ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 30日

春の道東へ・・・9  遠い光

b0133447_2023290.jpg


b0133447_2042495.jpg


b0133447_12533051.jpg


b0133447_12574734.jpg


b0133447_2025993.jpg


根室から宿泊場所の別海町へ、
ゆるゆる移動しながら出会ったいくつかの光景です。

重く曇って、吹きすさぶ風はものすごく冷たいし。
普通だったら気落ちしそうな夕暮れなのだけれど、
不思議にそんなことはまったくなくて、
清明な落ち着きを楽しんだとでもいうのでしょうか・・・
いい時間を過ごせたなと思います。




撮影:5月18日   1~4枚目 根室市、 5枚目 野付郡 別海町
PENTAX K-3 + PENTAX DA*60-250/4、PENTAX DA*16-50/2.8
[PR]

by ayaya55a | 2014-05-30 20:00 | 道東 | Comments(4)
2014年 05月 29日

春の道東へ・・・8  桜咲く通学路で

今日の札幌は30度超え、5月の真夏日は47年ぶりとか。
私は本州の生まれ育ちなので、30度くらいなんていうことはないのですが、
ほんの数日前までリラ冷えで震え上がっていたので、戸惑ってしまいます。

b0133447_15274569.jpg


写真は道東での、何気ない朝の光景。
北海道では少し地方に行くと、小学生が自転車通学のところが多いんですよね。
服装もジャージーが定番。


b0133447_1571413.jpg


「おはようございま~す!」
見知らぬ大人にも元気に挨拶してくれる子どもたち。
残雪の知床連山を背に、とってもいい笑顔を見せてくれたのに、
何故かこの時に限って救急車が・・・w
それまでは、軽トラがのんびり走っているくらいだったんですけれどねw



撮影:5月20日    野付郡 別海町
PENTAX K-3 + PENTAX DA*16-50/2.8、PENTAX FA*200/2.8

 
[PR]

by ayaya55a | 2014-05-29 20:29 | 道東 | Comments(4)
2014年 05月 28日

エゾフクロウのあかちゃん

春の道東シリーズ、まだしばらく続きますが、
今日は別のものを・・・

b0133447_1538433.jpg


今年もまた嬉しい季節が・・・
いつもの森で、エゾフクロウのヒナの姿を見ることが出来ました。
まだ洞から出てきたばかり、
フクフクの羽毛にくるまれた姿の初々しいこと。
こんなふうに新しい命が育つよろこびは格別です。


b0133447_15423342.jpg


b0133447_1540270.jpg


b0133447_15392695.jpg


b0133447_15404555.jpg


近くでは親鳥が見守っています。

b0133447_1691725.jpg


近くといっても、ヒナと親鳥を一枚の画面になんとか入れようとすると、こんな感じに。
 (右の太い木の上部、小さなまるっこいのがヒナの頭で、
  画面中央の下部にシルエットで写っているのが親鳥です。)
森の広大さがわかっていただけるかと。

ともあれ、この可愛いヒナが無事に育ってくれますように・・・


撮影:5月28日
1~5枚目:OLYMPUS OM-D E-M5 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 75-300/4.8-6.7
   6枚:PENTAX K-3 + PENTAX DA*60-250/4
[PR]

by ayaya55a | 2014-05-28 20:46 | 野生のいきもの | Comments(12)
2014年 05月 27日

春の道東へ・・・7  野付小学校のチシマザクラ

b0133447_20344075.jpg


野付湾に面する別海町・野付小学校。
ここには町の文化財にも指定されている一本のチシマザクラがあります。
私は別海に行くたびにこの樹を間近に見ては、
いつか満開の時に訪れようと思っていたのですが、今回それがかないました。


b0133447_20335424.jpg


推定樹齢110年あまり。
明治35年に、当時この小学校の三年生の生徒三人が、野付半島から小舟で運び、
ここに植えたものが生育したのだそう。
土地の人々が長く大切にしてきた桜であることが、
しみじみと伝わってくるようです。

