ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 01日

晩秋のレブンウスユキソウ


b0133447_17345243.jpg
b0133447_17345298.jpg
b0133447_17345295.jpg
数年前、初めて礼文を訪れたのは7月初めの花の季節、島中が花に覆われていました。
中でもレブンウスユキソウは白く清らかで、大好きな花になりました。

今回、秋も深まったこの季節に、ウスユキソウに再会できるとは思ってもいませんでした。
枯れかけながらもしっかりと花の形を保ち、種を抱く。
命が終わっても、また来年ここに咲こうという、凛とした姿に感動しました。






[PR]

by ayaya55a | 2017-10-01 17:45 | 花  | Comments(2)
Commented by mink330 at 2017-10-01 21:18
自然の姿を、自分の人生と重ね合わせる・・・
そうやって人は苦しさから、悲しさから逃れ、先を見つめることができるのですね。
Commented by ayaya55a at 2017-10-02 16:23
>minkさん
人は枯れた花には見向きもしませんが、花はしっかりと次へと命をつないでいます。
そういう姿に励まされました^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 久しぶりの森で      星空の利尻富士 >>