カテゴリ:手作り洋菓子( 62 )


2013年 11月 18日

今月のお菓子・・・「クレオール」

b0133447_18252849.jpg

今日はお知らせです。
このお菓子は「クレオール」。
以前もこのブログでご紹介したことがありますが、
サツマイモ入りアーモンドクリームをサンドしたソフトクッキーです。
(お菓子の詳細はこちらを)




b0133447_18314628.jpg


この間に挟んだクリームは、サツマイモペーストとアーモンドの粉の美味しさがキモなんですが、
実は隠し味に栗の甘露煮の裏ごしも入っているんですよ。
サワークリームもちょっぴり。
サツマイモの味わいに奥行を与えてくれています。




ローズハウスさん のワンディイベントに合わせて、明後日からお出しします。

先月、お店に試作のお菓子を何種類か持って行ったんですが、
これが居合わせたお客様の間で一番人気でした。
ありがたいことに、すでに予約も入っているそうで、今、頑張って仕込みをしているところです。
(それで新たにお菓子の写真を撮り直す時間がまったくなくて、
 以前の写真を使っているというわけです・・・w)

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by ayaya55a | 2013-11-18 18:55 | 手作り洋菓子 | Comments(6)
2013年 10月 29日

秋は大人の味わいで・・・「ダクワース・オ・ユズ」と「ティラミスロール」

b0133447_15365755.jpg


お菓子を長く作り続けていたら、ありがたいことに、
「あややさんのあれがとても好き。また食べたい。」
と言っていただけるお菓子が、少しずつ増えてきました。

作り手としては、このうえない喜びで、
そういうお菓子こそ自分の定番として、これからも大切に作りつづけたいと思うのです。
この「ダクワース・オ・ユズ」も、そういう定番のひとつ・・・



b0133447_15373795.jpg小麦粉をいっさい使わず、
スペイン産のアーモンド粉で焼いた生地。
普通のダクワースよりこんがりしているのは、
生地の中にもユズのペーストが入っているから。
隠し味のナツメグもほのかに香ります。






b0133447_15425310.jpg
b0133447_153814100.jpg














中に絞ったバタークリームは、
たっぷりのユズペーストを入れ、
キルシェ、ホワイトラム、辛口の日本酒で、
風味をつけてあります。
とてもすっきりした後味のクリーム。







b0133447_15371334.jpg


アーモンドを焼き上げた香ばしさと、ユズのクリームのすっきりした味わい。
大人のためのダクワースです。








b0133447_15402032.jpg


こちらはティラミスロール。
その名のとおり、ティラミスのロールケーキ版です。

コーヒー味のロール生地は、小麦粉の代わりに米粉を使っています。
はかないくらい軽い、でもしっとした口当たり。

b0133447_15403363.jpg


マスカルポーネチーズをふんだんに使ったクリームと、
コーヒーのほろ苦さが、口の中ですっきり溶け合います。
見た目より軽い口当たりながら、メリハリのある味。
これも大人のためのロールケーキといえるでしょうね。



なお、ダクワース・オ・ユズは、明日10月30日から、ローズハウスさんのイベントに合わせてお出しします。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by ayaya55a | 2013-10-29 17:14 | 手作り洋菓子 | Comments(8)
2013年 10月 06日

秋を封じ込めて・・・手作り洋菓子「クレオール」と「林檎とキャラメルのパウンド」

b0133447_1828343.jpg


一見、シンプルなクリームサンドクッキーのようなこのお菓子。
これはクレオールといって、サツマ芋を使った、ちょっと技アリのお菓子なんです。



b0133447_1833070.jpgサツマ芋のペーストを練り込んだ
アーモンドクリームを、
こんなふうに型で抜いて、軽く焼き、
オレンジのお酒を沁み込ませます。




b0133447_21111381.jpg






それをホワイトチョコレートで
コーティングして、
サブレで挟みます。
このへんの作業は、
手早くやらないといけないのですが、
作りながら撮ったりして
我ながら無謀ですw





b0133447_18281920.jpg


サツマ芋を練り込んだフィリングは、口に入れるとほろほろ・・・
ホワイトチョコレートにくるまれてミルキーな味わいです。
挟んだサブレにもサツマ芋が入れてありので、ほどよいソフト感。

