<   2010年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 30日

湿原の春


b0133447_1743969.jpg

ハンノキとヨシがおい茂るこのマクンベツ湿原にも、やっと春がやって来ました。




b0133447_17433795.jpg

湿原の奥深くひっそりと、それでも清らかに明るく咲くミズバショウ。
ここのミズバショウを見るたびに、新しい季節が巡ってきた喜びを実感します。



b0133447_20384090.jpg





b0133447_17445189.jpg











撮影:4月26日    石狩市   マクンベツ湿原
PENTAX K-7 + TAMRON SP AF10-24/3.5-4.5、TAMRON SP AF Di 90/2.8 MACRO
[PR]

by ayaya55a | 2010-04-30 21:02 | 花  | Comments(11)
2010年 04月 29日

和菓子 「春雁」  と  「すあま」、「さくら団子」



b0133447_23596100.jpg

明け染める春の空を飛ぶマガン・・・
(ちょっと雲が多いけどそこは大目にみてやって下さい<笑)




b0133447_005552.jpg

さっそくこのイメージで作ってみました、和菓子 「春雁」。
じょうよ饅頭に雁の焼印を押した正統派・・・というか、よくある和菓子ではありますが。
和菓子の世界ではふつう秋のものとされる雁を、ここでは敢えて春のイメージの色で。



b0133447_011538.jpg

中に入れたのは桜餡。桜の葉の香りとかすかな塩気が春を感じさせてくれます。





b0133447_0172838.jpg

こちらは「すあま」。  
マガンとは関係ないんですが、春を感じさせる色や形から、春つながりということで・・ 
愛知で生まれ育った私は、北海道に住むまで、すあまというものを知らなかったのですが、
東日本ではポピュラーな和菓子なんですね。
実はすあまが好きという方、私の周囲にもけっこういらっしゃるんです。


b0133447_0171370.jpg

作り方はといえば、上新粉を蒸して、砂糖を少しずつ加えながらひたすら捏ね上げていくという、
ただもう力仕事の世界。私のもっとも得意とするところです(笑)

もちもちした食感と、ほんのりした甘さ、ただそれだけのシンプルの極みともいえるお味。
ほんとうに平凡なんだけれど、ふっとたまに食べたくなる・・・そんな和菓子なんでしょうね。

でも、自分で作っておいてナンですが、大きななるとに見えて仕方ないのは私だけ?・・・(笑)






b0133447_0174796.jpg

こちらは「さくら団子」。
「春雁」と同じく桜餡を使った、春仕様のお団子です。


b0133447_018528.jpg

すあまと同様、上新粉を捏ね上て作った団子生地はとても弾力があって、
市販のお団子によくあるねっちゃり感がないのが特徴です。
・・・と、ここまで書けばおわかりのように、「春雁」の餡と「すあま」の生地の一部を使った、
いわば副産物のような和菓子なんですが(笑)

「すあま」と「さくら団子」は、銘が付くような上生菓子ではなく、
朝作ってその日のうちに食べる朝生菓子といわれる部類のもの。
作り方もお味もほんとうに素朴で、食べるとほっとするような、そんな和菓子です。
 
[PR]

by ayaya55a | 2010-04-29 14:39 | 手作り和菓子 | Comments(14)
2010年 04月 27日

春は曙・・・


b0133447_21433031.jpg


b0133447_21435512.jpg



b0133447_21441545.jpg



b0133447_21443654.jpg



b0133447_21445267.jpg



「春は曙  やうやう白くなりゆく山際 すこしあかりて  紫だちたる雲の   細くたなびきたる」
1000年も昔の女流が綴った言葉が、いきいきと心に浮かんでくる、そんな夜明け。

