ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:写真・カメラ( 4 )


2014年 02月 28日

街の夕景 と 写真展

b0133447_19113866.jpg


道東の写真、まだまだありますが、ちょこっと一息ついて、
これは昨日の札幌の夕景。
2月がもう今日で終わりだなんてウソでしょ、という感じ。
疾走しているうちに一か月が過ぎてしましました。

b0133447_19115238.jpg


昨夜は写真家・相原正明氏のスライドトークショーに行って来ました。

トークショーは充実した内容に加え、
相原氏の気さくでユーモアあふれるお人柄もあって、
終始なごやかな雰囲気。
そのあと、今日から始まった写真展「しずくの国 Spirit of Nippon」に先駆けて、展示を内覧。
展示作品一枚一枚に、撮影者の丁寧なギャラリートークを直接聞けるという、
なんとも贅沢な夜でした。

b0133447_1912860.jpg


お土産の、特注の飛び出すカード。
なんだか相原氏の茶目っ気が感じられますよねw





撮影:札幌市 中央区
PENTAX K-3 + PENTAX DA*16-50/2.8
[PR]

by ayaya55a | 2014-02-28 19:29 | 写真・カメラ | Comments(6)
2014年 02月 02日

最近見た写真展

b0133447_1746505.jpg


東京から戻ってからの一週間は、製菓にとことん追われていました。
来週も確実に追われますw
でも、製菓材料の調達に街中へ出た際、つい春の洋服を衝動買い。
こんなん買ったって、北海道で着られるのは3か月くらい先だよ~
・・・ってくらい、軽やかな薄物の服です。アホです、私はw


b0133447_17471216.jpg


衝動買いだけではありません、写真展も見てきました。

「専門学校札幌ビジュアルアーツ写真学科
 平成25年度卒業制作作品展」   (富士フォトサロン札幌 2月5日まで)

これから写真の道でプロとしてやっていこうという、若い男女9人のグループ展です。
各自が自分のテーマをきっちり明確にして、組み写真で表現している中に、
ひとりだけ、なんだか目線が不安定かな?・・・と感じさせる作品の人が。

解説を読むと、
 「つらいときや悲しいときに撮りました。
 考えていることと撮っているものに繋がりがなくて、
 なんでそれを撮っているのかわからなくて、もやもやします。」

それで、ああ、と腑に落ちた感じ。
そういう状態ってわかります。
で、それをそのままあらわしてしまうのも、アリなんだなぁと。



b0133447_1747322.jpg


こちらは、駆け込みでしたが・・・

「土門拳の昭和」  (札幌プラニスホール 2月2日まで)

言うまでもなく日本を代表する写真家の、写真人生を時系列にたどったもの。
写真に生涯をかけるってこういうことをいうんだなと。
私は個人的には、昭和20~30年代の、
子どもたちのいきいきとした姿を撮ったものが大好きです。




b0133447_17474835.jpg


これは東京で見たもの。

「宝箱 齋藤陽道 写真展」  (渋谷区 神宮前 ワタリウム美術館  3月16日まで)

聴覚障害をもつ30歳の写真家の初めての大きな写真展。
私は、この展示の中の「無音楽団」という作品群が印象に残りました。
見ていると、ぽろんと音がこぼれ落ちてくるようで・・・

若いアーティストの世界観にふれると、
こちらの感性も何やらみずみずしくなるような気がしますよね。
気がするだけでしょうけれどw
[PR]

by ayaya55a | 2014-02-02 19:25 | 写真・カメラ | Comments(4)
2013年 11月 14日

暗室の魅力・・・初めてのフィルムプリント


b0133447_19235786.jpg


あまり見慣れない、これは暗室で使うセーフティライトとタイマーです。

先日の日曜日、私は生まれて初めて、中判フィルムカメラで撮影し、
それを暗室でプリントするという体験をしました。

NPO法人「北海道を発信する写真家ネットワーク」が主催する、
モノクロフィルム暗室プリントのワークショップに参加したのです。


b0133447_19143255.jpg


使用させていただいた機材は、なんとハッセルブラッドとマミヤ67。
プロの方が使われている中判カメラです。
ていねいにカメラの構造や原理まで説明していただきました。


b0133447_19144935.jpg


予定では、外で札幌の街の風景を撮影するということでしたが、
あまりに悪天候だったため、急きょスタジオでの撮影に変更。
参加者どうしで、互いのポートレート撮影をしました。

