2014年 12月 06日

初冬の道東から 4・・・湿原を感じて

b0133447_8482367.jpg


b0133447_8335855.jpg


b0133447_8311240.jpg


b0133447_8304150.jpg


b0133447_1631433.jpg


この時期の湿原は、どこまでも果てしなく枯れ色が広がり、
蛇行する川がゆったりと流れている、ただそれだけの世界。
だたそれだけなのに、なんという豊かさなんだろう。

思い切り深呼吸したら、自分の汚れた細胞が、
全部まっさらに入れ替わったような気がしました。
気がしただけですけど・・・w




撮影:11月28日  川上郡 標茶町 コッタロ湿原
PENTAX K-3 + PENTAX DA*60-250/4、PENTAX DA*16-50/2.8


  
[PR]

by ayaya55a | 2014-12-06 16:17 | 道東 | Comments(2)
Commented by mink330 at 2014-12-07 08:34
あややさんしか撮れない素晴らしい風景ですね。
白い羽は?気になります。
Commented by ayaya55a at 2014-12-08 17:57
>minkさん
私の写真は技術的には誰でも撮れるようなものですが、
ここで私が感じたことを伝えるように撮るのは、
確かに私にしかできないことですよね。

白い羽根、タンチョウかなと思うのですが、
少し離れ塘路湖にハクチョウもいたので、それかも。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 初冬の道東から 5・・・タンチ...      初冬の道東から 3・・・優しい朝 >>