ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 02日

最近見た写真展

b0133447_1746505.jpg


東京から戻ってからの一週間は、製菓にとことん追われていました。
来週も確実に追われますw
でも、製菓材料の調達に街中へ出た際、つい春の洋服を衝動買い。
こんなん買ったって、北海道で着られるのは3か月くらい先だよ~
・・・ってくらい、軽やかな薄物の服です。アホです、私はw


b0133447_17471216.jpg


衝動買いだけではありません、写真展も見てきました。

「専門学校札幌ビジュアルアーツ写真学科
 平成25年度卒業制作作品展」   (富士フォトサロン札幌 2月5日まで)

これから写真の道でプロとしてやっていこうという、若い男女9人のグループ展です。
各自が自分のテーマをきっちり明確にして、組み写真で表現している中に、
ひとりだけ、なんだか目線が不安定かな?・・・と感じさせる作品の人が。

解説を読むと、
 「つらいときや悲しいときに撮りました。
 考えていることと撮っているものに繋がりがなくて、
 なんでそれを撮っているのかわからなくて、もやもやします。」

それで、ああ、と腑に落ちた感じ。
そういう状態ってわかります。
で、それをそのままあらわしてしまうのも、アリなんだなぁと。



b0133447_1747322.jpg


こちらは、駆け込みでしたが・・・

「土門拳の昭和」  (札幌プラニスホール 2月2日まで)

言うまでもなく日本を代表する写真家の、写真人生を時系列にたどったもの。
写真に生涯をかけるってこういうことをいうんだなと。
私は個人的には、昭和20~30年代の、
子どもたちのいきいきとした姿を撮ったものが大好きです。




b0133447_17474835.jpg


これは東京で見たもの。

「宝箱 齋藤陽道 写真展」  (渋谷区 神宮前 ワタリウム美術館  3月16日まで)

聴覚障害をもつ30歳の写真家の初めての大きな写真展。
私は、この展示の中の「無音楽団」という作品群が印象に残りました。
見ていると、ぽろんと音がこぼれ落ちてくるようで・・・

若いアーティストの世界観にふれると、
こちらの感性も何やらみずみずしくなるような気がしますよね。
気がするだけでしょうけれどw
[PR]

by ayaya55a | 2014-02-02 19:25 | 写真・カメラ | Comments(4)
Commented by EXTRA at 2014-02-02 21:23 x
あややさん、こんばんは。

毎日製菓作り、忙しいようですね。 ご苦労様。

無理して体調を崩さないようにしてくださいね。

>軽やかな薄物の服です。
是非春になったら、モデルになって登場してくださいね。

お菓子の試食で、春の服が入らなくなると困りますよね。

(^o^)


Commented by げんきのママ at 2014-02-02 21:35 x
それぞれの写真に籠められた気持ちを、見る側の自分(その時間にいる自分)がどう受け止めるか。それは、自分の気持ちの中を覗くことだと最近気ずきました。結構シビア!
Commented by あやや at 2014-02-03 17:18 x
>EXTRAさん
こんばんは~
12月からこのくらいの時期までが、製菓でもっとも忙しい時期。
でも、今年はどうしても厳冬期の道東へ行きたいので、
バレンタイン関連を前倒しで頑張ってます。

>無理して体調を崩さないようにしてくださいね。
ありがとうございます、体力だけが取り柄ですw

>お菓子の試食で、春の服が入らなくなると困りますよね。
笑いごとでなく、そのとおりなんですよ・・・
北海道はコートを着る季節がとても長いので、
つい油断してしまいます。
Commented by あやや at 2014-02-03 17:27 x
>げんきのママさん

>それは、自分の気持ちの中を覗くことだと最近気ずきました。結構シビア!
深いですね~
私は写真には、自分の持っているものが全部出るというか、
持っているものしか出ないということがオソロシイですw
でもまぁ、オソロシがってばかりいても始まりませんので、
こうやって下手な写真をお見せしているわけです。
お気楽に末永くお付き合いのほどを・・・w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 雪のステージ      凍てつく中で >>