<   2013年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 28日

旬をいただく喜び  びわの水饅頭   

b0133447_17523422.jpg


もぎたての鮮度抜群、でもほんの少しキズがあったり、小粒だったりするびわ・・
実はこれ、びわの産地である瀬戸内海の祝島ではクズびわと呼ばれ、なんとブタの餌になるそうな。
それを知った私、「ブタになりたいっっ!!!」と叫んだら、
祝島の友人がいっぱい送ってくれました。ブタから横取りしてw


b0133447_17532667.jpg


大喜びでムシャムシャいただきましたが、びわの採れない北海道ではとても高価なもの、
ただそのまま食べるだけではあまりにもったいない、これで何かお菓子を・・・
ということで、びわの水饅頭を作ってみました。




b0133447_1758201.jpgびわの皮をむき、半割にして種と中の皮を取ります。
この作業の間にもどんどんつまみ食いして、
かなり量が減ってしまいました・・・
私をブタと呼んで下さいw



皮をむいたびわは、薄甘く煮てコンポートに。
仕上げにアプリコットのリキュールを加えて引締めます。
とろんとしたシロップに浸ったびわは、
みずみずしさはそのままでありながら、
びわの味わいが一段増した感じ。
水饅頭の生地を練るときにも、
このシロップを加えてみました。





b0133447_18462.jpg






b0133447_1812599.jpg


中に白餡を入れたものと、入れないもの、両方を作ってみました。
餡なしの方がさっぱりして、びわの味が生きるかなと思ったんですが、
予想に反して餡入りの方が美味しいかも。
水饅頭の生地と餡の糖度が違うので、どうしても餡が水分を呼んでゆるくなってしまうのですが、
そのとろりとした餡が、びわのコンポートによく合うんですよね。


b0133447_1814160.jpg


みずみずしいびわ、とろりとした餡、ふるふるの饅頭生地・・・
3つが口の中で合わさって、旬の味をいただく喜びをいっそう高めてくれました。
祝島の友人に感謝、感謝です。ブタにもw
[PR]

by ayaya55a | 2013-06-28 18:54 | 手作り和菓子 | Comments(14)
2013年 06月 27日

美瑛は美瑛でも

b0133447_16105076.jpg


この日、美瑛ではレンタサイクルに乗って丘めぐり。
丘また丘の美瑛です、
上りはヒーフー、下りはヤッホー、ヒーフー&ヤッホーの繰り返しw。
これが元ママチャリ耐久レーサーwの私にはけっこうツボで、楽しめましたね。
お天気もイマイチだったこともあって、ザ・美瑛的な写真はほとんど撮らずじまいでしたが。


b0133447_15404756.jpg

ヒーフーやってると、観光の車に次々追い越されます。
でも、道端のわらび採りにキャッキャと熱中したり(そのようすはこちら)、
こういう楽しさは車移動では味わえないものですね。


b0133447_15412160.jpg

レンタサイクルを返し、列車を待つ間に美瑛駅周辺をぶらり。

b0133447_15414995.jpg

駅前商店街がおしゃれすぎて、写真的にはどうかな・・・と思っていると、
ほとんどの建物に4ケタの数字が。
実はこの数字、商店ならここで商売を始めた年、民家なら住み始めた年の数字だそうです。

b0133447_15465158.jpg

これも見始めると面白くて、ぐるりと見てまわりました。もっとも古かったのはここ。

b0133447_15431110.jpg

いつもの富良野・美瑛も違う目線で楽しめた一日でした。

あ、そういえば自転車漕ぎの筋肉痛はまったくナシ、まだ足腰はいけそうで嬉しいですw





撮影:6月22日  美瑛町
PENTAX K-5Ⅱs + PENTAX DA 17-70/4
  
[PR]

by ayaya55a | 2013-06-27 16:37 | お出かけ | Comments(12)
2013年 06月 26日

一日散歩切符で 富良野・美瑛へ  

b0133447_2033338.jpg


b0133447_20341588.jpg


b0133447_20344934.jpg


b0133447_20351270.jpg


b0133447_20354685.jpg


b0133447_20365734.jpg


b0133447_2036171.jpg


先日、写真のお仲間とJRの一日散歩切符で富良野・美瑛へ。
いつも車で回るときとはまったく違う表情を見せてくれた富良野・美瑛でした。




撮影:6月22日    富良野駅周辺
PENTAX K-5Ⅱs + PENTAX DA 17-70/4

    
[PR]

