2008年 12月 05日

埠頭から   苫小牧でプチ夜遊び


b0133447_13345236.jpg

昨日の続きです。日暮れ時の埠頭から。


b0133447_13354056.jpg

移りゆく色。


b0133447_13361384.jpg

そろそろ夜に。




b0133447_13364072.jpg

完全に夜景モードになりました。


b0133447_13372234.jpg



b0133447_1338482.jpg

埠頭からの撮影でアングルは限られていたのですが、それでも何とか少しずつ変えて撮ってみました。


b0133447_13382532.jpg

これは埠頭での撮影を終えての帰路、車を止めて撮った一枚。俯瞰どころか、チビの私はこれがいっぱいいっぱいで(笑)

今回は明け方の湖がメインの撮影行で、工場撮影までは全然予定になく、埠頭で撮っただけでしたが、
夕刻の美しい色合いの中で撮れたことがラッキーでした。

今は午後4時過ぎにはもう日没です、夜景撮影をしても6時頃にはちゃんと家路に着いたんですよ、
と一応よいこを強調しておきます(笑)


撮影:11月29日   苫小牧市 晴海町
PENTAX K100D + PENTAX DA 18-55/3.5-5.6、TAMRON AF 70-300/4-5.6
[PR]

by ayaya55a | 2008-12-05 20:18 | お出かけ | Comments(8)
Commented by ariari at 2008-12-05 23:13
4、5枚目、yahooの地図で出光製油所の撮影下調べ中、向かい側から撮ったらどうだろう?
と思っていたので参考になりました。タンク類が多く、地図でもタンカーが接岸中だったので想像していましたが
想像よりずっとキレイで最高でしたね。しかも、穏やかな風だったのでしょう。
美しく反射する海の輝きに「行かねば」と決意を新たに。
Commented by Amy at 2008-12-05 23:50 x
日暮れ時の色の移り変わりがきれいに出ていて楽しみました。
海に輝いている光の反射も素敵ですね。
Commented by i_nosato02 at 2008-12-06 07:26
一枚目、二枚目の暮れて行く空と海の色がすてきです。
明け方の湖から工場の夜景までとは、ずいぶん幅広く写していますね。
貪欲になんでも写すその姿勢がいいですね。
Commented by あやや at 2008-12-06 23:32 x
>ariariさん
撮影前に丹念に下調べなさるその姿勢、行き当たりばったりの私はぜひとも見習わなくてはいけませんね。
この日は夕暮れの色もキレイで風もほとんどなく、私の三脚も吹き飛ばされないで(笑)
まったく申し分のない撮影日和、ほんとにラッキーでした。
夜の帝王(笑)がD700を駆使して撮る埠頭からの苫小牧工場、ぜひ見せて下さいね。

Commented by あやや at 2008-12-06 23:48 x
>Amyさん
この色の移ろいは時間にしたらほんのわずかな間のことだったので、
露出を変えながら夢中で撮り続けました。
海に映える灯りも美しく、私の機材では精密さには欠けるのですが、
それでもこの色や輝は、まさに夜景ならではの魅力にあふれていましたね。

Commented by あやや at 2008-12-06 23:55 x
>ainosatoさん
1,2枚目ありがとうございます。
湖と馬は予定していたのですが、その他は行き当たりばったりの出たとこ勝負です、
たまたま美しい夕景に出会えて、そのまま夜景に突入してしまいました。

>貪欲になんでも写すその姿勢がいい
ありがとうございます。
今は出来る限り自分から動いて、いろいろ撮ってみようと思っています。
そうして出会いや発見を重ねていくうちに、自分の撮りたいものの方向性が見えてくると思うので。
Commented by bono at 2008-12-07 18:44 x
こんばんは。
この日はかなり精力的に撮り歩いたんですね。
日が短いとはいえ、結構ハードだと思いますよ。
寒い中、これだけ撮り歩けるのでしたら、道東ではエース確定です^^

タンク群の夜景って私も写してみたいです。
特に2枚目の写真が、空と海と照明の色がそれぞれ特徴的で素晴らしいですね^^
Commented by あやや at 2008-12-07 22:10 x
明け方から夜まで撮っていて、何だか凄く逞しいみたいですが、
朝5時頃家を出て夜7時過ぎには帰宅したんですよ、いたって上品なものかと(笑)
それにこの日苫小牧は全然寒くなく、耐寒訓練にはなりませんでした。
耐寒訓練によさそうな撮影場所があったら教えて下さいね。

二枚目、ありがとうございます。
この、日没後のわずかな時間に見せてくれた色合いには、ほんとうに魅了されました。
bonoさんのタンク夜景というと、いつかの星をからめた600S露光がとても印象に残っていますが、
またbonoさんならではのものを是非見せて頂きたいですね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 雪の銭函      埠頭で日が暮れて >>