ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 05日

我路で    私の心に響いたもの



b0133447_15295249.jpg

美唄市我路。昭和47年の炭坑閉山以来過疎化が進んだ山合いの地。
ここには住む人も無いまま放置された廃屋、廃墟がそれこそ至る所にある。



b0133447_1531171.jpg

沼東小学校の円形校舎の跡地。昭和34年建立というから、当時としては実にモダンなコンクリート校舎だ。
昭和49年廃校。今は沢に阻まれ近づけない。


b0133447_15313916.jpg

同じ敷地にある、焼け落ちて鉄骨だけ残る体育館。


b0133447_15321918.jpg

この象徴的な光景・・・


b0133447_15324194.jpg

廃屋がそこここに点在する村落。


b0133447_1533648.jpg

でもそこに住む人の暮らしは、静かに、確かに営まれている。



今回我路を撮影するにあたっては、下調べもした上で、どういうスタンスに立つか悩みに悩んだ。
ルポ、ドキュメンタリー的なものは、そもそも私ごとき浅学の任ではなく、
見たまま感じたままを撮るしかないのだが、傍観者的にも感傷的にもなりたくない・・・どうしたものか・・・


眩しい日差しの中、一人で半日美唄~我路を歩き、36枚撮り3本という、私にしてはかなりの量の写真を撮った。
疲れたけれど、地元の方のお宅の庭先で、お茶をご馳走になりながらお話を伺うことも出来、心和む時間も持てた。
廃墟に及び腰だった私の心を、我路は、ゆったりと、不思議な明るさ温かさで満たしてくれた。


けれど仕上がった写真は力量不足を露呈、私の感じた我路にはなっておらず・・・
今回はモニュメント的な風景のアップにとどめ、また時間を置いて反芻してみようと思う。

我路へは季節を変えて、ぜひまた訪れてみたい。


撮影:6月3日 

PENTAX MZ-30+Tokina AF28-80mm、 FUJICOLOR 100 
[PR]

by ayaya55a | 2008-06-05 19:14 | お出かけ | Comments(10)
Commented by ariari at 2008-06-05 21:01 x
我路は難しいよね。
でも、その人が感じたままを写せばいいのであって、何がよくて
何がダメってなことはないんですよ。
でなければ、みんな同じ視点なんてあり得ないし。
やっぱラストにそんな想いを感じますし。
Commented by 本部長 at 2008-06-05 21:52 x
我路の街に思い入れのある一人として、やさしい切り口に見えますよ。
距離間のある間合いから“見守っている”というスタンスを感じます。

沼東小学校、雪が降り始める頃に写しに行こうと思ってます。
此処は勝手に心霊スポットにされたりしているので(怒)、
アタシが渾身の力を込めて安心感を表現してみようと思ってますよ。

↓の投稿の2号機の写真といい、今回の民家の写真といい、マーガレットがこの街にも初夏の風を運んできてくれているみたいで良いですね。

地元の方のお宅の庭先でお茶を御馳走になられたのは、あややさんの人徳ですよ。
この街は何度も訪れてじっくり接してみましょう。

実は元日に写したフイルムと、4月にマガン写した後に行ったフイルムがお蔵に入っております。
なんとか近いうちにUPしますよ(^^ゞ
4月に写したのは自分としてはめずらしいくらい廃墟に迫って写しております。
それがやさしく表現されているかが肝なんですがね...
Commented by いしのまきまき♪@深夜バス at 2008-06-05 23:01 x
5枚目…見えてしまいました
いまバスの中なので、家に帰ってからPCでゆっくり拝見いたします
Commented by Amy at 2008-06-05 23:07 x
“その人が感じたままを写せばいい”というariari先生のコメントに
ほっとしました。
忘れていた事や忘れてはいけない事が沢山ありますね。
廃線や廃墟の所にお花が咲いているのが和みます。
写真からも色々勉強すること多いですね!
Commented by DENZI at 2008-06-06 00:22 x
深いなあ・・・・

それぞれの心の中に、それぞれの我路がある。
思いは同じようにも見え、違うようにも見える。
それでも、我路は見過ごすことはできず、訪れた人の心に強く染み入り、「またいずれ」と誓わせる。

ああ、「がろ」は、「わがみち」と書くのだ。
Commented by あやや at 2008-06-06 09:25 x
>ariariさん
我路は私にはまだ早いと思いましたが、行ってみてよかったです。
今は量を撮ることで質の向上を目指す時期かと思って、時間の許す限りいろいろな場所へ足を運んでみようと思っています。
自分の感じたことを写真で表現するのは難しいですが、ちゃんとそれが出来るようになりたいです。
Commented by あやや at 2008-06-06 09:44 x
>本部長さん
3月に本部長さんがアップされていた昨秋の我路、あれを見ていつかは私も我路へと思っていたんです。
それくらいあの写真は印象的で、心に沁みました。

沼東小学校を撮った時、以前こちらに住まわれていて今は小樽にいるというご家族がいらしていて、
実際に円形校舎で学ばれたという方のお話も伺えたんです。
これ以上老朽化が進まないうちに、本部長さんにぜひとも撮って頂きたいです。

しかし元旦から我路ですか・・・(絶句)それも4月のぶんもぜひ見たいです、
早く在庫一掃して下さ~い!

Commented by あやや at 2008-06-06 09:51 x
>いしのまきまきさん
深夜バス・・・その響きだけで、いやがおうにも期待が高まります(笑)
道中お気をつけ下さいね。
Commented by あやや at 2008-06-06 10:13 x
>Amyさん
感じたままを写して、それが見る人に伝わる喜び、それが写真を撮ることの醍醐味なんでしょうね。
今回の我路行きでは、いろいろ感じるところ、学ぶところがありました。
そういうものがいつか写真に反映させられたらいいなぁ、と思います。
Commented by あやや at 2008-06-06 10:22 x
>DENZIさん
ふだんノーテンキであまりものを考えない私ですが、さすがに我路はそれではイカンと。
廃屋もいろいろ撮ったんですが、上っ面だけをなぞりたくないという気持ちが強く出て、かえって腰が引けてしまったしまいましたね。
ここは、焦らずじっくり取り組んでみることにします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 美唄をあとに          美唄へ  私の目に映ったもの >>