ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 07日

白の静謐

b0133447_2024350.jpg


快晴の屈斜路湖を後にして、再びオホーツクへと向かったら、
あっという間に、降りしきる雪に取り巻かれてしまいました。


白い静謐な風景が延々と続く中、
私はそれを味わうように、ゆっくり車を走らせました。
・・・って、視界がロクにきかないから、ゆっくり走るしかなかったんですが(笑)




撮影:2月18日   清里町
PENTAX K-r + PENTAX DA 17-70/4
[PR]

by ayaya55a | 2012-03-07 23:58 | 道東 | Comments(8)
Commented by ゆう at 2012-03-08 06:38 x
雪に取り巻かれるという表現がぴったりですね~
視界が効かない中の一人旅は冒険ですね。
冒険だからこそこんな景色を独り占めなんですね~
Commented by mink330 at 2012-03-08 09:23
こういう風景、なんだか郷愁をそそるような・・
雪国の原点ですね。
車を止めて撮るのが偉い!
止めずにはいられないあややさん。
Commented by EXTRA at 2012-03-08 12:17 x
こんにちは。

白鳥の湖、白く輝く木々と青い空いい景色ですね。

この日は、吹雪で白くかすんでいますね。
吐く息が、この白い空気の中に溶け込んでしまうのでは。

>視界がロクにきかないから、ゆっくり走るしかなかったん
ですが(笑)

先日の青森でも視界がきかない時がありましたよ。

視界が聞く時は、60~70KMで走りました。

(^o^)




Commented by pcmimiko0207 at 2012-03-08 22:33
同じ日本の風景とは、とても思えない!
こんな中にいたら、なんとしよう・・・小さく息をして目を細め道を確認しながらゆっくりと。。。。
生き物の気配が感じられない、ただ白く続く道
どこかに雪の女王がひそんでいそうな気配がして。。。
振り返らずに、まっすぐ前を見ていよう
あらっ!一瞬、自分がここにいる感じになりました(^^♪
Commented by あやや at 2012-03-09 21:39 x
>ゆうさん

>雪に取り巻かれるという表現がぴったりですね~
日本語の使い方としては正確ではないかも知れませんが、
雪国で暮らしていると、こういう状況が多々あるんですよね~

>視界が効かない中の一人旅は冒険ですね。
冒険とか、そんなたいしたものじゃありません、
ただの怖いもの知らずです(笑)
Commented by あやや at 2012-03-09 21:42 x
>minkさん
こういう風景って、ザ・北海道とでも言いたくなりますよね。

>車を止めて撮るのが偉い!
吹雪いたら吹雪いたで、何か手土産の一つでも・・・という根性です(笑)
Commented by あやや at 2012-03-09 21:52 x
>EXTRAさん
こんばんは~
この日は少し場所を移動したら、快晴からこんな雪・・・
ある意味かえって楽しめました。

青森でも雪にけっこう降られたようですね。
普段雪のない所に住む方が運転するのは、さぞたいへんだったでしょうね。
視界がきく時、私は何キロで運転するかは・・・
ここには書けません(笑)
Commented by あやや at 2012-03-09 21:56 x
>pcmimikoさん
こういう風景、冬の北海道ではよく見る風景なんですよ。
ただ防風林があるというだけなんですが、私はなんとなく好きで。
一枚の写真からいろいろ想像を膨らませてくださって・・・
そういう見方をしていただけるのは、撮り手冥利につきます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 流氷の駅      凍てつく湖で >>