して一年たってないのに、フォーカス関連の不具合がもう3回目。
 そのたび修理に2、3週間かかるし、ホント困ってます・・・)



撮影:9月20日    東京都 台東区 上野公園
PENTAX K-3 + PENTAX DA*16-50/2.8
[PR]

by ayaya55a | 2014-09-30 21:28 | 東京 | Comments(4)
2014年 09月 29日

今日の写真  いっときの夕空

b0133447_18473176.jpg


東京から帰って以来、製菓の仕事、教室、講演会の準備や撮影、その整理などで、
東京の写真の整理もまだすんでいません。
今夜もこれからベリーダンスの練習だしw

写真は今日の夕景、撮って出し。
ほんのいっとき色づいて、すぐ移ろってしまった空。
気づくことができただけ、心の余裕はあるのかな。


撮影:9月29日   札幌市 厚別区
PENTAX K-3 + PENTAX DA*16-50/2.8
[PR]

by ayaya55a | 2014-09-29 19:00 | 札幌 | Comments(4)
2014年 09月 27日

北斗星で東京へ・・・寝台列車の旅 2

b0133447_13164893.jpg


闇が降りる頃になると、寝台列車の客車は静まり始めます。

b0133447_13171356.jpg


が、サロン車はこんなふうににぎわって。
見ず知らずの方とも楽しい時間を共有できるのは、こんな列車旅ならでは。

b0133447_13173857.jpg


私がとても楽しみにしていたのは、食堂車「グランシャリオ」。
北斗星と月が輝くドアもいい感じです。

b0133447_1318050.jpg


完全予約制で、メニューはフレンチのフルコースと、懐石御膳の2種。
おひとり様でフルコースは間がもたないかなと、懐石御膳にしたのですが、
結局ワインまで頼んでw、時間をかけてゆっくり食事を楽しみました。
列車ですからもちろん揺れるのですが、それもまた楽しくて。



b0133447_1319771.jpg


函館に到着するとDD51を切り離すので、これは撮影しなくちゃとホームに降ります。

b0133447_13193566.jpg


ここから青森までは先頭方向が変わるため、それまでの最後尾にEDを連結。
函館では12分しか停車しないので、
切り離しと連結、両方を撮るために車両11両ぶんの距離を走って往復です。
ああやっぱり鉄子だわと、自分で苦笑しながらホームを走る走るw


b0133447_13182181.jpg


ゴトゴトと、全身を鼓動にゆだねながら眠りに落ちる、その心地よさ・・・
朝日が昇ったのは福島のあたりでしょうか。


b0133447_13184016.jpg


終点の上野駅で。
(青森で先頭はEFに変わっていましたが爆睡中でつゆ知らずw)

寝台列車の旅は、心弾む小さな非日常。
ゆったり流れる時間に、ほんとうに心の贅沢をしたという感じです。




撮影:9月19日、20日   
PENTAX K-3 + PENTAX DA*16-50/2.8
[PR]

by ayaya55a | 2014-09-27 00:05 | 鉄子ではないけれど | Comments(4)
2014年 09月 25日

北斗星で東京へ・・・ 寝台特急の旅 1

b0133447_2142197.jpg


ブログではまたもプチご無沙汰していました。
先週末から数日、東京へ行って来ました。
今回の上京の目的は、8か月ぶりに孫に会うこと、そして寝台特急に乗ることでした。
札幌~東京間の寝台特急は、北海道新幹線の開通に伴って、
早晩廃止され運命にあるので、今の内に乗っておこうと。

b0133447_21481299.jpg


札幌から函館までは、DDの重連で牽引するのが魅力の北斗星。
でも、11両編成の客車に重連が付いたらホームの長さが足りず、
先頭部が飛び出してしまってた・・・w
なので、ヘッドマークを入れて撮れたのは、列車が入構して来たときだけ。


b0133447_21483655.jpg


夕方5時すぎに札幌駅を出発してしばらくは、こんなふうに客室の通路でワイワイ。
旅の始まりに心弾みます。

b0133447_2149443.jpg


私が利用した客室はこのB寝台。
ロイヤルやソロといった一人用個室は、残念ながら取れなかったんですよね。
でもカーテンでプライバシーは守れるし、相客たちのおかげでずいぶん楽しい思いもしました。
北斗星のようなカジュアルな寝台列車だったら、B寝台もアリですね。