by ayaya55a | 2013-06-26 20:51 | 自然 | Comments(6)
2013年 06月 25日

ここにも仲良しきょうだいが 

b0133447_1031752.jpg



先日エゾフクロウのひなを撮ったのと同じ森の、別の場所で、
ひなのきょうだいが洞から顔を出してくれました。

例年なら5月末くらいに顔を見せてくれるのに、今年はずっと現れなかったから、
繁殖できなかったのかな・・・と半ばあきらめていたんです。
だから、一か月遅れの元気な姿が、ほんとうに嬉しくて。

b0133447_1025721.jpg


きょうだいなのに、ずいぶん大きさが違って、
上のコは下のコに、ほんとうに優しいんですよ。
自宅の近くの森で、こんな光景が見られる幸せ・・・
自然の営みに感謝です。



撮影:6月25日   
OLYMPUS OM-D E-M5 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL  75-300/4.8-6.7
(デジタルテレコン使用)
[PR]

by ayaya55a | 2013-06-25 19:03 | 野生のいきもの | Comments(6)
2013年 06月 24日

光と戯れて   オオハナウド 

b0133447_1819858.jpg



b0133447_17565744.jpg



b0133447_17574124.jpg




夏の森は、木々の葉が生い茂っているので、案外暗くて、刻々と光のようすが変わります。
そんな中で咲く花のようすを見るもの楽しいもの。
ほんの一瞬、光をこごめて輝くオオハナウドでした。



撮影:6月13日  江別市 
PENTAX K-5Ⅱs + TAMRON SP Di AF 90/2.8 MACRO
  
[PR]

by ayaya55a | 2013-06-24 18:16 | 花  | Comments(2)
2013年 06月 20日

鳥の和菓子二種    「エゾフクロウ」 と 「つばめ」 

実は、エゾフクロウのあかちゃんが無事育ってくれることを願って、
少し前にこんな和菓子を作っていました。
このタイミングを待ってのアップですw

b0133447_916125.jpg


これはねりきりで作った、「エゾフクロウ」。
ひなのふくふく感と表情の愛らしさを、なんとか和菓子で表わせたらな・・・と。
羽毛の感じを出すために、ねりきりにほんの少し粒餡を混ぜてあります。




b0133447_11585356.jpg


表情の決め手は、なんといっても目ですよね。
普通の羊羹を、薄く切って丸く抜いただけだと、
虚ろな目をした、どよ~んとしたひなになってしまって・・・w

試行錯誤の結果、コーヒーを入れた羊羹生地を、
少し固めに練って絞ってみたら、つるんと光ってイキイキした表情に。
あのくるんとした本物のおメメの可愛さに、少しは近づけたかな。




b0133447_9404872.jpg


そして、鳥つながりで、こちらは「つばめ」
初夏の水田につばめがスイスイとぶイメージです。
口当たりのいい水羊羹を、薄い錦玉羹でくるみました。
上のつばめは・・・羊羹を薄く切って型で抜いただけのものですがw


b0133447_941760.jpg


よ~く見ていただくと、水羊羹に小さな小さな緑の粒がかすかに・・・
実はこれ、練りワサビが混ぜてあるんです。

以前、わさびと白餡を混ぜたわさび餡を使った和菓子を習ったんですが、
その時、白餡にわさびはアリだと開眼w

で、今回白餡を使った水羊羹に、わさびをほんの少し混ぜてみました。
水羊羹がなめらかに喉をすべったあと、
ありかなしかのわさびの刺激が、ほんのり抜けて・・・
ちょっと面白いお味になったかなと思います。