3時起きして撮影に行った宮島沼での光景です。 
マガンの数や飛び立ちの迫力はちょっとあてはずれだったのですが、
こんな曙を見ることができただけでもよかったです。






撮影:4月26日     美唄市  宮島沼
PENTAX K-7 + PENTAX FA 50/1.4
            TAMRON SP AF10-24/3.5-4.5
            TAMRON AF 70-300/4-5.6
[PR]

by ayaya55a | 2010-04-27 22:06 | 自然 | Comments(16)
2010年 04月 25日

咲き始めたカタクリ


b0133447_17472039.jpg

カタクリがやっと少し咲き始めました。フクジュソウ、エゾエンゴサクとの共演です。



b0133447_17474239.jpg




今日はとても嬉しいことが。
私がブログを立ち上げた時から、ずっとブログでお付き合い頂いている気ままさんにお目にかかれたのです。
エゾエンゴサクやカタクリの咲き乱れるようすをご覧になりたいと、東京からいらした気ままさん。
今春は開花が遅く、お見せしたかった光景がまだだったのがとても残念だったのですが、
気ままさんの温かでエネルギッシュなお人柄にふれて、私もたくさんの元気を頂くことが出来ました。
ブログでの交流がこういう出会いにつながったことに、感謝の気持ちでいっぱいです。







撮影:4月25日     札幌市  豊平公園
PENTAX K-7 + TAMRON SP AF Di 90/2.8 MACRO
[PR]

by ayaya55a | 2010-04-25 18:34 | 花  | Comments(8)
2010年 04月 24日

落日の後に


b0133447_21552440.jpg

宮島沼に日が落ちて行きました。


b0133447_2159663.jpg

たくさんのマガンが後から後から、ねぐらである沼に戻って来ます。
着水面積が狭いと、飛んで来たマガンがはらりと落ちる・・・落雁が見られるのがこの時。



b0133447_21564458.jpg




b0133447_2157740.jpg

いつしか月も星もうっすらと。


b0133447_21572830.jpg

刻一刻と移り変わる空の色、マガンたちの喧騒、やわらかな春の宵の空気。
ファインダー越しで見るだけではもったいない・・・撮影するのを時々止めては、全身でこの情景に浸っていました。







撮影:4月16日     美唄市  宮島沼
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4、PENTAX FA 50/1.4
[PR]

by ayaya55a | 2010-04-24 22:28 | 自然 | Comments(4)
2010年 04月 22日

待ちあぐねた春

春の花が待ち遠しくてたまらない私、北海道医療大学の北方系生態観察園へ行って来ました。
今日撮ったばかりの写真です。

b0133447_17555391.jpg

やっと頭をもたげてきたカタクリの蕾。


b0133447_1905622.jpg

見つけたとたん、「可愛い・・・」と思わずつぶやいてしまったニリンソウ。



b0133447_17584795.jpg

ミズバショウもやっとこんな感じです。


b0133447_1758040.jpg

まだ雪の残るせせらぎにちらほら咲いたエゾノリュウキンカ。



b0133447_17562092.jpg

相変わらず飄々とした風情なのはザゼンソウ。



b0133447_17573232.jpg

ぱらりと咲いていたナニワズ。春先の黄色はやっぱり嬉しいな。




b0133447_17564773.jpg

そして大好きなエゾエンゴサク。やっと今年も会えたね。





b0133447_17571081.jpg

まだまだ咲き始めたばかりの春の妖精たち。
待ちあぐねていた春が、やっと始まりました。








撮影:4月22日    当別町  北海道医療大学
PENTAX K-7 + TAMRON SP AF Di 90/2.8 MACRO
[PR]

by ayaya55a | 2010-04-22 19:29 | 花  | Comments(16)
2010年 04月 20日

落日までの時


b0133447_19323460.jpg






b0133447_19582413.jpg





b0133447_19332933.jpg






b0133447_20332516.jpg





b0133447_20292393.jpg





b0133447_20145990.jpg


一年ぶりに訪れた宮島沼。
まだ薄氷が残る沼に大きな落日が沈んで行きました。







撮影:4月16日    美唄市 宮島沼
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4、TAMRON AF 70-300/4-5.6
[PR]