b0133447_20342115.jpg


b0133447_20351970.jpg


地を這い、風に揺れ、力強く満開の時を謳歌する・・・
そんな桜と、私はまさに正面から向き合ってきたんだなという思いです。





撮影:5月19日     野付郡  別海町  野付小学校
PENTAX K-3 + PENTAX DA*16-50/2.8
[PR]

by ayaya55a | 2014-05-27 21:45 | 道東 | Comments(6)
2014年 05月 26日

春の道東へ・・・6  打ち捨てられて、なお

b0133447_17341143.jpg


空も海も重い鉛色に沈んでいたこの日、海沿いの道を走っていたら、
撮れ!と私に強烈にアイコンタクトを送ってきた桜がありました。
防波堤に打ち捨てられたように自生する、小さなチシマザクラです。

b0133447_16515165.jpg


こんなところで、こんなに小さいのに、ちゃんと花を咲かせてる。

b0133447_1652111.jpg


海が荒れれば潮をかぶることもあるだろうに、この逞しさ。
背後に見えるのは国後島です。


b0133447_16523957.jpg


翌朝、ここを去る前に立ち寄ったら、朝日を思い切り浴びて輝かんばかり。
まるで違う表情を見せてくれていました。



撮影:1~3枚目 5月19日、4枚目 5月20日     野付郡 別海町
PENTAX K-3 +  PENTAX DA*16-50/2.8


   
[PR]

by ayaya55a | 2014-05-26 17:51 | 道東 | Comments(6)
2014年 05月 25日

春の道東へ・・・5  漁村の桜


b0133447_21141747.jpg

原野の桜を撮った後、しばらく車を走らせて目に写ったのは、
こんな何気ない漁村の光景に咲く桜でした。

b0133447_2213422.jpg

b0133447_228182.jpg

b0133447_21154254.jpg


なんとも心地よい、のんびりした空気感。
それにしても、最初は吠えていたわんこが爆睡するまで、ここでまったりしていた私。
原野でクマザサこいで体力使ったぶん、しっかりチャージ出来ましたw


撮影:5月19日   野付郡 別海町 
PENTAX K-3 + PENTAX DA*16-50/2.8、PENTAX DA*60-250/4
[PR]

by ayaya55a | 2014-05-25 22:18 | 道東 | Comments(4)
2014年 05月 24日

春の道東へ・・・4  原野の桜


b0133447_814179.jpg


今回の道東ではいろいろな桜を見ることが出来ましたが、
私の心をもっとも揺り動かしたのは、原野に咲く野生の桜でした。

b0133447_994424.jpg


厳しい風雪に耐えぬくためでしょう、
どの木も見たこともないような樹形をしているんですよね。
花が咲いていなければ、とても桜だとは気が付かなかったと思います。


b0133447_8145476.jpg


b0133447_8162358.jpg


b0133447_8164930.jpg

雪折れしつつも、なお花開いて、
まさに満開の時を待っていてくれたかのよう。


b0133447_825569.jpg


b0133447_817819.jpg


b0133447_8172661.jpg


人の手がかけられるわけでもなければ、誰に愛でられ称えられるわけでもない。
ただ自然の中にスックと立ち、堂々と花開き、
やがては朽ちていくであろうその姿の、なんという存在感。

原野には透き通るような乾いた風が流れ、
クマザサをサワサワと揺らす音が聞こえていただけでした。



撮影:5月19日    野付郡 別海町 
PENTAX K-3 + PENTAX DA*16-50/2.8
            PENTAX DA*60-250/4
            TAMRON SP AF Di MACRO 90/2.8
[PR]

by ayaya55a | 2014-05-24 18:32 | 道東 | Comments(6)
2014年 05月 23日

春の道東へ・・・3   清隆寺のチシマザクラ

b0133447_12382840.jpg


桜の季節の道東は初めての私、
いちおう名所といわれるところにも足を運びました。
残念ながら釧路や厚岸の桜はもう終わっていたのですが、
根室はちょうどあちこちでチシマザクラが見ごろでした。
中でも、風格を感じさせたのがここ、清隆寺のチシマザクラ。

