<   2011年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 30日

秋色トンボ

b0133447_20351998.jpg


以前は今頃になると、家の近くの空き地に、それはもういっぱいトンボが飛んでいたものです。
今は空き地もなくなり、トンボもめっきり少なくなってしまいました。
見つけると、つい捕まえたくなる季節の変わり目を感じてしみじみします。







撮影:8月28日    札幌市 厚別区
PENTAX K-7 + TAMRON SP AF Di 90/2.8 MACRO
[PR]

by ayaya55a | 2011-08-30 20:44 | 自然 | Comments(10)
2011年 08月 29日

お疲れ様・・・

b0133447_23282726.jpg

ひまわりとコスモスが当たり前のように一緒に咲く、札幌の夏の終わり。
でも、ここ数日の厳しい残暑に、花もなんだかぐんなりしているみたい。



b0133447_23301158.jpg

ちなみにひまわり・コスモス・紫陽花の三種が同じ場所に一緒に咲くのを、三位一体と勝手に呼んでいます。
これは残念ながら上の場所から数メートル離れていましたが・・・
ひと夏をくぐり抜けた紫陽花に、お疲れ様と声をかけたくなってしまいました。





撮影:8月28日    札幌市 厚別区
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4
[PR]

by ayaya55a | 2011-08-29 23:44 | 花  | Comments(4)
2011年 08月 27日

夕なぎ


b0133447_053480.jpg

小さな入り江で過ごした夕なぎの時間。
シーカヤックなどで、海でアクティブに遊ぶ私ですが、
こんなふうに海をず~っとぼんやり見つめていたりするのも大好きなんです。
(ウソだ、写真撮ってるじゃないかと突っ込まないで下さい<笑)


b0133447_06612.jpg





b0133447_0203625.jpg




b0133447_064940.jpg




b0133447_095845.jpg


静かに、おだやかに移りゆく光となめらかな海。
優しい風に吹かれ、ゆったりと心満たされました。










撮影:8月17日     小樽市 忍路
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4、TAMRON SP AF Di 90/2.8 MACRO
[PR]

by ayaya55a | 2011-08-27 23:55 | 小樽 | Comments(8)
2011年 08月 25日

青の洞窟

b0133447_23361960.jpg


お盆休みの間、ニセコから帰ってからは大好きなシーカヤックを楽しみました。
毎年行っている青の洞窟。
もちろんイタリア・・・ではなく小樽の海の。
パドリングしながらの、片手コンデジ撮影という言い訳付き、
ただ撮っただけというものなので、写真的にはナンなんですが。

b0133447_23365152.jpg

洞窟の入り口。
このあたりから、光の加減で海の青が複雑に揺らめき始めます。

b0133447_23371136.jpg

洞窟の中から見ると、そこだけぼうっと浮かび上がるかのような神秘的な青。
揺らめく青、揺らめくピント(笑)


b0133447_23374798.jpg



b0133447_2338624.jpg


パドルを繰って、光のトンネルを抜けて。
伸びやかなこの瞬間がとても好きです。






撮影:8月16日      小樽市 塩谷
OLYMPUS μTOUGH-6020
[PR]

by ayaya55a | 2011-08-25 23:53 | 小樽 | Comments(14)
2011年 08月 23日

夏の名残り

b0133447_229241.jpg




b0133447_22152576.jpg


今日、自宅近くで撮った写真です。
はびこった雑草が、夏の名残の小さな花火のようでした。





撮影:8月23日  札幌市 厚別区
PENTAX K-7 + TAMRON SP AF Di 90/2.8 MACRO
[PR]

by ayaya55a | 2011-08-23 21:51 | 花  | Comments(8)
2011年 08月 22日

ゆきあいの空に


b0133447_2394410.jpg

ここは、札幌駅北口。
福島の子どもたちを守る会・北海道で招待した、福島からの親子の皆さん総勢47名が、
昨日、無事帰路に着きました。

皆さんは7月26日に来道、定山渓~ニセコ~滝野~札幌中心部の宿泊施設を移動しながら、
4週間の北海道生活を送ったのです。
私はニセコと札幌市内でボランティアとして参加しましたが、この日でお別れ。



b0133447_237143.jpg

苫小牧フェリーへ向かうバスに乗る直前に、駅前の人口池で子ども達が水遊びを始めました。
ここは、子どもが水遊びをするような作りの場所ではないのですが、
どの子もほんとうに嬉しそう。




b0133447_2385572.jpg

ちょっと大きい子たちは、さすがに迫力が・・・(笑)


