ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 21日

厳寒に春を待つ・・・梅の和菓子三種


昨日は大寒、今が一年で一番寒いとされる時期ですね。
でもでも、札幌では寒さが緩み、今年初めて真冬日から脱出。
昨日は最高気温プラス0.3度、今日は0度だったので、なんか温かく感じてしまいました・・・w


b0133447_2020453.jpg


厳寒の季節でも、こんなふうに少し気温が緩むと、
春を待つ気持ちにもはずみがつきます。
・・・というわけで春を待つ思いをこめて、梅の和菓子三種を。

実際に北海道で梅が咲くのは、桜が咲いた後、5月の半ば以降なんですが、
本州では、今くらいの時期から開花が待たれる、春を先取りする花ですものね。

b0133447_20202811.jpg


これは先日習った「松竹梅」
竹に見立てた緑色の浮島生地は、抹茶の風味がほんのり。
松をあらわす小豆鹿の子を敷き、梅型の練りきりを飾りました。
しっとりした口あたりと甘さが優しい和菓子。



b0133447_15301294.jpg


こちらは練りきりの「早梅」
型を抜いて作る定番の意匠です。


b0133447_20213199.jpg


こちらは、同じ練りきりでも手でのして作る「未開紅」。
ふっくらと、今にもほころびそうな蕾をあらわしています。
春を待つ気持ちにふさわしい雰囲気ですよね。


b0133447_2022424.jpg一枚目の写真は左の白いお皿に盛りました。
この2枚のお皿は、小樽在住の造形作家、摩耶さん が作って下さったもの。

ロールケーキなどをそのまま乗せられるちょうどいい大きさのお皿がない・・・
と私が嘆いていたら、白地と黒地、2枚も作って下さったのです。
大きさはケーキ用ですが、こんな風に和菓子にもしっくり。
いろいろなお菓子を盛り込んで、使いこなしていきたいお皿です。
摩耶さん、ほんとうにありがとうございました~




















この投稿に対して いこなしていきたいお皿です。
ほんとうにありがとうございました
[PR]

by ayaya55a | 2013-01-21 18:33 | 手作り和菓子 | Comments(14)
Commented by EXTRA at 2013-01-21 23:13 x
こんばんは。

大寒が過ぎ、季節はまだまだ寒い日が続きますね。
こちらより寒い、北海道からもう春の便りが届いたような
あややさんの手作り和菓子。 本当に、ほんのり暖かい
気分になりました。

また、和菓子を載せるお皿。更に、お菓子を引き立てています。

お菓子も料理と同じで、もてなす器やその時の雰囲気で一段と
美味しさが違いますね。

やはり、センスがこうした所にでるんですね。

あややさん、素敵ですよ。

(^o^)

Commented by ゆう at 2013-01-22 06:44 x
おいしそう~
雪の中から若竹が伸びて、梅が数輪という2枚目がいかにも春という感じですね。
摩耶さんのお皿素敵です。
木の年輪にも見えるし、水の流れや枯山水の砂紋にも見えたり
使い勝手がよさそうですね。
画像からも温もり感じる陶器ですね。
Commented by cornet-1209 at 2013-01-22 11:57
色鮮やかで素敵です!
「松竹梅」、私が習ったものはセルクルで抜いたものでしたが
型に入れるのも可愛らしい感じになっていいですね^^
型は直径5㎝くらいですか?
Commented by mink330 at 2013-01-22 19:23
ただ、いつも食べるだけの私、でもこの和菓子の繊細さ、おいしさが
伝わってきますよ。

器も大事な脇役です。
摩耶さんの、素敵な感性、もちろんあややさんの素晴らしい技術と
センスに、言うことないです。パチパチ!
Commented by nukidaruma at 2013-01-22 20:10 x
和菓子も波模様のお皿もとても素敵ですね