b0133447_21514768.jpg


相客の一人、寝台列車マニアのこの彼は、車内放送を録音していました。
「このオルゴールの音も、もう聞かれなくなるから・・・」と。



b0133447_22192861.jpg


もう一人の相客の彼は、今はやりのツイキャス中。
若い人たちがこんなふうに寝台列車の旅を楽しんでいるのは、
ちょっと意外でしたが、それもいいものですよね。


b0133447_22195571.jpg


これから続く夜行列車の旅。
大きな車窓いっぱいに染まる夕空を見るだけで、楽しさがあふれます。





撮影:9月19日   1、2枚目 札幌駅、 3枚目以降 「北斗星」の車内から
PENTAX K-3 + PENTAX DA*16-50/2.8
[PR]

by ayaya55a | 2014-09-25 23:14 | 鉄子ではないけれど | Comments(10)
2014年 09月 19日

秋は駆け足


b0133447_837676.jpg


札幌は朝夕めっきり冷え込むようになりました。
写真はご近所のコスモス。
ゆっくり撮影する時間も取れないうちに、コスモスももう終盤です。
このぶんでは、あっという間に秋も過ぎていってしまいそう・・・



撮影:9月13日   札幌市 厚別区
PENTAX K-3 + PENTAX DA*60-250/4
[PR]

by ayaya55a | 2014-09-19 12:43 | 花  | Comments(6)
2014年 09月 18日

川は楽しい・・・サンル川のサクラマス

b0133447_1542115.jpg


先日、サンル川の観察会に参加しました。
この川を、海から200キロも遡上するサクラマスを見たくて。
実際、流れの中に立つと、この落差を遡上するのかと、感慨深いものがあります。

b0133447_15424425.jpg


これは少し下流で、カワシンジュガイを探しているところ。
大人も子どもも関係ないんですよね、こういう時って。

b0133447_15431096.jpg


いたいた・・・
箱メガネごしで撮影することができるなんて、どれだけ水が澄みきっているかわかります。

b0133447_15433133.jpg

絶滅危惧Ⅱ類のカワシンジュガイ。
なんと寿命は100年以上もあるといわれ、これで50年くらい。

カワシンジュガイは幼貝のときは、
ヤマメなどのエラにくっついて川を上る習性があるのだそう。
宿主が上流へ上がれば上がるほど、分布域を広げられるということなんですね。


b0133447_1544964.jpg


そして見ることができたサクラマス。紅色に染まった姿に感動しました。


b0133447_15435284.jpg


この日のアイドルの双璧、我らがヤマメちゃんw
残念ながら獲物はなかったようですが。

川で遊ぶのは、理屈抜きで楽しいです!
自分の細胞も入れ替わったかのようで、自然から元気を貰えました。



撮影:9月15日    上川郡 下川町
PENTAX K-3 + PENTAX DA*16-50/2.8、PENTAX DA*60-250/4
[PR]

by ayaya55a | 2014-09-18 16:19 | 自然 | Comments(4)
2014年 09月 16日

焼き菓子の季節に・・・生パウンド と ガトーショコラ・ココ

だんだん涼しさが増して、そろそろ焼き菓子が美味しい季節。
でもまだ、あまりにずっしりしたものもどうかなという感じですよね。
そんな今の季節にぴったりの、軽い焼き菓子を作ってみました。

b0133447_20174133.jpg


これは生パウンド。
ふんわり優しい口当たりのパウンド生地に、口どけのいい軽い生クリームを詰めました。


b0133447_20365018.jpg


カットする前は、何の変哲もないパウンド。
クリームは底面からシュークリーム用の口金で詰めてあるんですよね。
ふつうのパウンドともスポンジケーキとも違う、
軽いけれど、しっとりむっちりした食感が、ちょっと目新しいかなと思います。


b0133447_20103156.jpg


こちらはガトーショコラ・ココ。ココとはココナツのことです。


b0133447_20113787.jpg


このガトーショコラが普通のものと違うのは、
ココナツファイン、ココナツシロップ、ココナツミルクパウダーが入っていること。

b0133447_20111684.jpg


生地の中に小さく白く見えるのがココナツファイン。
ココナツのさっぱりした甘さと香りのおかげで、普通のガトーショコラより軽い後口です。







なお、生パウンドは明日からローズハウスさんにおかせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by ayaya55a | 2014-09-16 21:15 | 手作り洋菓子 | Comments(8)
2014年 09月 14日

祝島その8・・・32年の反対運動

b0133447_2138812.jpg


祝島は、実は原発問題や環境問題に関心がある人の間では、とてもよく知られている島です。
というのも、上関原発の建設に、もう32年もの間、反対運動をし続けているから。
上関原発の建設予定地は、島の対岸、距離にしてわずか4キロの場所です。

b0133447_21383814.jpg


b0133447_2139399.jpg


b0133447_21392285.jpg


島では毎週月曜日の夕方、原発建設反対のデモが行われますが、
それがもう32年、1200回も続いています。
継続するということの重みが、ずしりと伝わってくる数字です。