b0133447_23255014.jpg

あーもう、これからバスに乗るっていうのにビッチョビチョ。
でも、どの親御さんもニコニコ。
福島に帰ったら水遊びはできないので、最後に思いっきりさせてあげたいんですって。



b0133447_2391336.jpg

さぁ、もうバスに乗らないと。
このあたりから、見送る方も見送られる方も涙、涙・・・
もちろん私も。よって出発の写真はありません~(笑)



b0133447_231096.jpg

皆さんをお見送りして一人帰る時、見上げた空には、夏雲の傍にすうっと秋の雲が走っていました。
こういう夏と秋が行き交う空を、ゆきあいの空というのだそうですね。


b0133447_23261773.jpg

福島のお母さんの、
「いっぱいの愛を感じました。」「このパワーを福島に持って帰ります。」
という言葉が胸に響きました。
私にとっても、忘れられない夏になりました。




撮影:8月21日  札幌市
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4
[PR]

by ayaya55a | 2011-08-22 23:54 | フクシマのこと | Comments(4)
2011年 08月 19日

福島の子どもたちとの夏

b0133447_18522977.jpg

ここは、ある法人が無償で貸与してくれたニセコの別荘。
福島のこどもたちとその親御さんに、北海道でのびのびと夏をすごしてもらえるよう貸し出されたものです。
私はそこへお盆の数日間ではありますが、ボランティアとしてお手伝いに行って来ました。




b0133447_1935197.jpg

台所の窓辺には外で摘んできた花を飾ってナチュラルに・・・洗剤が写ったりと写真もナチュラル(笑)
ここで大人7人、子ども9人の食事を毎食作ったのですが、いや~、作り甲斐のあったこと!
山のように作った食事がキレイさっぱりなくなるというのは、作り手冥利につきますね。
ありがたいことに、お米をはじめ新鮮な野菜や卵など、
地元や近郊の農家さんからどっさり寄付していただきました。



b0133447_18552486.jpg

しかし、私がボランティアとして最も本領を発揮したのは、実は男の子たちとの虫取り(笑)
野生児だった私には、チョウ、トンボ、バッタなどを虫取り網ナシで手で捕まえるのなんてチョロいんですよね~





b0133447_1855455.jpg

福島では自由に外遊びが出来ないこどもたち。
北海道で、思いっきりのびのび遊んでもらいたかったのです。



b0133447_18542226.jpg

「おい、かわりばんこだぞ!」 「やだ~っ、うわ~ん!」
あらら、美味しいアイスを食べに行った観光農場で、トラクターの運転席を巡ってバトル勃発。
広々した青空のもとで、存分にのびのびと・・・(笑)
滞在中、もう、ず~っとこういう元気さ賑やかさでした。



b0133447_18534773.jpg

今回お世話した中で最年少は生後2ヶ月のあかちゃん。
その、小さな無垢な存在に、もうこちらが癒されまくり・・・





b0133447_2093598.jpgところで、今回いらした親子の皆さんは、
希望されて札幌でホールボディカウンターを受けたのですが、
後日エルプラザで、その数値の解釈について、
医師の説明を受け、質疑応答をする場が設けられました。
皆さん被爆という重い現実を直視した上で、
今、どうすればいいのかを懸命に探っておられます。
その苦悩を、少なくとも共に感じ取れるくらいの感受性は、
私たち一人一人が持たなくてはと思うのです。









b0133447_18571859.jpg


こどもの未来を奪うようなことだけは、あってはならない。
おとなは、何をおいてもこどもを守らなくてはいけない。
・・・私はそう思います。


こどもたちのはじけるような笑顔にパワーを貰った、ニセコでの日々。
多くの皆さんのご尽力の上でこういう時間が過ごせたことに、あらためて感謝です。











撮影: 8月11~13日 虻田郡 ニセコ町     (7枚目のみ 8月18日 札幌市)
[PR]

by ayaya55a | 2011-08-19 23:05 | フクシマのこと | Comments(6)
2011年 08月 16日

ひまわりに思う

ニセコでの福島のお子さんたちとのキャンプから帰って来たら、札幌は雨また雨。
今日の最高気温は22.6度で、季節は一気に秋に向かい始めてしまいました。

ニセコで過ごした、猛暑の中のとてもとても心に残る日々が、
たぶん今年最後の夏らしい時間だったんだ・・・と、ちょっぴり寂しくもあります。

 

b0133447_22215436.jpg

ニセコでは毎日てんやわんやの忙しさだったので、写真はほとんど撮ってないのですが、
それまでずっと雲のかかっていた羊蹄山が、この日ようやくくっきり見えたので少しだけ撮影。


b0133447_22222130.jpg




b0133447_22224318.jpg



b0133447_2223927.jpg

ひまわりの花言葉は 「いつもあなたを思う」 というのだそう。
一緒に過ごしたお子さんたちの笑顔を思いながら、
どうかあの子たちの未来が明るいものでありますように・・・
そう願う気持ちで胸が締め付けられます。