ちなみに、7月28日に小樽で開催される
jojoさん主宰の恒例のイベント、ナチュラルな暮らし、レトロな生活

今回の特設コーナーは「動物展」で、動物にちなんだ作品、商品がずらりと並びます。
そこに私は和菓子で参加の予定、動物モノということなので、
このフクロウも出させていただこうかな...
季節柄、金魚なんかもはずせないよね・・・
などなど、今から作るのを楽しみにしています。
詳細はまた近くなってから、お知らせしますね。
[PR]

by ayaya55a | 2013-06-20 21:39 | 手作り和菓子 | Comments(10)
2013年 06月 19日

エゾフクロウの仲良しきょうだい

b0133447_19594299.jpg


一年の中で、エゾフクロウのひなを森の遊歩道から見ることができるのは、
木の洞から巣立って、森の奥深くへ飛んでしまうまでの、ほんの数日間だけ。
せめてもう一度くらいは会いたくて、次の日も早起きして森へ行ったら、
この日は2羽がちょこんと並んでいてくれました。

あいにく小雨が降る暗い天候で、距離もかなり遠かったので、
OM-Dに300mmをつけて撮ってみたのですが、それでもこんな感じ。


b0133447_19461151.jpg


こっちを向いてくれないかなぁ・・・と思ったら、振り向いてくれて。
ここからは、カメラのデジタルテレコンという機能を初めて使ってみました。
単純に2倍に拡大して撮れるという機能です。

b0133447_2054856.jpg


b0133447_2044877.jpg


b0133447_19591947.jpg



仲良しきょうだいの表情が可愛くて、ほんとうに見飽きませんでした。
・・・・でも、いくら不慣れな機能を使ったとはいえ、
このピントの甘さや、露出のまずさには自分でもちょいとへこみます。
でもまぁ、ひなの表情が可愛かったからいいや
(・・・って、そういう問題じゃないかw)
来年のこの時期までに、頑張ってウデをみがきます~






撮影:6月14日
OLYMPUS OM-D E-M5 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL  75-300/4.8-6.7
[PR]

by ayaya55a | 2013-06-19 20:45 | 野生のいきもの | Comments(12)
2013年 06月 18日

今年もありがとう  …  エゾフクロウのあかちゃん

b0133447_2026148.jpg


心地よい風が枝を揺らし、木漏れ日がチラチラと舞う森の中。
今年もエゾフクロウのあかちゃんに出会えました。



b0133447_20273353.jpg


今年の冬はことのほか厳しかったので、
新しい命が無事育ってくれる嬉しさはひとしおです。


b0133447_20262243.jpg


この時はもう一羽いました。
この子はすぐ飛んで行って見えなくなtってしまったけれど。


b0133447_20264573.jpg


ひな鳥の近くには、必ず親鳥がの姿があります。

b0133447_2027104.jpg


優しく子どもを見守る親フクロウ。
こうやって連綿と命がつながっていくことに、いつも静かな感動を覚えます。




撮影:6月13日
PENTAX K-5Ⅱs + TAMRON AF 70-300/4-5.6
[PR]

by ayaya55a | 2013-06-18 21:55 | 野生のいきもの | Comments(12)
2013年 06月 17日

今日の写真   彼女へ 


b0133447_1904173.jpg



私は昨年、ご縁をいただいて、小さな結婚式のウェディングケーキを作らせていただいたのですが、
あの時点ですでに余命を宣告されていた花嫁の方が、昨日旅立たれたとの知らせが。
手作りの白いドレスに包まれて、泣き笑いしていた彼女と、
彼女のまわりにいた素晴らしい皆さんのこと、忘れません。




撮影:6月17日      札幌市 厚別区
PENTAX K-5Ⅱs + TAMRON SP Di AF 90/2.8 MACRO

     
[PR]

by ayaya55a | 2013-06-17 21:59 | 花  | Comments(6)
2013年 06月 15日

タンポポも、もうおしまい


b0133447_21203611.jpg


自宅であれやこれやの作業をしていて、一段落ついたので、庭へ出て気分転換をしました。
足元にこんなタンポポがあれば、ついカメラを持ち出して、しばらくしゃがみこんでしまう私。
そんなヒマがあれば、せめて庭のタンポポくらい抜けば?・・・と自分にツッコミを入れながらw




撮影:6月13日   札幌市 自宅
PENTAX K-5Ⅱs + TAMRON SP Di AF 90/2.8 MACRO
[PR]

by ayaya55a | 2013-06-15 21:10 | 花  | Comments(4)