2015年 07月 03日

初夏のタンチョウ

b0133447_1939256.jpg


b0133447_1939191.jpg


b0133447_19393819.jpg


b0133447_19395928.jpg


タンチョウは、然界で食べ物が少なくなる冬は給餌場に集まりますが、
それ以外の季節は、自然の中でのびのびしている姿を見ることができます。
今は小さなヒナを連れているところも見ることが出来て、嬉しいものです。


撮影:6月26日  根室市
[PR]

by ayaya55a | 2015-07-03 19:50 | 野生のいきもの | Comments(2)
Commented by mink330 at 2015-07-03 20:32
初夏のタンチョウもまたいいですね。
自然の中びのびと子育て、それこそ普通の姿なんですね。
Commented by ayaya55a at 2015-07-04 19:46
>minkさん
タンチョウは留鳥ですから、通年見られますが、
やはりこういう湿地にいる姿が自然ですよね。
サロルン・カムイ・・・湿原の神というアイヌ語の呼び方がしっくりきます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 子ギツネに癒される      見はるかす >>