2012年 03月 09日

流氷の駅


b0133447_20574466.jpg

ホームに立つと、目の前に流氷が迫る・・・そんな駅はそうそうないのでは。
ここは釧網本線、北浜駅。


b0133447_2145571.jpg




b0133447_20593275.jpg

列車も、まるで流氷になだれ込むかのように走って行く。



b0133447_2059559.jpg



b0133447_2059544.jpg



b0133447_2101811.jpg

容赦ない寒さの中、移り変わっていくどの色も染み入るよう・・・
夕刻の時は、あまりにも早くすぎていってしまいました。










撮影:2月18日      釧網本線 北浜駅
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4、TAMRON SP AF Di 90/2.8 MACRO
[PR]

by ayaya55a | 2012-03-09 21:37 | 鉄子ではないけれど | Comments(4)
Commented by mink330 at 2012-03-09 22:03
あややさん、厳寒の夕暮れの北浜駅ですね。
少ない列車本数、上りと下り、2本も撮って、すっかり
冷え切ったのではないですか?
Commented by EXTRA at 2012-03-10 18:40 x
こんばんは。

いつも感動を与えてくれる写真が出てくるので、うれしいです。

夕暮れの釧網線、旅情豊かな写真になっています。
列車に乗らなくて良かったのですか?
次の列車まで??
レンタカーでしたか?

線路夕空に向かって続いているのも、印象的です。

この感性を見習わなければと思います。

(^o^)



紹介してくれるので
Commented by あやや at 2012-03-14 00:41 x
>minkさん
釧網本線、朝夕でさえ一時間に一本しかないですから、
撮影はたいへんです。
この時は、上りと下りが、たまたまそんなに時間があかずに走ってきたんです。
それでも、流氷の海辺に立っての撮影でしたから、
半端でない寒さでした。物好きとしかいいようがないですよね(笑)


Commented by あやや at 2012-03-14 00:48 x
>EXTRAさん
こんばんは~
このときは、レンタカーで動きながらの撮影でした。
釧網線は、一時間に一本しかありませんから、
撮リ鉄と乗り鉄の両立は無理ですね。

>この感性を見習わなければと思います。
私こそEXTRAさんの真摯な撮影姿勢を見習わなければと思いつつ、
いつもいきあたりばったりの撮影で・・・
この時も流氷の浜辺に立って、流氷の夕景を撮りつつ、
踏み切りの警報音が聞こえたら、振り向いて列車を撮る・・・
というようなアバウトさでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 震災から一年たった日に      白の静謐 >>