ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 31日

待っていてくれた百合  そして・・・


b0133447_12561768.jpg

木陰にひっそりと咲いていた百合。
今年は百合が原の百合はもう撮り損ねてしまったなと思っていたのですが。


b0133447_12572043.jpg

手の中にすっぽりと納まってしまいそうな、小さな百合です。


b0133447_1258546.jpg

木漏れ日がスポットライトのように順番に花を照らします。
美しく整えられた花壇の百合はもう終わっていましたが、こんなところで待っていてくれました。


b0133447_12592469.jpg



b0133447_1301029.jpg




で・・・こちら・・・
b0133447_21553075.jpg

今日も夕飯の支度を途中で放り出して撮りに行ってしまいました、 ちょっとだけね(笑)


撮影:1~5枚目  8月25日  札幌市百合が原公園、   6枚目 8月31日  札幌市 厚別区
PENTAX K10D + PENTAX FA 43/1.9Limited
              PENTAX DA 18-55/3.5-5.6
              TAMRON SP 90/2.8 MACRO Di
[PR]

by ayaya55a | 2009-08-31 22:12 | 花  | Comments(8)
2009年 08月 30日

なんとか撮ったけど・・・


b0133447_904196.jpg

そりゃ日曜日の夕方6時半だもの、夕飯の支度を一生懸命やっていましたとも。
でもふっと顔を上げたら西の空が燃えている・・・今季、こんな色になったのは初めて!
「ごめん、ちょっと行って来るっ!」 家族に言うや否やカメラを掴んで飛び出した私。
ああ、だめだ、もう色が変わっちゃう・・・信号待ち、車の窓を開けるのももどかしく撮った一枚。



b0133447_23243269.jpg

空がとにかく撮れればどこでもいいと、とりあえず橋の上で車を止めて。


b0133447_92529.jpg



b0133447_922443.jpg

ああ、あの沈みゆく色が撮りたいのに~・・・まるで空を追いかけるかのように道を渡る。
車の切れ目を待つのさえもどかしく。


b0133447_925252.jpg

時間にしてほんの10分くらいの間の小さな小さなドラマ。でもこういう身近な感動がほんとうに嬉しいんです。
完全中継は こちらで。
はい、この後ちゃんとご飯の続きは作りましたよ~(笑)

撮影:8月 30日    札幌市 厚別区
PENTAX K10D + PENTAX FA 43/1.9Limited
[PR]

by ayaya55a | 2009-08-30 23:25 | 自然 | Comments(22)
2009年 08月 28日

夏の最後に   和菓子 西瓜とひまわり



とうとう8月最後の週末ですね。夏も終盤、お子さんの夏休みの宿題がラストスパートなんてご家庭も多いのかな。
私の住む北海道はもうとっくに夏休みは終わっているのに、何故こんな前振りをしたかというと・・・


b0133447_2239413.jpg

盛夏の和菓子を、8月もギリギリなってからアップする私、なんだか滑り込みで宿題セーフみたいな心境で(笑)
西瓜の形を模したこの和菓子、緑と白の皮は薄~いスポンジ生地。
皮目の模様も茶色のスポンジ生地を絞ってあります。


b0133447_22413247.jpg

この薄い生地を丸く抜いてドーム型に敷き、西瓜の裏ごしで作った羊羹生地を流して固めます。
この時どうしても皮生地に襞が寄ってしまうのを、自分なりに修整したのですが、
ん~・・・まだちょっと修整の余地ありですね(笑)



b0133447_22415422.jpg

黒ゴマに白いのがちょこっと混じっているのが、ほんとの西瓜の種っぽい感じです。
食べてみると、意外なほど西瓜の味と香りが楽しめるんですよ。



b0133447_22431966.jpg

こちらは練りきりで作ったひまわりです。元気なひまわりのイメージをそのまま形にしてみました。



b0133447_22433415.jpg

花びらに見立てた黄色いそぼろの中央に、ココアで茶色に染めたねりきりを乗せて。



b0133447_22435049.jpg

ココアの風味が中の白餡とマッチして、ちょっと洋風がかったお味になりました。

なんだか急いで宿題を提出したような感じになってしまいましたね(笑)
来年の夏はもっと早めに季節のお菓子をアップしなくちゃ・・・
[PR]

by ayaya55a | 2009-08-28 23:34 | 手作り和菓子 | Comments(18)
2009年 08月 27日

オオハンゴンソウ

b0133447_1614297.jpg



b0133447_1602279.jpg



b0133447_15381545.jpg





b0133447_1926052.jpg



b0133447_15391849.jpg

今はもう住む人のいない家々が、オオハンゴンソウに抱かれて、ゆっくりと朽ちていく。
晩夏の光の中で、我路は静かで優しかった。


撮影:8月25日  美唄市 我路
PENTAX K10D  + TAMRON SP AF10-24/3.5-4.5、TAMRON SP 90/2.8 MACRO Di
    
