2012年 10月 30日

red in yellow

b0133447_19504765.jpg


朝夕冷え込む季節になると、真っ先に赤く色づくナナカマドの葉が、
この秋はちょっといつもと様子が違うような気がします。
残暑の影響なのでしょうか、色づく前に茶色に枯れたり、黄色に染まったり。
冬まで実り続ける赤い実が、すでにポロポロ地面にこぼれ落ちていたりで、数も少なめ。


b0133447_19473049.jpg

ちょっと痛ましい気持ちもするのですが、


b0133447_19475956.jpg

見上げた赤い実は、透明な明るさに包まれて。

b0133447_1947412.jpg

今年のナナカマド、いつもと違う秋の表情を見せてくれました。







撮影:10月25日     札幌市 中央区
PENTAX K-7 + TAMRON SP Di AF 90/2.8 MACRO
[PR]

by ayaya55a | 2012-10-30 20:22 | 自然 | Comments(2)
Commented by げんきのママ at 2012-10-30 22:09 x
江別のナナカマドも実のついている木が少ないし、すっきりした赤にならなくて何かいつもと違います。レンジャクやヒヨドリなどナナカマドの実を当てにしている鳥たちには厳しい年になりそうですね。ところで、その実ですがオレンジ色のと赤色がありますが味が違うようです。鳥の種類で好みが分かれるのか個々で好き嫌いがあるのかはわかりません(^^
Commented by あやや at 2012-10-31 18:25 x
>げんきのママさん
やっぱり私の気のせいじゃなく、今年のナナカマドはいつもと違いますよね。
実の付きが悪いのは、ほんとうに鳥たちには災難ですね。
オレンジと赤とで味が違うのは知りませんでした。
今度食べてみようかな(こういうことだけは好奇心旺盛w)
鳥が食べるくらいだから毒ではないと思うし、
少しくらいなら大丈夫ですよね、きっと。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 晩秋      秋晴れの休日に >>