ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2012年 01月 30日

まっさらな冬

b0133447_0205565.jpg


おかげさまで、風邪が治って普段の調子に戻ったら、
現金なもので、今年の流氷の状況が、もう気になってそわそわしちゃって(笑)

これは、去年撮った一枚。
流氷の海を飛ぶ白鳥、遠くに白く連なる知床の山・・・
ただもう、まっさらな世界が広がっていました。

2月の中旬まではいろいろ忙しいけれど、それ以降はなんとか時間が取れそうなので、
今年もまた道東へ行って来ようと思っています。
あの流氷に、また会えるといいな。






撮影:2011年 2月15日    網走市
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4
[PR]

by ayaya55a | 2012-01-30 23:58 | 道東 | Comments(16)
2012年 01月 27日

寒いけれども・・・

b0133447_20262084.jpg


私がふだんよく通る道沿いの、いつも見ているハズの建物。


b0133447_20242639.jpg


この時は、なぜか初めて見る建物のように見え、
思わずハッとして足を止めました。



b0133447_20245782.jpg




b0133447_20254910.jpg


とてもとても寒いのだけれど、
だからこそ、感じられる温もりというものもあるんですね。








撮影:1月23日       札幌市 厚別区
PENTAX K-r + PENTAX DA 17-70/4
[PR]

by ayaya55a | 2012-01-27 21:15 | 札幌 | Comments(10)
2012年 01月 25日

寒い・・・


全国的に寒波が続いているようですね。
札幌は、北海道としては特別気温が低いわけではなく、マイナス10度くらいですが、
それでもやっぱり寒いです。


b0133447_17113240.jpg


こんな街中のハトですら、ロードヒーティングの上でひとかたまりになって、微動だにしないし。



b0133447_1781790.jpg


思い切り羽毛を膨らませてプックプク、これぞ天然のダウンジャケット(笑)




私というとあちこち飛び回っているイメージがあるみたいなんですが、
珍しくひいた風邪がなかなかすっきりしないのと、
ちょっと急ぎの手仕事を抱えているのとで(それについてはまた後日)、
ここのところあまり撮影やブログに時間が取れません。
コメントのお返事も遅れがちでごめんなさい。

まぁ、こういう時もあるということで、当面、こんな身近な写真にお付き合い下さいね。







撮影:1月17日     札幌市 中央区
PENTAX K-r + PENTAX DA 17-70/4
[PR]

by ayaya55a | 2012-01-25 17:42 | 札幌 | Comments(8)
2012年 01月 22日

冬の造形  手作り和菓子 雪

b0133447_1124298.jpg


札幌あたりでは、気温がマイナス10度くらいに下がるような時は、
しんと凍てついたようになり、雪はあまり降りません。
今日は久しぶりに少し気温が上がったかと思ったら(とはいえ0度にとどいたかどうかというくらいですが)、
いっとき雪がドサドサ降りました。
雪がたくさん降る時は暖かい・・・これは、雪国に住むようになってからの実感です。

一度雪の結晶を撮ってみたいと思っていた私は、マクロレンズを付けて雪の庭に出てみたのですが・・・


b0133447_1124569.jpg


絵に描いたようなキレイな六角形はなかなか無いものですね。
でも、冬の造形は面白い。


b0133447_1123579.jpg


やはり雪の結晶を撮るには気温が高かったのでしょうね、
息を止めてピントを合わせているうちに、融け始めてしまうし(笑)





b0133447_11264359.jpg


これは、先日作った干菓子の雪。
和三盆糖を使って、上品な甘さとホロリとした口当たりにしたかったのですが、
角がな~んとなく丸くなって、すっきり出来ませんでした。
まるで今日の雪そっくり(笑)

ああ、雪の結晶の写真も、雪の干菓子も、リベンジ必至です・・・(笑)





