カテゴリ:小樽( 48 )


2009年 12月 31日

皆さんよいお年を・・・


b0133447_15171584.jpg



b0133447_15173433.jpg


数日前の夕刻、ほんの一時茜色に染まった空。
冬には珍しい空の色に、思わず家事を中断して(こういうのが多い<笑)飛び出して撮りました。
この日は雪が雨に変わって、特別にドラマティックなものではないけれど、
見慣れた街がしっとりとした表情を見せてくれました。



こんなふうに、心に響く身近ないろいろを写真に撮りながら、今年も一年ブログを続けることが出来ました。
拙い写真ブログを応援して下さる皆さんに、言い尽くせないほどの感謝の気持ちでいます。
この一年、ほんとうにほんとうにありがとうございました。

それでは皆さん、どうぞ良いお年をお迎え下さいね。




撮影:12月28日   札幌市 厚別区
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4.0
[PR]

by ayaya55a | 2009-12-31 15:48 | 小樽 | Comments(18)
2009年 12月 30日

冬の漁港で


b0133447_17245454.jpg

埠頭から高島漁港へ移動します。
半端じゃなく強い風に、ええい、ままよと身を任せ・・・なんてとても出来ない冷たさ。
さすがにここではちょこっと撮って、ひぇ~っと物陰に駆け込みました(笑)



b0133447_17253735.jpg





b0133447_17251681.jpg






b0133447_17421615.jpg

今回の撮影で見つけた唯一のイロモノ(笑) 明るい色に飢えていたので。





b0133447_17281450.jpg




b0133447_17272188.jpg




b0133447_1727542.jpg

冬の漁港は荒々しかったけれど、そんな中になんともいえない伸びやかさを感じた高島。
また訪れてゆっくり撮ってみたいと思わせる漁港でした。次回行く時は、防寒を完璧にして行きます(笑)





撮影:12月 26日     小樽市 高島
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4.0
[PR]

by ayaya55a | 2009-12-30 20:26 | 小樽 | Comments(8)
2009年 12月 29日

優しい光


b0133447_19274848.jpg

埠頭を歩いているうちに、冬の暗い空がほんのり優しい色に染まりました。





b0133447_19281855.jpg

雪にじむ窓。光をやわらかに受け止めます。





b0133447_19371344.jpg

溶けかかってそっぽ向き合っている雪だるまが、なんだか微笑ましくて。






b0133447_19284486.jpg

光さす埠頭に係留の時。






b0133447_19292980.jpg

早くも暮れようとする冬の日ですが、
凍えた身体に、なんとなくホッとするような優しい光でした。









撮影:12月26日   小樽市 港町
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4.0
[PR]

by ayaya55a | 2009-12-29 20:07 | 小樽 | Comments(14)
2009年 12月 28日

埠頭を歩けば


b0133447_194261.jpg

真冬の埠頭を歩きます。空は時折やさしい色を放つのだけれど。


b0133447_19422729.jpg

吹き飛ばされそうなほどの風。




b0133447_19425048.jpg

すぐどこかへ逃げこんでいるのがバレちゃいますね(笑)



b0133447_21462169.jpg

落書きはあちこちにあったのだけれど、これが一番インパクトが大きかったな(笑)




b0133447_19435653.jpg

釣り人の姿はどこへやら・・・





撮影:12月 26日  小樽市 港町
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4.0
[PR]

by ayaya55a | 2009-12-28 22:00 | 小樽 | Comments(4)
2009年 12月 27日

真冬の埠頭から

昨日はお仲間のainosatoさんhirosさんariariさん と小樽の埠頭で撮影会。
ニューカメラ+ニューレンズを携えての初めての撮影だったのですが、
吹き飛ばされてしまいそうな強風が吹きすさび、もう寒いの何の・・・
私以外の皆さんは全然平気そうでしたが、温暖地体質の私は、もうほとんど思考停止状態。
写真うんぬんよりも、とにかく滑って転んでカメラを壊さないこと、撮ることに気を取られて海に落ちないこと、
この二つだけを念頭においての撮影でした(笑)



b0133447_160495.jpg




b0133447_1611222.jpg




b0133447_1612996.jpg




b0133447_1614875.jpg

あまりの強風に倉庫の陰へ逃げ込んだら、そこには先客の足跡がありました。



撮影:12月26日     小樽市 港町   
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4.0
[PR]

by ayaya55a | 2009-12-27 16:01 | 小樽 | Comments(8)
2009年 09月 19日

海も秋色


b0133447_14233460.jpg



b0133447_9423335.jpg



b0133447_1341918.jpg



b0133447_1427470.jpg

フィルムで撮った初秋の海。風の色まで秋の色でした。




撮影:小樽市 忍路   9月9日 
PENTAX KM + PENTAX FA 43/1.9Limited 
FUJICOLOR 100
[PR]