私が感銘を受けたのは、シュプレヒコールの言葉が、
    「きれいな海を守ろう」
    「きれいなふるさとを守ろう」
という、島の人の心の底からの言葉であったこと。
地に足つけて暮らす人の、確かな力を感じたものでした。


撮影:8月11日  山口県 熊毛郡 上関町 祝島
PENTAX K-3 + PENTAX DA*16-50/2.8




ちなみに、3年前の1100回目のデモの動画を見つけたので貼っておきます。
雰囲気がよくわかっていただけるかと。


[PR]

by ayaya55a | 2014-09-14 22:37 | 瀬戸内地方 | Comments(2)
2014年 09月 12日

祝島・・・その7  平のおじいちゃん

b0133447_1374615.jpg


棚田の写真を撮りまくっていた私ですが、
そろそろ山を下りないと遅くなっちゃうな、何しろ一時間半かかるし・・・。

と、その時、平のおじいちゃんが、
「あんたも帰るんじゃろ、後ろに乗らんかね」と声をかけてくれました。
トラクターにリヤカーの荷台を付けた改造車ですw

b0133447_138431.jpg


山の下の集落から通って田んぼの作業をしているおじいちゃん。
トラクター通勤なので、運転はお手のものです。
後ろに乗せてもらっている私は、
ルンルン気分で眼下に広がるビワ畑や海の景色を楽しみ・・・


b0133447_1391431.jpg


と言いたいところですが、なにしろトラクター一台やっと通れる細い道、
そのすぐ下はこんな絶壁なんですよね・・・

b0133447_1382028.jpg


ある時はうっそうとした林道を突っ走り・・・
下り坂の連続急カーブを、見事なハンドリングで疾走するおじいちゃん、御年81歳。
まぁ、ちょっとしたアトラクション並みのスリルを味わいましたw


b0133447_1393587.jpg


トラクターを駆るおじいちゃんの手は、ごつごつと節くれだって力強い。
実は私は後ろに乗せてもらっている間、おじいちゃんの手に見惚れていました。


b0133447_1395579.jpg

30分ほどで集落に到着。
おじいちゃんがなんとかっこよく見えることか。

b0133447_13101757.jpg


おじいちゃん、ほんとうにありがとう~!
どうかこれからも元気で棚田を守って下さいね・・・心からそう思います。



撮影:8月13日    山口県 熊毛郡 上関町 祝島
PENTAX K-3 + PENTAX DA*16-50/2.8
[PR]

by ayaya55a | 2014-09-12 22:09 | 瀬戸内地方 | Comments(6)
2014年 09月 11日

祝島・・・その6  天空の棚田

今朝、札幌を含む石狩地方に大雨特別警報が発令され、
私の居住区、厚別区も避難勧告が出ました。
ご心配いただきましたが、正午現在、天候は回復。
大きな被害はなかったようですが、今しばらく注意が必要ですね。

b0133447_121293.jpg


写真は祝島の棚田。
棚田というと、斜面に沿って、段々状に広がるもの・・・そんなイメージを持っていたのですが、
そんなものどこにもない。ここに田んぼがあるの・・・?

b0133447_20203119.jpg


石垣の上にのぼったら、その田んぼがありました。
あぜ道も30センチくらいの幅しかなく、
標準ズームレンズの広角いっぱいに撮ってこれがギリギリ。
これ以上後ろに下がることも出来ず、
もう自分が落っこちないようにするだけで精いっぱいw


b0133447_12161676.jpg


棚田の一番上から。
一段一段がすごい断崖の上にあるので、下の段が全く見えません。
どう撮っても棚田らしく見えない~・w

b0133447_20443282.jpg


田んぼへは、崩れやすい岩だらけの小路を登らないとたどり着けません。
農具はロープで釣り上げます。
この斜度をなんとか写真であらわしたいのだけれど、ほんとに難しい。

b0133447_20241380.jpg


ここは天空の棚田と呼ばれているのだそう。
ひとつひとつ石を積み上げ石垣を作り、そこに田んぼを作る。
ただもうその事実に圧倒されてしまう。



b0133447_20445897.jpg


この棚田の持ち主、平萬次さん、81歳。
このおじいちゃんの祖父、父と三代にわたって、
家族だけで重機のない時代にこの棚田を築いたのだそう。
子孫にお米を食べさせたい、ただその一心で。

私は、嬉しいことに、この後、
平のおじいちゃんととても楽しい時間を持つことができたのです。





撮影:8月13日  山口県 熊毛郡 上関町 祝島
PENTAX K-3 + PENTAX DA*16-50/2.8
[PR]

by ayaya55a | 2014-09-11 13:11 | 瀬戸内地方 | Comments(4)