2016年 08月 30日

命をつむぐ・・・教室写真展を終えて

b0133447_1645717.jpg


今年の6月のこと。
森を歩いていたら、頭上でチチチ、ジジジとにぎやかな鳴き声が。
最初はバラバラだった小さな鳥が、次第にぎっしり集まって来て、
よく見るとシマエナガのヒナではありませんか。
巣立ったものの、まだ自分では上手く餌を採れないのでしょう。
親鳥がそれはもう頻繁に何度も何度も餌を運んできて、
ちゃんとどのヒナにももれなく餌を食べさせていました。

冬場は真っ白でフクフクのシマエナガの成鳥ですが、
この時期は子育てに必死で、もう痛々しいくらいボロボロ。


b0133447_1634673.jpg


初めて目にするその様子を、夢中で撮った中の一枚がこれ。
おそらくもう二度と同じ瞬間は撮れないだろうなと思い、
この写真を今年の教室写真展の展示作品にしました。


凄い写真でも、上手い写真でもありません。
自然の中で命を繋ぐため懸命に、そして生き生きと輝いている動物の姿を、
私なりに一生懸命写し撮った一枚です。

会場へお越しくださった多くの皆さん、
来られなくても応援してくださった方々、ほんとうにありがとうございました。
また来年、皆さんに見ていただけるような一枚を撮れるよう、がんばります。
[PR]

by ayaya55a | 2016-08-30 19:29 | 野生のいきもの | Comments(2)
Commented by mink330 at 2016-08-31 16:03
よくこういう素晴らしい瞬間に遭遇しましたね。
これもいつも森に行って努力しているあややさんだからこそ
撮れた写真です。
10羽はいますね。見せていただいてありがとうございます。
Commented by ayaya55a at 2016-09-01 10:26
>minkさん
この場面に遭遇したのは、森の中でもふだんあまり歩いてないエリアで、
ほんとにただの偶然。
でも、ヒナがこういう団子状になることを知識として知っていたので、
なんとか観察できたのかと。
地味ながらも撮り続けるって大事だなと思いました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 風に揺れて      夏の終焉 >>