これ以上はないほど、慎重にピントを合わせ、丁寧にシャッターを切る。
デジタルにはない緊張感が走ります。
最初はみんな緊張して、撮るのも撮られるのも、堅苦しいポートレートでしたが、
だんだん慣れて、次第にこんな和やかな雰囲気にw



b0133447_19155435.jpg


撮影の後は、現像、引き伸ばし、プリント・・・
何もかも初めての作業が続きます。


b0133447_1916209.jpg


なんといってもときめいたのは、印画紙へのプリントでした。
現像液に紙を浸していると、だんだん浮かび上がってくる画像は感動モノ。
それを自分の好みの濃さにまで焼き付けていく時間は、
緊張とわくわく感でいっぱいでした。


b0133447_19314125.jpg


出来上がった写真を前に。

キリリと引き締まった深い黒、繊細でなめらかな諧調のグレー。
モノクロフィルムってこんなにも美しく、表現力が豊かなんだ!・・・と、瞠目しました。
デジタルのモノクロとは、まったく別物なんですね。




b0133447_19165923.jpg


自分がモデルになった写真とネガはいただいて帰ることができ、
思いもかけず、とてもいい記念に。


私は何であれ、単なる知識として得ているだけなのと、
一度でも実際にやってみたことがあるのとでは全然違うと思っているのですが、
今回は、まさにそれを実感しましたね。

ふだんとはまったく違う角度から、写真の楽しさ、奥深さに触れて、
自分はまだまだ、撮ることの表面をなぞっているにすぎないんだな~と
気づくこともできました。


このように大充実のワーックショップでしたが、
これも関係者の皆様のたいへんなご尽力があったからこそ。
お世話になった皆様、ほんとうにありがとうございました。









撮影:11月10日  札幌市 中央区 越山計画
PENTAX K-5Ⅱs  +  PENTAX DA 17-70/4
[PR]

by ayaya55a | 2013-11-14 18:09 | 写真・カメラ | Comments(8)
2012年 10月 17日

写ルンです で遊ぶ

b0133447_20212052.jpg

いえ、写ルンですで遊ぶといっても、積木にして遊んだというわけじゃなく・・・w



b0133447_2344177.jpg

ここは、ガレージ マッキナフォトグラフィカ エンスージャスタ という長~い名前の写真やさん。
イタリア語で、カメラ大好き とか、カメラおたくwといった意味なのだそう。
このお店で、先日写ルンです塾の企画があると知り、
あ、なんか楽しそう・・・と軽い気持ちで参加しました。

今の写ルンですは、絞りも2段階に変えられるし、フラッシュの調光と合わせたら、
なんと4段階も変えられることになる・・・などなど、店長のレクチャーにへぇ~と感心。
で、参加者全員でお店のまわりをブラブラ撮り歩いたのですが・・・

  



b0133447_2022126.jpg


写ルンですなんて触るの、いったい何年ぶりかしら・・・
あれ、やだ、今の押しちゃったんだ、え~、 シャッターのストローク軽すぎ~
・・・そんな一枚がこれ。


b0133447_20225349.jpg


一応狙ったのは、こんな感じ。
こんなふうにごく気楽な、遊び心で撮るフィルム写真、なんだかとっても新鮮でした。
写ルンですの写真、もう少し続きます。





撮影:10月8日 札幌市 白石区
1、2枚目  OLYMPUS OM-D E-M5 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42/3.5-5.6
3、4枚目  写ルンですNight&Day SUPER
[PR]

by ayaya55a | 2012-10-17 23:46 | 写真・カメラ | Comments(4)