2008年 06月 04日

美唄へ  私の目に映ったもの

かつて炭鉱の町として栄えた街、美唄へ行って来た。
b0133447_22101177.jpg



b0133447_22103786.jpg




b0133447_2211025.jpg

美唄鉄道の東明駅の駅舎跡に保存されているSL。初夏の日差しがいやというぼど眩しかった。

b0133447_22362813.jpg

廃線、その語りかけるものを思うと、つい言葉少なになってしまう。


撮影:6月3日 
PENTAX MZ-30+Tokina AF28-80mm FUJICOLOR100
[PR]

by ayaya55a | 2008-06-04 22:11 | お出かけ | Comments(6)
Commented by ariari at 2008-06-04 23:39 x
おおっと、美唄ですね。まだ出てきそうなので楽しみw
ラストの一枚がね、ちょっとぐさっときますね。
Commented by いしのまきまき♪ at 2008-06-05 01:28 x
オイラも最後の1枚にぐっときました

それにしても廃線沼に片足が…(ばく
Commented by hiros at 2008-06-05 06:25 x
だんだん行動範囲が広がっていますね。
広がる方向が楽しみです。(笑)
Commented by あやや at 2008-06-05 18:22 x
>ariariさん
美唄、お出し出来るのはそんなにないんです~、力不足でした。
でも地元に方のお話が聞けたし、実際に歩いてみてよかったとつくづく思いました。

Commented by あやや at 2008-06-05 18:31 x
>いしのまきまきさん
これは炭鉱鉄道で昭和48年に廃止されたそうです。
えっ、生まれてねーやって?(笑)
Commented by あやや at 2008-06-05 18:36 x
>hirosさん
私、ほんの五ヶ月前までは、家でテーブルの上のお花とお菓子しか撮っていなかったんですけどね。
あらぬ方向に広がりそうになったら引き止めて下さいね(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 我路で    私の心に響いたもの      ふわふわキラキラ、綿毛は楽し >>