撮影:1月22日    札幌市 厚別区
PENTAX K-7  +  PENTAX D FA MACRO 50/2.8
[PR]

by ayaya55a | 2012-01-22 21:28 | 手作り和菓子 | Comments(20)
2012年 01月 19日

喧騒の中の静寂

b0133447_104277.jpg

普段車移動の私が、久々にJRを利用した時の札幌駅でのヒトコマ。
夕方5時台の大都会の駅は、喧騒の只中の時間なのに、
長距離列車のホームの端っこだけは別世界。


b0133447_1056332.jpg



b0133447_10561847.jpg



b0133447_20593451.jpg


雪の中を滑るように入ってきた寝台特急の、食堂車の灯りにふっと気持ちが吸い寄せらて、
なんとも旅心が誘われたものでした。








撮影:1月16日  JR札幌駅
PENTAX K-r + PENTAX FA 43/1.9Limited
[PR]

by ayaya55a | 2012-01-19 21:22 | 鉄子ではないけれど | Comments(6)
2012年 01月 17日

流氷初日がやってきた


b0133447_20221555.jpg


今日、網走の海岸から、オホーツ海の水平線に白い流氷のラインが見えたとか。
陸地から流氷が確認できるこの日のことを、流氷初日と呼んでいます。


写真は、昨年の2月に能収岬に行ったときのもの。蔵出しです。
あの時は、オホーツクの流氷の旅から帰って、すぐまた太平洋側の流氷の旅に行くなどして、
写真の整理もろくに進まないうちにあの大震災・・・精神的にも流氷の写真どころではなくなったものでした。

今年の流氷シーズンの到来に、あらためて昨年の流氷写真をちょっと見直してみたというわけです。




b0133447_2037177.jpg


氷を孕みながら、ゆったりたゆたう海・・・
力強く、それでいてなにか母性的でもありました。



b0133447_19345717.jpg


今年の冬は震災支援関連のイべントにも参画していて、いつもにも増してやることがごっちゃり、
流氷接岸のタイミングに合わせて、さーてどう動いたらいいものか・・・
もっか頭の中がグルグル状態の私です(笑)





撮影:2011年 2月15日    網走市  能収岬
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4、PENTAX DA *200/2.8
[PR]

by ayaya55a | 2012-01-17 21:25 | 道東 | Comments(6)
2012年 01月 15日

たまには窓の内から・・・  ジャックフロスト

b0133447_1846229.jpg

札幌は、ここのところ最高気温がマイナス6度くらいの日が続き、かなり寒いです。
この週末、私は少々風邪気味だったのと、家での作業がいろいろあったりで、
珍しくずっと家にいたのですが、窓の内から、こんな冬の造形が・・・




b0133447_18464615.jpg

窓霜という、要は窓についた霜です。
北海道では二重窓なので、本来霜は付かないのですが、
たまたま使ってない部屋の内側の窓が少し開いていて、こんなにびっしり。
これ、イギリスではジャックフロストと呼んで、霜男になぞらえているのだそうですね。
なんだか楽しい呼び方。



b0133447_1847916.jpg

このジャックフロスト、日差しを浴びてキラキラし始めたので、
こりゃキレイだわ、さぁどう撮ろうと思っているうちに、あっという間に融けてしまいました。
・・・そりゃまぁそうですよね(笑)




撮影:1月4日     札幌市 自宅
PENTAX K-7 + PENTAX D FA MACRO 50/2.8
[PR]

by ayaya55a | 2012-01-15 19:52 | 自然 | Comments(8)
2012年 01月 12日

森歩きの楽しみ

b0133447_2022868.jpg


冬の森はとても静かで、自分の歩く音がザクザク聞こえるのも楽しいものです。
耳をすますと、ギッギッという枝のきしむ音に混じって、
コッコッコッ・・・という乾いた音がどこからか響いて来ます。




b0133447_203243.jpg


あ、いた・・・・音の主はこのアカゲラです。
この森でフクロウと並んで、私が認識できる数少ない鳥(笑)
キツツキの仲間で、体長25センチくらいとちょっと大きめ、ちらりとのぞく赤い色がチャーミング。




