2017年 03月 20日

幻の列車が風の中を走る

b0133447_20490869.jpg
b0133447_20490608.jpg
b0133447_20490798.jpg
b0133447_20490778.jpg
b0133447_20490767.jpg
b0133447_20541335.jpg
「幻の列車を求めて」と銘打った撮影会に参加しました。
といっても堅苦しいものではなく、ハイアマチュアの写友が企画してくれて、十数人が参加。
顔なじみの方あり、初めましての方ありで、和気藹々と楽しい撮影会でした。
私もほぼ一日中笑いっぱなしで、またシワが増えたと思われるほどでしたがw、
ここを撮る時だけはどうしようもなく悲しかった・・・

まぶしいほどの青空と光、そして強い風。
打ち捨てられ、列車の走らない鉄路の光景が、こんなに寂しいなんて。
それでもここで列車を待ち、その鼓動に胸をはずませた時間は色あせない。
またキレイな夕焼けの日に、優しい気持ちで撮りたいです。



1~4枚目  日高線 厚賀~大狩部間
5、6枚目  日高線 大狩部駅


[PR]

by ayaya55a | 2017-03-20 21:41 | 鉄子ではないけれど | Comments(2)
Commented by mink330 at 2017-03-21 16:24
ほんとに廃線は悲しい事ですが、思い出だけは消えることなく
ずっと心に残りますね。
私は何度かしか行ってませんが、今でも鮮明に思い出せます。
Commented by ayaya55a at 2017-03-23 20:06
>minkさん
日高線自体は廃線と決まったわけではないのですが、
この区間を修復して列車を走らせる可能性は、限りなく低いようです。
minkさんと一緒に撮影したこともあるし、思い出深い鉄路ですよね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 列車は幻ではなく      シマエナガ・・・春の訪れの中で >>