ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 23日

湖底からのタウシュベツ橋梁

b0133447_13255284.jpg


b0133447_13272789.jpg


b0133447_13265695.jpg


b0133447_13253078.jpg


b0133447_13324890.jpg


先日の糠平湖、タウシュベツから。
乾いた湖底と花咲く草原が同じ場所に。
なにかこの世のものではないような不思議な世界でした。




撮影:7月18日、19日  河東郡 上士幌町  糠平湖 
PENTAX K-3 + PENTAX DA*16-50/2.8、
             PENTAX DA FISH-EYE 10-17/3.5-4.5
[PR]

by ayaya55a | 2014-07-23 14:12 | 自然 | Comments(2)
Commented by EXTRA at 2014-07-23 20:16 x
こんばんは。

スマホで見るより、パソコンの画面で見るほうがやはり
迫力があります。
自然が作る風景の中に、人工的に作られた橋梁。
その橋梁もダムの中に沈んで、自然の中で朽ちていく。

この切り株たちは、人為的に着られた感じですね。
この姿も、見ていると何かむなしい感じがして着ます。

(^о^)
Commented by ayaya55a at 2014-07-25 15:01
>EXTRAさん
こんにちは~
こちらにも、いつもありがとうございます。
写真を見るということでは、やはりPCですね。
ほんとうはブログとFBでは、発信のスタンスを変えた方がいいのでしょうが、
そこまでSNSに時間を費やせないというのもあって・・・

この場所はダム湖なので、木は人為的に切られたものでしょう。
切り株も橋梁も、大きな自然に抱かれつつ自然に還っていく雰囲気でした。
それはもうすごく自然な雰囲気でしたよ。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 現実を見つめる      シャコタン・ブルー、そして・・・ >>