[PR]

by ayaya55a | 2009-08-27 23:36 | お出かけ | Comments(4)
2009年 08月 26日

空が高くなったよ

#1
b0133447_16503735.jpg



#2
b0133447_16263117.jpg

所用の帰りに、コスモスの咲き具合はどうかな?と寄ってみた百合が原公園。
コスモスはまだ5分咲で、、もう、今日の主役はこの空!という感じでした。

#3
b0133447_16265658.jpg

今年はフィルムでしっとりしたコスモスを撮ってみたいなと思ってはいるのですが、どうなりますか・・・


#4
b0133447_16272328.jpg


#5
b0133447_16274428.jpg


#6
b0133447_1628267.jpg

コスモスとお花の飛行機が一緒に撮れるのも今年が最後かもしれません。

#7
b0133447_16282089.jpg

帰り道で。これ、札幌市内なんですよ~。 どうも私のキャラはしっとりとはいかないようで・・・(笑) 



撮影:8月26日    札幌市 百合が原公園   (7枚目 札幌市 北区)
PENTAX K10D + PENTAX FA 50/1.4
              TAMRON SP 90/2.8 MACRO Di
              TAMRON SP AF10-24/3.5-4.5
[PR]

by ayaya55a | 2009-08-26 19:54 | 花  | Comments(16)
2009年 08月 25日

山野辺での出会い    山百合


b0133447_19374533.jpg

この夏は、ついに百合が原公園の百合を撮りに行くことが出来なかったのですが、
まるで、そんな私のためにひっそりと待っていてくれたかのような、山野辺の百合。


b0133447_1938837.jpg

香り高い山百合が

b0133447_19383395.jpg

木漏れ日の中で揺れていました。

b0133447_19385442.jpg


b0133447_19391218.jpg



撮影:8月10日    恵庭市 島松沢
PENTAX K10D + TAMRON SP 90/2.8 MACRO Di
[PR]

by ayaya55a | 2009-08-25 19:50 | 花  | Comments(8)
2009年 08月 24日

夏から秋へ    木造校舎の静けさ

b0133447_9214051.jpg

ここはアルテピァッツァ美唄。廃校になった小学校の木造校舎がギャラリーとして利用されているところです。

b0133447_9201968.jpg

美唄出身の彫刻家、安田侃氏の作品が屋内外に常設展示されていることでも知られています。


b0133447_9204062.jpg


b0133447_19272156.jpg

子どもの頃の木造校舎の廊下を歩いた時の音や、階段の手摺りの感触が甦り、
懐かしい、落ち着いた気持ちが胸を満たしてくれます。



b0133447_921042.jpg




b0133447_9212059.jpg



b0133447_9195325.jpg

夏から秋へ。木造校舎の静けさに浸った時間でした。


b0133447_922492.jpg

この日はここで森山大道写真展を見たのですが、
やはり写真は写真集やウェブで見るより、生の作品を見てこそ・・・その思いをあらためて強くした展示でした。


撮影:8月22日   美唄市 アルテピァッツァ美唄
PENTAX K10D + PENTAX DA 18-55/3.5-5.6、PENTAX FA 43/1.9Limited
[PR]

by ayaya55a | 2009-08-24 20:01 | お出かけ | Comments(10)
2009年 08月 22日

きらめく水に咲く   チトセバイカモ


b0133447_21371172.jpg

                 冬のあいだ川底に沈んでいた藻が
                 梅の形をした花々に飾られて
                 浮舟のように
                 川の面に表れてくるのは
                 はつ夏の風のとおったあと

b0133447_21375450.jpg



b0133447_21381616.jpg



                 橋の上より見おろすと
                 拡げられた衣裳は
                 千の 万の 貝殻ボタンの眩しさ


b0133447_21391293.jpg

                 密かに遇い
                 なにかの恩寵を
                 確かに待っていたのは
                 わたしの魂の傷痕で
                 重い水脈を帰っていく
                 魚さえも
                 花の幻に去りかねている


b0133447_21394138.jpg

                 人はこの花を梅花藻とよぶ
                 透明な川底より浮きでて
                 北へのびるひと夏の
                 宇宙の軸を傾けている



b0133447_21401857.jpg

                 早春この川の上を飛び去った
                 白鳥の 川に写った影を
                 波が揺すっている    
                               


     小松 瑛子  「水中花」          ~ 詩集:ミシュレの言葉は より ~                          


b0133447_21405289.jpg


チトセバイカモ・・・清流にだけ咲く北海道固有の花、、絶滅危惧指定種。
指の先ほどのほんとに小さな小さな花が、せせらぎにきらめいていました。
これを撮った直後、まさにこの花のことを詠った詩に出会ったのが嬉しくて、
写真とともにご紹介させて頂きました。
どうりで、ガラにもなく詩的な雰囲気のキャプションだなと思われたのでは?(笑)