クレオールという言葉には、
「異なったものの融合」という意味合いもあるそうですが、
まさにそれがしっくりくる感じのお味です。






b0133447_2127858.jpg


こちらは秋にぴったりの焼き菓子、林檎とキャラメルのパウンドケーキ。


b0133447_21293036.jpg

このケーキには、
青森県産の林檎のセミドライを、
カルバドスという林檎のブランデーに
漬けたものを入れました。






b0133447_21345619.jpg



そして味の決め手は、
このバーズキャラメル。
焦がしたキャラメルに
生クリームを入れたものです。
この焦がし加減が少しでも足りないと
味がボケるし、
もちろん焦がしすぎてもダメ。
作りながら撮ってる場合じゃないってw




b0133447_21283039.jpg


ほろ苦いキャラメルのコクと、濃縮された林檎の風味、カルバドスの香り。
シンプルだけどとても味わい深い、大人の焼き菓子になりました。
[PR]

by ayaya55a | 2013-10-06 22:05 | 手作り洋菓子 | Comments(6)
2013年 09月 24日

和の素材を生かして・・・ 「胡麻フロランタン」と「抹茶パウンド」

数日ぶりのブログ更新です。
今回の連休を利用して、数日間東京に行っていました。




東京では30度超えの日もあり、持って行った秋物の衣服では暑いのなんの。
(でも、帰ってきた昨日はわかに涼しくなっていましたが。)

札幌に帰って飛行機を降りたら10度台。
涼しいを通り越して、寒いと感じてしまいましたが、すぐ快適に。
本州出身の私ですが、カラダはもうすっかり北国仕様ですw



b0133447_16442634.jpg


温かな飲み物が恋しくなってきたこの時期は、
焼き菓子もまた美味しく感じるもの。
秋らしく、和の素材を使って何か作ってみたいな・・・
ということで、こちらは胡麻のフロランタン。


b0133447_1644468.jpg


サクサクしたシュクレ生地に、胡麻たっぷりのキャラメルを流して焼きました。
キャラメルのリッチな甘さと胡麻の香ばしさが、口の中で溶け合います。



b0133447_16451746.jpg


こちらは抹茶のパウンドケーキ。
粉末の抹茶だけでなく、抹茶のペーストも練り込んであるので、
色も香りもしっかりついています。


b0133447_16453476.jpg


ほどよく散らした小豆の蜜漬けが、抹茶の風味をさらに引き立てます。


どちらも、秋らしくなってきた中で、ほっと一息着くときにぴったりのお菓子。
胡麻フロランタンの方は、明日からローズハウスさんで、今月のお菓子としてお出しします。
どうぞよろしくお願いいたします。

(・・・と、ここまで書いて投稿したつもりが非公開のままでした。
今は25日、ローズハウスさんのイベントに合わせて投稿したつもりだったのに、
ごめんなさい~。 トホホ・・・)
[PR]

by ayaya55a | 2013-09-24 16:45 | 手作り洋菓子 | Comments(2)
2013年 08月 27日

残暑をさわやかに・・レモンとココナツのムース、苺ガナッシュ

b0133447_17294564.jpg


札幌は朝夕涼風が立つようになりましたが、日中はまだ残暑が。
今日のお菓子は、夏の疲れを感じるこんな季節に美味しい、
レモンとココナツのムースです。


b0133447_17302342.jpg


ビスキュイ生地の中に、レモンクリームとココナツのムースを詰め、
レモンのジュレを薄く流してあります。

b0133447_17304816.jpg




このビスキュイ生地は、表からはわかりませんが、
こんなふうにココナツのフレークをたっぷり散らして、
とても香ばしく焼き上げています。
ココナツのサクサクとた食感がいいアクセントに。



無農薬のフレッシュレモン、ココナツミルク、
ココナツのリキュール、白ワインなど・・・
キレのいい酸味、香りのさわやかさにこだわった素材を
選んで使っています。







b0133447_17311135.jpg














b0133447_18234279.jpg

これを食べた方が、「さっぱりしていて夏の疲れが取れた」と言って下さったんですが、
そう感じていただけて、とても嬉しかったですね。



b0133447_1822476.jpg


そしてこちらは、苺ガナッシュ。
フリーズドライの苺をたっぷり混ぜたホワイトチョコのガナッシュを、
薄く薄く焼いたカカオクッキーでサンドしました。

これは冷凍庫で冷やして、そのまま食べると、ちょっとアイスのような食感に。
ドライ苺の酸味、ガナッシュの甘さ、クッキーの香ばしさが互いを引き立て合います。







(レモンとココナツのムースは、明日から
ローズハウスさんの今月のお菓子として出させていただきます。
どうぞよろしくお願いします。)
[PR]

by ayaya55a | 2013-08-27 18:38 | 手作り洋菓子 | Comments(6)
2013年 06月 14日

夏の焼き菓子   パイナップルとココナツのパウンドケーキ 他

b0133447_13485955.jpg


気がつけばもう6月も半ば。
お菓子も口に冷んやりしたものが嬉しい季節ですよね。
なのになぜ焼き菓子・・・?
実はこのパイナップルとココナツのパウンドケーキ、少し冷やして食べると美味しい、
しっとりジューシーな焼き菓子なんです。




b0133447_1350597.jpg中に入っているのは、
セミドライのパイナップルをキルシェに漬けこんだもの。
これがギュッとパイナップルの風味を濃縮した味で、
生とはまったく違う美味しさなんですよね。