b0133447_20351100.jpg


嘴にいっぱい雪をつけているのが、なんとも可愛いかったな。
こんなに寒い中でも、野生の生き物はとっても元気でした。









撮影:1月11日     江別市
PENTAX K-7 + TAMRON AF 70-300/4-5.6
[PR]

by ayaya55a | 2012-01-12 20:34 | 自然 | Comments(8)
2012年 01月 11日

真冬の森で


b0133447_1943799.jpg


今日の札幌は、午前10時台に-5.2度の気温になったのが最高で、
あとはグングン冷え込みました。
こんな日の森の中はシンと静まりかえり、時折風が枝を揺らすだけ。
枯れてなお形をとどめるツルアジサイが、明るさを放っていました。



b0133447_18365173.jpg






b0133447_183866.jpg




b0133447_18354528.jpg


ほんの一瞬、風が枝を大きく揺さぶった後には、雪の花吹雪。



b0133447_18574872.jpg


こんなにも寒い中で、なぜか感じる不思議なあたたかさ・・・
私は真冬の森がとても好きです。







撮影:1月11日     江別市 
PENTAX K-7 + TAMRON AF 70-300/4-5.6、TAMRON SP AF Di 90/2.8 MACRO
[PR]

by ayaya55a | 2012-01-11 19:34 | 自然 | Comments(12)
2012年 01月 09日

手作り和菓子 「冬のナナカマド」 と 「てんぷら柿」

b0133447_1454812.jpg

ふんわり雪を被ったナナカマド。
このイメージで和菓子を作ってみたら・・・

b0133447_1485778.jpg

・・・というのが、これ、「冬のナナカマド」。


b0133447_14121823.jpg

白い村雨生地に蒸し羊羹をはさんで、上には赤い羊羹の実を乗せました。
この村雨生地は、水分を飛ばした白餡に、山芋パウダーや上用粉(米粉の一種)を混ぜてから、
目の荒い漉し器で裏漉しし、蒸しあげたもの。
しっとりしながらもホロリと崩れる口当たりが魅力です。
全て自然素材しか使ってないので、雪のように真っ白というわけにはいかないのですが。


b0133447_23314652.jpg

ふんわり新雪の中のナナカマド・・・

b0133447_1413055.jpg

氷餅を削ったものをハラリと振って、新しく降りかかる雪になぞらえて。
雪の中のナナカマドを、温かい室内でも撮影出来るのは役得ですね(笑)




b0133447_23351946.jpg

そしてこちらは「てんぷら柿」。
え、柿のてんぷら・・・?と、不思議に思われるでしょうね。

柿がほとんど栽培されない北海道では、干し柿はそれなりに高級食材。
本州産のものがお正月前に出回り、贈答品などにも使われます。
で、そのままムシャムシャ食べるのではなく、ちょっと手をかけてんぷらに・・・



b0133447_23403811.jpg実は和菓子の用語では、
全体に衣がけをすることを称して、てんぷらにするというのです。
これは干し柿を羊羹で衣がけ・・・つまりてんぷらにした状態。
これに、粒子の細かい砂糖とみじん粉という粉をまぜたものを
まぶします。











b0133447_2335458.jpg

干し柿そのままではあまりに芸がないので、中に栗きんとんをしのばせるという小ワザも・・・



b0133447_23411347.jpgこの栗きんとん、
実はお正月のおせち料理として作ったもの。
今年の栗きんとんは、生地も和栗のペーストを使い、
栗の実は焼き栗をシロップ漬けしたものを使って作りました。
これ、自分でいうのもナンですが、めちゃめちゃ美味しかったです。
まぁ、美味しい素材が格安に入手できたので、
それを練り合わせたというだけなのですが(笑)








b0133447_23365566.jpg

薄い羊羹の膜を割ると、ねっとりした干し柿と、ほっくりした栗きんとん。
素朴な見た目でありながら、なかなか洗練されたお味になりました。
決して、お正月の残り物整理ではありません~(笑)
[PR]

by ayaya55a | 2012-01-09 23:52 | 手作り和菓子 | Comments(18)