撮影:8月10日   恵庭市 幸町 
PENTAX K10D + PENTAX DA 18-55/3.5-5.6
              TAMRON AF 70-300/4-5.6
[PR]

by ayaya55a | 2009-08-22 18:02 | 花  | Comments(8)
2009年 08月 20日

シャコタンブルー、そして・・・

知床シリーズを〆たばかりなのに、また海&断崖でナンですが・・・


b0133447_16553230.jpg

その独特の蒼さがシャコタンブルーと呼ばれる積丹半島の海。
札幌からは車で2時間くらい、私は過去何回か訪れたことがあるのですが、
いずれも曇天でシャコタンブルーを見たことがありませんでした。
この日は、とある目的のため積丹に向かったのですが、札幌からずっと重たい雲り空。
全く期待していなかったのにも拘わらず、ここへ着いたらご覧のような晴天で、
それこそ惚れ惚れするようなシャコタンブルーが広がっていました。


b0133447_0241389.jpg

海にせり出す神威岬。この突端まで進みます。



b0133447_0255767.jpg



b0133447_0262032.jpg

海に立ち尽くす神の化身と言われる神威岩。


b0133447_027563.jpg


b0133447_0272244.jpg

北国の海が何故こんな色に染まるのでしょう・・・見る者の心まで蒼く染まってしまいそう。


b0133447_0273930.jpg




b0133447_0283051.jpg



b0133447_0285288.jpg
で、この日の目的だったのがこれ、ウニ・あわびちらし。
今が旬の積丹のウニは口に含んだ途端、とろりと甘くとろけ、磯の香りが凝縮されたあわびの歯応えも申し分なく。初めて食べたあわびの肝は、鮮度抜群のあまりツルンとのどを走り・・・まさに今だけ積丹だけのお味でした。

それはいいのですが、この夏は贅沢しすぎ・・・。
わ~ん、私はもう冬まで、じっとしゃがんで過ごすしかありません~(笑)






撮影:8月16日  積丹町
PENTAX K10D + PENTAX DA 18-55/3.5-5.6
              TAMRON SP AF10-24/3.5-4.5
              TAMRON SP 90/2.8 MACRO Di
[PR]

by ayaya55a | 2009-08-20 17:39 | 自然 | Comments(20)
2009年 08月 18日

知床  その7   オホーツクブルーを後にして

#1
b0133447_23242247.jpg

ちょっととりとめがありませんが、今日は知床滞在最終日の行程の中で撮ったものを。
知床旅行中滞在していたウトロは観光の拠点としてだけでなく、漁港としても活気があるところ。

#2
b0133447_23244582.jpg

まだ朝早い中、サケ漁でにぎわいます。



#3
b0133447_23251084.jpg



#4
b0133447_23212511.jpg

ウトロを出てオホーツクラインという海沿いの道を走ります。
知床半島を振り返ると、今回の旅の中で初めて見るオホーツクブルーが。
透明感のある浅いブルー・・・ああ、これがオホーツク海の色なんだなと心に沁みます。



#5
b0133447_23215397.jpg

オホーツクラインのすぐ脇にあるオシンコシンの滝。真下から見上げた爽快感は半端じゃありません。
海のすぐ近くにこんな滝があるというのが、まさに知床ならでは。


#6
b0133447_23221714.jpg

そしてこんな光景も。まさに大平原で放牧される馬たち。

#7
b0133447_23225158.jpg

はるかかなたに濤沸湖が青く。



#8
b0133447_23232163.jpg

鉄子ではないけれど(笑)やはり一枚は撮りたかった釧網線。エゾカワラナデシコ咲き乱れる中で。


#9
b0133447_2331139.jpg

光に満ちた中で咲き誇るカセンソウ。


#10
b0133447_23233745.jpg

目に見える風景が、だんだん普通の北海道らしいものになって来ました。
ジャガイモ畑の向こう、知床連山がもうわずかにのぞくだけ・・・
さよなら知床、そしてありがとう。素直にそういう気持ちになりました。

今回初めての知床旅行で、ほんとうに一般的な観光ルートを辿っただけでしたが、
それでも大自然の懐の深さに感銘を受けました。
人智の及ばない自然の造形には畏敬の念さえ覚え、それを守りぬくことの大切さも肌で感じました。
実際に自然に触れて感動すればこそ、自然保護の気持ちも強くなるんだなと。
ぜひまた知床を再訪したいし、まだ知らない北海道の大自然にももっともっと触れてみたい・・・
そんな思いをあらためて強くした旅行でした。

知床シリーズ、長々とお付き合い頂いてありがとうございました。


撮影:8月5日   1~5,10枚目 斜里町、6~9枚目 小清水町
PENTAX K10D + PENTAX DA 18-55/3.5-5.6
              TAMRON AF 70-300/4-5.6
              TAMRON SP AF10-24/3.5-4.5
              TAMRON SP 90/2.8 MACRO Di
[PR]

by ayaya55a | 2009-08-18 18:24 | 自然 | Comments(22)