2014年 06月 02日

生き抜いて・・・都会のキタキツネ

b0133447_8132731.jpg


b0133447_813522.jpg


b0133447_8141185.jpg


b0133447_8142729.jpg



自宅からさほど遠くない、河川敷近くの廃屋にキタキツネの親子がいると聞き、
ほんわかした子育ての光景を思い浮かべながら様子を見に行ったのですが・・・

そこで見たのは、痛ましいまでにやせさらばえて、エサを探しに行く母ギツネと、
心細げにその姿を見送る子ギツネの姿でした。
(子ギツネの写真は、おびえさせないように少し離れて止めた車の中から撮ったので、
 草かぶりしてしまいましたが)

私を見つめ返す母ギツネのまなざしに、胸がズキン。
どうか生き抜いて。
そっと見守ることしかできないけれど。




撮影:5月28日   札幌市 白石区
PENTAX K-3 + PENTAX DA*60-250/4



 
[PR]

by ayaya55a | 2014-06-02 18:07 | 野生のいきもの | Comments(4)
Commented by orange at 2014-06-02 20:27 x
その後何度かを訪問していますが、今のところこの家族とは再会できていません。時間的なタイミングでしょうか、心配です。
Commented by nozakimacogo at 2014-06-03 12:46
こんにちは!
胸、ズキ~ンです!
前のブログのフクロウの子育て観た後なので^^
なおさら、母ギツネの痩せ細った姿と心配そうな子ギツネ
見たら、どうにかならないのか!?と
おせっかいな感情が湧きあがってしまいました。

食べ物が、見つかって、親子でお腹いっぱいになって
いることを、願っています!
Commented by あやや at 2014-06-03 17:00 x
>orangeさん
この時は情報ありがとうございました。
私は昨日(6月2日)の夕方行ってみたのですが、
子ギツネが一匹だけ床下から顔を出していました。
みんな元気だといいのですが。
Commented by あやや at 2014-06-03 17:13 x
>nozakimacogoさん
こんにちは~

>どうにかならないのか!?と
おせっかいな感情が湧きあがってしまいました。
ほんとうにこれを見たら、そう思ってしまいますよね。
でもただ静かに見守るだけ・・・
自然界とはまた違う環境なので難しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 春の道東へ・・・10 夕刻の湿原で      エゾフクロウの子育てと巣立ち >>