by ayaya55a | 2009-09-19 20:59 | 小樽 | Comments(8)
2009年 07月 28日

心落ち着く場所  富岡教会


b0133447_2047842.jpg

小樽には、そこに足を運ぶだけで心落ち着く場所というのが何箇所かありますが、ここもそのひとつ。


b0133447_20473765.jpg

特に信仰心は持ち合わせていない私ですが、この素朴な空間でふと自分を見つめたり・・・


b0133447_20475771.jpg

夏の花がこの小さな教会を彩っていました。



撮影:7月16日  小樽市 富岡教会

PENTAX KM + PENTAX FA 43/1.9Limited
FUJICOLOR 400
[PR]

by ayaya55a | 2009-07-28 22:09 | 小樽 | Comments(6)
2009年 07月 17日

紫陽花   小樽にて


#1
b0133447_16401982.jpg

今の季節、ふだんやり過ごしていた場所に紫陽花が咲き誇っているのに気づいて、新鮮な驚きを感じたりします。
小樽って、何故かそういう場所が多いような気がしませんか?


#2
b0133447_16363885.jpg




#3
b0133447_1636543.jpg





#4
b0133447_16373615.jpg





#5
b0133447_1638055.jpg

一株の紫陽花ですが、移ろっていく色は一期一会。心奪われます。




#6
b0133447_16512758.jpg




#7
b0133447_1641119.jpg




#8
b0133447_16552386.jpg




#9
b0133447_16554058.jpg

いつものほっとするような小樽の情景にも、優しく彩りを添える紫陽花でした。




撮影:7月16日  
1~3枚目 小樽市 長橋、 4~7枚目 小樽市 色内、 8,9枚目 小樽市 石山町
PENTAX KM + PENTAX FA 43/1.9Limited、PENTAX A 28/2.8
FUJICOLOR 400
[PR]

by ayaya55a | 2009-07-17 17:36 | 小樽 | Comments(14)
2009年 06月 09日

ランプの駅


b0133447_20335656.jpg

小樽の駅で降りて一番最初に迎えてくれるのが、プラットホームのランプの灯りです。



b0133447_20342661.jpg




b0133447_20344651.jpg

そして窓いっぱいのランプ。



b0133447_203559.jpg

行きかう人々を



b0133447_20352926.jpg

発着する列車を、静かなぬくもりの灯りで照らしてくれます。
いつ来てもほっとするような懐かしさのある、そんな駅です。




撮影:6月6日  小樽駅 構内
PENTAX K100D + PENTAX DA 18-55/3.5-5.6、TAMRON SP 90/2.8 MACRO Di
[PR]

by ayaya55a | 2009-06-09 23:33 | 小樽 | Comments(2)
2009年 06月 04日

自分の街をフィルムで

旅行に行ったり遠出をしたりすると、見るものすべて新鮮でショット数もどんどん進みます。
でも、何処かに出掛けなければ写真が撮れないかというと、そんなことはないと思うのです。
それだと写真を撮るのはたまのことになってしまいますものね。
たいていのオトナはそうそう自由になる時間は無いわけで、私も撮影に十分時間が取れるのはせいぜい週に一日、
それ以外の日は、細切れの時間を捻出してはちょこちょこ撮影しています。

でも、と言うか、だからこそ、普段のくらしの中でもほんの少し目線を変えるだけで出会いや発見があるのでは・・・?
そんな思いで、自分の住む街のいつも通りすぎているだけの場所を、
買ったばかりのフィルムカメラを手に歩いてみました。

b0133447_178288.jpg

私の住む街は札幌の郊外、JRも地下鉄も通るターミナル駅です。
デパートやホテルなどもあって都会的な雰囲気がある一方、こんな一角もあります。




b0133447_1792367.jpg





b0133447_1784990.jpg

巨大マンションと古い市場が混在しています。



b0133447_1795440.jpg

女子高生にばかり反応しないで下さいね(笑)
こんな裏道が近くの高校の通学路になっているのです。



b0133447_17104152.jpg

JRのガード下。斜めなのは私ではなく標識です(笑)



b0133447_17102273.jpg

公衆電話をかけている人を見るなんて久しぶりです。




b0133447_17105835.jpg

ガード下を出ると通り雨。こんなありきたりの光景も何故かいつもと違って見えて。

なんだかんだ言って、買ったばかりのカメラを使いたくてしょうがないんだろうって?バレバレでしたね(笑)


撮影:5月30日    札幌市 厚別区
PENTAX KM + PENTAX D FA 50/2.8 MACRO
FUJICOLOR 100
[PR]

by ayaya55a | 2009-06-04 17:11 | 小樽 | Comments(14)