2015年 12月 06日

タンチョウ・・・茜色の朝

b0133447_10503944.jpg

初冬の道東の楽しみのひとつは、
朝、茜色の射光がさす時間に、タンチョウが塒から飛んできてくれること。
厳冬期はタンチョウも寒いのか、ある程度日が昇ってからでないと活動しないんですよね。

b0133447_1051262.jpg


b0133447_10514158.jpg

この朝はパキッと冷え込んだ上に快晴。
吐く息が赤く染まるのを見られるかなと期待したんですが・・・
残念ながら光がちょうどいい時間に、ぜんぜん鳴いてくれず、
ちょこっとしょぼい吐息だけ。
カメラを構える人間の鼻息の方が、よほど盛大だったw

b0133447_1053826.jpg

いっぱい鳴いてくれたのは、光がもう白っぽくなってから。
それでも、タンチョウも人も白い息を吐きながら、
凛とした空気の中での気持ちのいい撮影でした。


撮影:12月2日  阿寒郡 鶴居村
[PR]

by ayaya55a | 2015-12-06 17:08 | 野生のいきもの | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 重い雲だからこそ      湖の目覚め >>