2008年 05月 17日

南小樽ひとり歩き  フィルム編 続き



この日はけっこう歩きまわって、デジではいろいろ撮ったのだけれど、
フィルムで撮ったのは、後で見ると何故か南樽ぽくない、何気ない光景ばかりだった。



b0133447_21382353.jpg



香りに呼び寄せられて小路に入ると、もうすずらんがこんなに。輝かんばかりだった。




b0133447_2139392.jpg


b0133447_21392647.jpg


お花やお菓子を撮る時と違って、建物系を撮る時はまだひるむ。
これ、面白い、と寄る。思い切ってまっこうから撮る。単純で稚拙だけど、今はそれで精一杯。




b0133447_21394819.jpg



線路沿いに小樽方向へ。傾き始めた日差しが眩しい。




b0133447_21401754.jpg




フィルムで撮る時は、チューリップも廃線になった線路と絡めたい気分。
夏は生い茂る雑草に覆われるんだろうね。その頃また来てみよう。
[PR]

by ayaya55a | 2008-05-17 19:24 | 小樽 | Comments(4)
Commented by ariari at 2008-05-17 22:13 x
錆タンク萌えです。いろいろチャレンジしとっていいですよ。
ラスト一枚、先日も出したんじゃ??
Commented by hiros at 2008-05-18 07:32 x
下から2枚目、「もう逃げられません」って感じですね。
やっぱり写真って撮り手の気持ちがストレートに伝わります。(笑)

「写真が何となく変わったなぁって思うことがあるんですが」なんてヒトに云えませんよ。
あややさんの場合、「何となく」じゃないです。もう元には戻れない。
Commented by あやや at 2008-05-18 21:15 x
>ariariさん
ラストの、前に出したのはデジでこれはフィルムです。
少し撮り方を変えて廃線になった線路とからめたつもりですが、芸が細か過ぎて気づかれませんですたね(笑)
Commented by あやや at 2008-05-18 21:20 x
>hirosさん
何ですか、もう逃げられないとか元にもどれないとか、何か大変なことみたい(笑)
私はどんどん変わっていくと思いますよ、イッポンズの皆さん、責任持って見届けて下さいねー(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 海を感じて  銭函散策      南小樽ひとり歩き  フィルム編 >>