b0133447_1311779.jpg


北海道の中でも特に寒冷な地方で咲くチシマザクラ。
まるで地を這うように、横へ横へと枝を広げます。
こうやって厳しい風雪に耐えているんですね。

b0133447_17413038.jpg


b0133447_1742394.jpg


b0133447_12535254.jpg


開き始めはほんのり薄紅色、
咲き進むと白くなり、散り際には中心部が紅に染まるチシマザクラ。

可憐でありながら、品格をも感じさせる桜でした。



撮影:5月18日 根室市 清隆寺
PENTAX K-3 + PENTAX DA*16-50/2.8、
TAMRON SP AF Di MACRO 90/2.8
            PENTAX FA*200/2.8


    
[PR]

by ayaya55a | 2014-05-23 17:47 | 道東 | Comments(2)
2014年 05月 22日

春の道東へ・・・2  雨の道すがらに

b0133447_15382048.jpg


道東へ向かったこの日。
札幌で所用を終えてからのおそい出発で、天候も雨だったので、
移動するだけのつもりで、ゆるゆると車を走らせました。
雨の里山。

b0133447_1624364.jpg


b0133447_15592852.jpg

旧国鉄白糠線の廃線跡も、むせ返るような緑。

b0133447_15394440.jpg

雨に洗われた柔らかな緑に、まぎれもなく春を感じたものです。


b0133447_16332661.jpg


・・・とはいえ、外気温は5度。
あまりの寒さに、がっつり暖房入れて走りましたw
でもこの日、道東の峠やオホーツク海側では雪で、あちこち通行止めだったんですよね。
順調に走れただけでも良かったです。



撮影:5月16日   白糠郡 白糠町
PENTAX K-3 + PENTAX DA*16-50/2.8、PENTAX DA*60-250/4
[PR]

by ayaya55a | 2014-05-22 21:07 | 道東 | Comments(2)
2014年 05月 21日

春の道東へ・・・1   湿原の春

b0133447_173748.jpg


枯れ色の湿原が、徐々に新緑に移って・・・
釧路湿原の春はまだ訪れたばかり。

ブログをプチご無沙汰していたこの数日間、実は道東へ行っていました。
道東は季節を変えて何度も訪れているのですが、
この季節はまだ行ったことがなかったのです。

いつか春の道東を訪れて、日本で一番遅い桜を見てみたいと思っていたのですが、
自分から動かなければ、そんな「いつか」は永遠に訪れませんものね。
5月13日の根室の開花宣言に居ても立ってもいられなくなりw、
時間を作って思い切って行ってきたというわけです。





b0133447_17373470.jpg


しかし、ああ、この桜・・・
そう、広大な湿原に向かって咲くこの桜はもう葉桜に。
根室より釧路の方が開花は早いけれど、
ここは標高が少し高いぶんまだ咲いてるかも・・・と、うっすら期待していたのに。
日当たりも風当りも申し分ない場所だけに、きっとパッと咲いてパッと散るんでしょうね。


b0133447_1739132.jpg


なんとか数厘残っているところを見つけて、桜であることの証に
・・って、いじましいですよねw
雨も風もけっこう強まって、さすがにここでの撮影はギブアップ。
ここの桜はまたいつかということに。


b0133447_1845394.jpg

b0133447_1821107.jpg

b0133447_182334.jpg

b0133447_1825328.jpg


植物は芽吹き、花開き、動物は厳しい冬を生き延びた姿を見せてくれる。
湿原の春は、静かだけれど力強いです。





撮影:5月16日   川上郡 標茶町 コッタロ湿原
PENTAX K-3 + PENTAX DA*16-50/2.8、
             TAMRON SP AF Di MACRO 90/2.8、
             PENTAX DA*60-250/4
[PR]

by ayaya55a | 2014-05-21 18:20 | 道東 | Comments(8)