お皿の材料やお菓子の生地を、練ったり、のばしたり、包み込んだり…静かに手を動かしているところを想像するのも楽しいです

きっときれいな動作なんだろうな…

あややさんはエゾリスさんになったり、鍵盤みたいなつららを見つけたり、感性がやわらかいというのか…ランドセルの子どもたちみたい…

私もたくさん、いいことを見つけながら暮らしたいと思います!
Commented by Amy at 2013-01-23 00:06 x
春はお菓子から・・・本当に春を呼んでくれそうなきれいな色の和菓子
ですね。
言われてみると、確かにロールケーキが一本乗せられるお皿はないわ~と思いました。
色々教えられます。それもまた楽し・・です。
Commented by 摩耶 at 2013-01-23 17:34 x
あら今日は春のお菓子なのね、フムフム。
「松竹梅」  うわー手が込んでいて美味しそう、さすがお姉様!
「早梅」   色が綺麗、春らしくていいわ~。
「未開紅」  練り切りを伸して形作るのって難しそう・・・。
なんて気楽に記事を拝見していたら、「あれ 見たことがある画像・・・、えっ 白い皿に盛ってみた?」 と慌てて一枚目の画像に戻りました。(汗) そっそんな御紹介いただくような代物でないのに恐縮です。 いつも あややさんのお菓子、撮るのも忘れて全部食べてしまう私なのに・・・。m(_ _)m
あややさんのお菓子に合う食器探しに今年のやきもの市、お互いに都合が合えば行きましょうね!!
Commented by あやや at 2013-01-24 17:11 x
>EXTRAさん
こんばんは~
梅の和菓子、毎年こちらの梅の開花に合わせて5月に作るのですが、
それだと全国的には季節遅れもいいところなので、
これまでアップしそびれていました。
でも、今年は春がもうすぐやって来る気持ちのはずみが強く、
この時期に一挙に三種作りました。
そちらも雪が降ったりで、ほんとうの春はまだ先ですが、
こんな和菓子で季節の先取りなさって頂ければ嬉しいです。
Commented by あやや at 2013-01-24 17:15 x
>ゆうさん

>木の年輪にも見えるし、水の流れや枯山水の砂紋にも見えたり
使い勝手がよさそうですね。
そうなんですよ、ある程度主張がありながら、なおかつ汎用性もある・・・
そういう器が一番出番が多いんです。
摩耶さんの器は見事にそれにこたえてくれて。
お菓子作りにも励みが出ます。
Commented by あやや at 2013-01-24 17:22 x
>cornetさん

>型は直径5㎝くらいですか?
はい、直径5センチ×高さ3センチの和菓子用セルクルに、
浮島生地を絞り込んで、そのまま蒸しました。
後で抜くと断面がバサつくし、
この大きさだとルミアカップにちょうど入るんですよ。
Commented by あやや at 2013-01-24 17:26 x
>minkさん

>ただ、いつも食べるだけの私
とんでもない、私こそ、もうお漬物は自分で漬けないで、
ただminkさんのおすそ分けを頂戴しているだけですw

器は大切ですよね、
器がいいと見た目はもちろん、味さえも引き立つと思います。
お友達にこんな器を作っていただける私は幸せです。
Commented by あやや at 2013-01-24 17:32 x
>nukidarumaさん

>きっときれいな動作なんだろうな…
うわぁ、そういうコメントを頂けるとは・・・!
実は所作が美しいというのは、
お菓子を作る上で、とても大切なことだと私は思っていて、
常にそれを目指しているんですよね。
なんだかとても嬉しいです。

>ランドセルの子どもたちみたい…
ワンドセルの子どもたちも実は大好きですw
柔らかな感性って、いつまでも大切にしたいですよね。
Commented by あやや at 2013-01-24 17:37 x
>Amyさん
洋食器で長さのあるものというと、サンドイッチプレートになるんですが、
それでもロールケーキを乗せるにはちょっと無理があるんですよね。
・・・そんなことをぼやいていたら、お友達がこんなお皿を作ってくれました。
和洋どちらも受け止めてくれるお皿なので、製菓のモチベーションも上がります。
Commented by あやや at 2013-01-24 17:40 x
>摩耶さん
このたびはほんとうにありがとうございました~
こちらこそ、勝手にお披露目しちゃってすみません。
和洋どちらにも使える、まさに私のために作って下さったお皿、
これからも大切に使わせていただきます。
やきもの市、まだ先ですが、今年はご一緒できるといいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 今日の一枚      凍てつく日々 >>