ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 25日

喪失から半年

b0133447_17535380.jpg
夫がわずか6ヶ月の闘病を経て亡くなってから、ほぼ半年経ちました。
しばらくは、自分と世界との間に薄い幕が張っているように感じたけれど、
今はもう、それはありません。

人の集まる場所に出向いても心から楽しめるし、
行きたい場所、やりたいこともたくさんあるし。

普通に元気なんだと思う、たぶん。


b0133447_17535336.jpg

ただ、涙はいつもこめかみのあたりに溜まっていて、
ふいに何でもない時にあふれ出して、自分でもびっくり。

駅の階段を人波にもまれながら降りる時、
運転をしていて信号待ちの時、
台所で何かを刻んだりしている時・・・とにかくほんとに何でもない時に。

でも、メソメソしていてダメだなぁとは思わない。
大切な人を失ってまだ半年なのだ、むしろこれが健全な状態なんだと思う。

b0133447_17531191.jpg
朝起きて、ベッドから自分の足で降り立つとき、それだけで感慨が走ります。
夫は悪性リンパ腫が脊髄に転移して、まず足が動かなくなってしまいました。
どれだけ歩きたかったろう。
自分の意思で、自分の行きたい所へ行ける、
ただその事がどれほど有り難く、生きる実感を伴うことか、身に沁みて。


b0133447_17530408.jpg
夫が亡くなって初めて訪れた晩秋の道東。
この原野の桜は、こんな風に幹が折れながらも毎年咲いてくれる。
命を燃焼させ尽くして生きるということを無言のうちに教えてくれる、
私の愛してやまない桜です。
今年は花の季節に行かれなかったけれど、この時はまだ葉を残していてくれました。

私はボロボロの木肌を泣きながら撫でて、一緒に頑張ろうねと声をかけました。
また花咲く季節に会いに来るから、夫のぶんまで生きて、動くから。

とりとめもない文章ですが、今の気持ちです。



[PR]

by ayaya55a | 2017-12-25 19:09 | 道東 | Comments(6)
Commented by 摩耶 at 2017-12-26 12:19 x
そうですね、あややさんはありのままに受け入れてらっしゃる。
「さすが、我が奥さん」とご主人が微笑んでらっしゃるような気がします。
でも私はご主人に一度お会いしたかったな〜。
素敵なあややさんを射止めた方なので実は以前から興味がありました。
Commented by mink330 at 2017-12-26 17:26
何度も何度も読み返しました。
コメントだからこんなに遅くなってしまいました。

札幌に帰ってきましたよ。寒いですね~
Commented by ayaya55a at 2017-12-28 09:14
>摩耶さん
死別による喪失というのは修復がきかないので、ただ受け入れるのみです。
夫とは学生時代からの付き合いでしたので、
射止めるとか、そんなたいそうな事ではなく、お互いいつも自然体でしたね。
Commented by ayaya55a at 2017-12-28 09:16
>minkさん
お帰りなさい。
今年の札幌は寒いですね。
いつも元気なminkさんですが、御自愛くださいね。
Commented by ポンママ at 2017-12-28 09:16 x
何度も読んで涙してしまって。
あややさんの笑顔を思い出してました。
たくさん支えてくれる友達もいるだろうから自分は普通にあややさんと会おうと・・
うまく言えないけれど(+_+)
いつも素敵だなとあややさんのこと思ってます。
そんなあややさんが選んだご主人、私も興味ありました。
全く微力ですけど、これからも写真通じて楽しいこと一緒にできたらいいなと思ってます。
Commented by ayaya55a at 2017-12-28 09:31
>ポンママさん
いつも変わらず明るく接して下さって、ほんとうに感謝しています。
写真を通して、楽しいことや目標となることが次々絶え間なくあるので、
それでどれだけ救われていることか。
写真撮っててホントによかったと思います。
これからもどうぞよろしくね^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 凍れる月光      冬の川遊び >>