ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ

2010年 03月 23日 ( 1 )


2010年 03月 23日

桜を待ちながら    和菓子 彼岸桜 と  染井吉野

あちこちで桜の開花が報じられるようになりましたね。
なのに札幌はまたまた冬に逆戻り、先日のお彼岸は暴風に雪まじりの悪天候で、
お墓参りに行っても、お線香に火をつけることも出来ないほどでした。

もう、ホトホト冬の写真撮るのいやンなっちゃった・・・
今だけお花屋さんの店先を飾る彼岸桜を買って帰って、せめて春の気分を味わいます。

b0133447_11112699.jpg

この淡い淡い桜色を生かすには、どう撮ったらいいのかな。
窓から光が差し込む時は、ガラスにシャカシャカしたポリシートを2枚重ねて貼って遮光したり・・・


b0133447_11234550.jpg

曇ってしまったら、バックに薄い水色の布を敷いてホワイトバランスを変えてみたり。
こういう工夫は楽しい時は楽しいのですが、なんかしゃらくさいなぁと感じることも(笑)
あー早く外に咲く桜を見たいです。




b0133447_1752597.jpg

で、この花をイメージして作った、和菓子 「彼岸桜」
以前、某菓匠の「スプーンで食べる桜餅」というゼリーを頂いたのですが、
その口当たりを、もう少し桜餅風にしっかりさせてみたら・・・と自分なりに作ってみました。



b0133447_17523128.jpg

葛粉と寒天を練った生地に見え隠れするのは、桜餅でおなじみの道明寺(あのぶつぶつした餅米です)
中の漉し餡がうっすら透けるところに、彼岸桜の淡いイメージを重ねてみたつもりなのですが。



b0133447_17524651.jpg

口あたりは葛餅のような、水饅頭のような、もちもちプルンとした感じですが、道明寺の食感もしっかり残っています。
道明寺を入れた生地と、桜の葉を刻み込んだ生地と二層にしたので、桜の葉のあの香りと塩気も楽しめます。
ちょっと変わった桜餅という感じでしょうか。



b0133447_17552071.jpg

もうひとつ、こちらは正統派、練りきりで作った「染井吉野」です。
桜色に染めた練りきりを、ひとつひとつ木型で抜いて作ります。


b0133447_17553627.jpg

この型は、桜の花びらの重なりがとてもデリケートに出るのが気に入っているんです。
愛らしい桜のイメージを損なわないよう、色付けも練りきりにしてはほんのりと。

桜の季節はまだ一ヶ月以上先の北海道、しばらくはお菓子で桜を楽しむことにしましょう。
[PR]

by ayaya55a | 2010-03-23 20:13 | 手作り和菓子 | Comments(18)