また生地にココナツそのものを焼き込み、
仕上げにココナツのリキュールMARIBUを
使ったシロップをふんだんに打ってあるので、
ココナツの甘い香りがふんわり、しっとり。

夏なんだけどオトナ・・・
そんなお菓子とでも言えるでしょうか。

(このお菓子、今月のお菓子として
ローズハウスさんで
6月16日から置かせていただきます。
お立ち寄りになったら、どうぞ召し上がってみて下さい。)


b0133447_13494278.jpg


同じ配合の生地もコロンとしたカップで焼くと、
見た目もカジュアルに、食感も少しかわって香ばしさが前に出ます。
こちらはリキュールもやめて、お子さんにも喜ばれるお菓子にしてみました。



b0133447_1422351.jpg


こちらはフランボアーズのフィナンシェ。
シンプルなフィナンシェに、フランボアーズのコンフィチュイールと、
アーモンド、ピスタチオなどのナッツを乗せてあります。
リッチな見た目と味ですが、
フランボアーズの甘酸っぱさが夏らしいさわやかさを添えます。




b0133447_13522143.jpg


そしてこちらは、カレー風味のクッキー。
たっぷり入っているナッツは胡桃と松の実で、
この松の実のとても軽い食感がサ、クサクした生地によく合います。

表面に振ってあるのはゲランドの塩。
まったく甘味のないクッキーですが、実は私の作るものの中では隠れた人気がw

b0133447_1352520.jpg


まだいきますw、こちらも塩味のお菓子、サブレ・フロマージュ。
たっぷりのパルメザンチーズの香ばしさと
ふんわりしたパプリカの風味が特徴のお菓子。

これを食べた人が、「これ、栄養補助食品になりそう~!」と言ったっけ・・・w
確かに食欲のない夏の朝なんかにはいいかな。
もっとも私は夏だろうがなんだろうが、朝はいつもガッツリ食べられるんですがw
[PR]

by ayaya55a | 2013-06-14 15:01 | 手作り洋菓子 | Comments(11)
2013年 04月 13日

お菓子で開花   桜のレアチーズケーキ と バトン・オ・サクラ

桜の開花が遅い北海道。
札幌の開花予想は5月7日で、GW明けのころなんですよね・・・


b0133447_18471266.jpg

待ち遠しい思いをそのままに、桜のお菓子を作りました。
これは桜のレアチーズケーキ。

b0133447_18475873.jpg

桜の花をふるふるのジュレで封じこめ、ケーキの上でふんわり咲かせます。

b0133447_18481634.jpg

優しい口当たりにしたくて、やっと固まるくらいの柔らかさに仕立てたので、
カットするのがスリリングなケーキw
これはグラスに流して作ってみるのもいいかもしれませんね。


b0133447_2152639.jpg

こちらは焼き菓子、バトン・オ・サクラ。
焼くことで花の色を損なわないよう、焼き方にもちょっと工夫をしてあります。

b0133447_21531878.jpg

洋菓子でありながら、白餡を柑橘類のお酒で溶きのばしたものを生地に混ぜてあるので、
しっとりした口当たり。
刻み込んだ桜の葉のふんわりした香りとあいまって、
見た目もお味も春らしい焼き菓子になったかなと思います。

(バトンの方はローズハウスさんの今月のお菓子として、明日からお出しします。
 お近くの方、お召し上がりになっていただけると嬉しいです。)
[PR]

by ayaya55a | 2013-04-13 19:30 | 手作り洋菓子 | Comments(14)
2012年 12月 24日

今夜は大人可愛く・・・・  クリスマスケーキ2種


b0133447_14224718.jpg


今日はクリスマス・イヴ。皆様いかがお過ごしでしょうか?
私はつい今しがた、やっとプライベートのケーキを作り上げ、力尽きましたw

今年のケーキは、先月作らせていただいたウェディングケーキのスモールバージョン。
一見ふつうのショートケーキ風ですが、実は見た目を裏切って、なかなかオトナのお味なんですよ。



b0133447_14151864.jpg


クリームやシロップには、オレンジのリキュールでキリリとした風味を加え、
生地には上質のマジパンを練り込んで、しっかりした食感でありながら優しい口どけ。
これでもかとばかり、ふんだんに苺を使い、
デコレーションの不器用さをごまかせるのも手作りならではですw


b0133447_92683.jpg


もうひとつ、こちらはクグロフ・オ・ノエル。
ブラックカカオをたっぷり使って焼き上げた生地を夜空に、
レモン果汁を絞りいれた甘酸っぱいグラス(砂糖掛け衣)を舞い散る雪に見立て、
北国の聖夜のイメージです。