撮影:8月12日  虻田郡 ニセコ町
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4、PENTAX DA *200/2.8
[PR]

by ayaya55a | 2011-08-16 23:05 | 花  | Comments(14)
2011年 08月 10日

手作り和菓子   「清流の花」  と   「とうきびまん」

皆様、残暑お見舞い申し上げます。

各地で猛暑が報じられていますが、札幌も暑いです!
連日30度を超え、しかもムシムシしてるし、なんだか北海道の夏じゃないみたいなんですよ。


b0133447_20124586.jpg

これは先日撮ったチトセバイカモですが、
清流に咲くこの花のイメージで、何か涼しげなお菓子を・・・

b0133447_19564013.jpg

ということで作ってみたのが、この「清流の花」
二層をあわせた錦玉羹です。


b0133447_1957219.jpg

透明な錦玉羹には、清流のしぶきを表す道明寺を流しこみ、
花も繊細な白さを出すために、寒梅粉をまぜた羊羹を型抜きしました。
錦玉のちょっとコリッとした口あたりに、道明寺が柔らさを添えます。





b0133447_19583590.jpg

で、こちらは今が旬まっさかりのとうきび。(北海道では、とうもろこしのことを、とうきびと呼びます)
札幌のような都市に住んでいても、朝もぎの新鮮なとうきびが容易に手に入ります。
むっちり太って、生のまま食べても果物のように甘くてジューシーなんですよ。



b0133447_19593364.jpg

そのとうきびの形をしたお饅頭、「とうきびまん」
皮にも中の餡にも、とうもろこしのパウダーを練りこみ、表面にも軽くパラリと振って。
焼き饅頭なので、香ばしさが際立ちます。

b0133447_20155832.jpg

中の餡は醤油味なので、こんな色。
北海道の人の好きな、あまじょっからい(北海道弁:甘辛いの意)味です。
手に持ってぱっくり頬張る、素朴なお菓子。


b0133447_2004178.jpg

こんがり焼きたては、なんだか焼きとうもろこしのイメージかな?
これは型を使うのでなく、手で成形し、粒々や葉もヘラで模様をつけます。
はっきり言って苦労しました、ハイ(笑) 
これをあげたある人に、なんだかセミみたいだねなんて言われてしまうし(笑)




ところで、明日から「福島のこどもたちを守る会・北海道」が企画した、
福島からの親子の皆さんのサマーキャンプに合流するため、ニセコに行って来ます。

それから戻ったら、今度は家族がお盆休みで帰省・・・
夏休みって、かえって自由がきかないんですよね~(笑)

しばらくブログはお休みか、かなり不定期な更新になると思います。
コメントのお返事が遅くなるかも知れませんが、ご容赦下さいね。
[PR]

by ayaya55a | 2011-08-10 21:06 | 手作り和菓子 | Comments(24)
2011年 08月 09日

山百合の笑顔

b0133447_23364377.jpg


愛知県育ちで、子どもの頃はいつも奥三河の山あいの親戚で夏休みを過ごし、
山の中を駆けずり回って遊んでいた私。
山の茂みの中、強い芳香を放って咲く山百合は、夏休みの思い出とあいまってとても懐かしい花です。
北海道ではあまり見かけることがないのですが、この場所には毎年咲くんですよね。

b0133447_2337229.jpg

この花の見頃は案外短く、すぐ花びらが痛んでくるのですが、
この時はまさに今が盛りといった咲き加減。

b0133447_23372778.jpg



b0133447_23375170.jpg

あまりにジャストな開き具合が、まるで笑顔みたい。
「ハイ、チーズ」・・・なんて声をかけて撮ったみたいでしょ(笑)




撮影:8月7日      北広島市  下島松 
PENTAX K-7 + PENTAX FA 43/1.9Limited、TAMRON SP AF Di 90/2.8 MACRO
[PR]

by ayaya55a | 2011-08-09 23:54 | 花  | Comments(6)