by ayaya55a | 2010-04-20 20:42 | 自然 | Comments(18)
2010年 04月 19日

水ぬるむ夕景


b0133447_20124586.jpg

日が傾き始めてから、郊外へ車を走らせたこの日。
予想外にまだまだ雪が残っている田畑には、北へ渡る前の白鳥の姿が見られました。



b0133447_20134069.jpg




b0133447_2014351.jpg




b0133447_20142259.jpg




b0133447_20151480.jpg

川の流れが、まるで微笑えんでいるかのように感じた夕暮れ。



b0133447_20161544.jpg

目に映るもの全てが優しい春色に染まった、穏やかな夕景でした。







撮影:4月16日     月形町
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4、TAMRON SP AF Di 90/2.8 MACRO
[PR]

by ayaya55a | 2010-04-19 20:44 | 自然 | Comments(6)
2010年 04月 16日

桜を待ちながら   和菓子 「花の宴」 と 「さくらブッセ」


北海道は、ここのところの寒さのおかげで、桜の開花予想日も先送りになってしまい、札幌は5月7日。
満開になるのはGW明けになりそうです。

和菓子の世界では、もう桜の季節はとうに終わっているのですが、
北海道ではまだまだこれからなので、桜のお菓子も、もうちょっとだけ引っ張らせて下さいね(笑)
今日は和菓子だけれど、洋菓子の技法も取り入れたものを2種。



b0133447_1715847.jpg

これは咲き乱れ、こぼれんばかりの桜をイメージした和菓子「花の宴」
ジェノワーズ(スポンジ生地)で羊羹をはさみ、棹ものといわれる形に仕上げたものです。




b0133447_16354292.jpg

色を染め分けたジェノワーズ(スポンジ生地)には桜の焼き鏝を散らします。
いわゆる焼きを入れるという作業ですね(笑)



b0133447_1636141.jpg中抜きと呼ばれる、花びらの輪郭だけ焼けるものと、
中まで黒く焼けるものと2種類を使ってみましたが、
今ひとつはっきりしなかったかな・・・
あ、これは断ち落とした残りの生地で
焼きの慣らしをしているところ(汗)
焼きすぎたり、焼き足らなかったり・・・
こんなん、人様にはお見せできないので
食べてしまいます(笑)











b0133447_16361841.jpg

羊羹には手亡豆という白豆の蜜付けを入れましたが、
あっさりしたお豆の風味がプラスされて、なかなか品のよい美味しさ。
カットしてずらした面にも、焼印を散らしてみたら可愛いかな?と思ったのですが、
う~ん、どうやら焼きの入れすぎかも・・・(笑)








b0133447_22121578.jpg

こちらは「さくらブッセ」
ブッセというのはなぜか和菓子屋さんでも売っている、洋菓子のようなお菓子です。




b0133447_22123546.jpg

ふんわりしっとりした皮生地にはさんだのは、桜の色と風味にこだわったクリーム。
実はこのクリームは、カスタードクリーム、桜リキュールを入れた生クリーム、苺チョコのガナッシュ、
イタリアンメレンゲの4種のクリームを混ぜ合わせて作ったもの。
味と口当たりはかなり繊細なんですが、まったくそうは見えないカジュアルなルックス(笑)



b0133447_22125623.jpg

皮生地の中にも桜リキュールを少し入れたので、皮もちょっぴり色づいています。
手に持ってパクッと食べられる気軽さが身上のお菓子です。
[PR]

by ayaya55a | 2010-04-16 22:51 | 手作り和菓子 | Comments(22)
2010年 04月 15日

続 春の雪の中で    


b0133447_1930297.jpg


春の雪の中で、鉄子バージョン(笑)
自宅近くの土手の上に、いっぱい顔を出したフキノトウにも春の雪・・・










撮影:4月14日   札幌市  JR厚別~森林公園間
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4
[PR]

by ayaya55a | 2010-04-15 22:44 | 鉄子ではないけれど | Comments(8)