b0133447_1543511.jpg


オレンジピールやクルミをたっぷり抱き込んだ、とてもビターな味はワインにもよく合います。
こちらは日持ちがするケーキなので、時間があるときに作っておいたのですが、
撮影のためと称して、味見のフライングしたのが丸わかりですねw


b0133447_98448.jpg


ではみなさま、どうか心温まるクリスマスをお過ごしください。
[PR]

by ayaya55a | 2012-12-24 15:56 | 手作り洋菓子 | Comments(8)
2012年 11月 18日

作る幸せ・・・ウェディングケーキ


b0133447_18285838.jpg

生まれて初めてウェディングケーキを作りました。
不器用でいつまでたってもデコレーションが下手な私ですが、
食べて下さる方々に喜んでもらいたい一心で、とにかく一生懸命作りました。
新郎新婦を取り囲む多くの皆さんの温かな気持ちを、どうしてもこのケーキに込めたかったのです。


b0133447_18311011.jpg





b0133447_19594265.jpgb0133447_2001985.jpg



















小さなカフェを借り切って開かれた、このウェディングパーティーは、実はサプライズ。
新婦の女性は重い病で闘病中なのですが、前向きさを失わない彼女に元気玉をいっぱいあげたいと、
小学校からの仲良しであるjojoさん が企画し、友人の皆さんが力を合わせて実現させたもの。
ウェディングドレスもネックレスもブーケも、会場の飾りつけもすべてjojoさんの友人知人の手作りです。
新婦の直接の知り合いではなかった私もご縁をいただいて、ウェディングケーキを作らせてもらいました。
そしてケーキカットなどのお世話がてら、パーティーにも参加させて頂くことに。




b0133447_20534941.jpg

b0133447_18345671.jpg

指輪の交換の代わりに、小学校時代の恩師が二人の小指を赤い毛糸で結びます。
もう泣かせるんだから!w

b0133447_18324665.jpg

こんなにも心のこもったウェデイングで、たくさんの笑顔を降り注いでもらえて、なんて幸せなケーキ。
作った私の方が、どれほど幸せな気持ちと、いっぱいの元気をもらったことか・・・
こんなステキな時間を共有させてもらえたことに、ただもう感謝、感謝です。




撮影:11月17日  札幌市
OLYMPUS OM-D E-M5 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45/1.8
[PR]

by ayaya55a | 2012-11-18 21:42 | 手作り洋菓子 | Comments(16)
2012年 10月 09日

軽やか or しっとり キューブシフォン と かぼちゃのモンブラン 

あの怒涛のような暑さが過ぎ去り、札幌は朝夕はひんやり感じられるほど。
これぐらいの気候になると、お菓子も生クリームを使った、いかにもケーキ!といったものを作りたくなります。
そこで久しぶりに生クリームを使って、ふんわり軽やかなものと、しっとりどっしりしたもの、
対照的な味わいのもの2種を作ってみました。



b0133447_19533492.jpg

ストロベリー、マンゴー、抹茶の3種のクリームを乗っけた
キュートなキューブフェイス・・・
これはキューブシフォンというお菓子です。

b0133447_19573631.jpg

その名のとおり、正方形の形に焼いたシフォンケーキ。
ちょっと変わっていますが、カジュアルな感覚で食べられます。



b0133447_2015626.jpgb0133447_2021394.jpg
















左がキューブ型。このひとつひとつに生地を流して焼くのですが、
このままではふくらみすぎてしまうので、上に天板を乗せて重しにします。

右がここで使ったクリーム。ふつうは脂肪分45%のものを使いますが、このケーキには35%のものを。
このクリームに果実のピューレや抹茶粉末を混ぜたクリームは、とてもとてもさっぱりした口あたり。


b0133447_19581522.jpg


キューブの真ん中をくりぬいて、クリームをたっぷり詰めるのですが、
シフォンケーキのきめの細かいふわふわした食感に、この軽やかなクリームはとてもよく合います。






b0133447_19434636.jpg


そしてこちらはかぼちゃのモンブラン。
たかぼちゃのクリームがたっぷり、王道系のどっしりした味わいです。







b0133447_19451162.jpg
b0133447_19455793.jpg








左:生のかぼちゃは個体ごとに水分も糖度もすごくバラつきがあるので、
今回は市販のペーストを使いました。道産のえびすかぼちゃのものです

右:このケーキの味の決め手は、これ、くるみから作られたリキュール、ノチェロ。
ナッティな香ばしい風味が加わって、かぼちゃの味が格段に引き締まります。


b0133447_2143510.jpg


クリームを受け止めるビスキュイも、クリームをロールしたので、断面はこんな感じ。
いかにも秋を思わせる、しっとりした美味しさです。
[PR]

by ayaya55a | 2012-10-09 21:19 | 手作り洋菓子 | Comments(8)