2016年 01月 02日

年の初めはギンザンマシコ

b0133447_16213371.jpg


今年のファーストショットは、ナナカマドの実をついばむギンザンマシコでした。
それも赤い色の雄。

ギンザンマシコは、知床峠や大雪山系のハイマツ帯で繁殖して、
北海道でもなかなか間近に見る機会の少ない鳥。
それが何年かに一度、冬に街路樹の木の実を求めて都市に出現するとか。
今年はその当たり年らしいのです。


b0133447_16194677.jpg


この場に着いたら、もう頭上に雄がいて、
あまりにあっけなく見つけられて唖然・・・

b0133447_1620796.jpg


なかなかキリリとしたイケメンなのに、とにかく食べてばっかりで、
嘴がナナカマドの実にまみれている写真しかないw

b0133447_16204487.jpg

こちらが雌。雄ほどガツガツ食べてはいなかったようなw

b0133447_16211389.jpg

私が見たのは全体で10羽くらいの群れで、その中に雄は一羽だけ。
まさにハーレム状態でしたね。

ギンザンマシコは漢字で書くと銀山猿子。
申年のお正月にふさわしいし、
年の初めの撮影としては縁起がよかったな~。
・・・なんて、勝手に気をよくしていますw
[PR]

by ayaya55a | 2016-01-02 17:16 | 野生のいきもの | Comments(2)
Commented by mink330 at 2016-01-02 17:28
わぁ~すばらしい。
ギンザンマシコまだ見たことがありません。
早速見に行かれたのですね。
やっぱりその行動力が幸を呼ぶんですね。
あやかりたいです。
Commented by ayaya55a at 2016-01-02 19:42
>minkさん
ギンザンマシコ、私は夏に大雪山でチラリと見たんですが、
写真におさめることは出来ませんでした。
それが札幌で、すぐ近い距離で撮れるなんて、もうびっくりです。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 元気いっぱい      今年の賀正菓子・・・門松、瑞鳥... >>