2012年 02月 28日

心伸びやかに

1
b0133447_20261460.jpg

流氷帯が白く輝く網走の海。
申し分のない快晴に恵まれ、海沿いの道を走るのは、爽快そのものです。

2
b0133447_2017172.jpg

能収岬に立ったら、入り江が流氷で埋め尽くされてました。
微動だにしない海。
こんなに明るいのに、しんと静かで、
風を受けて立つ自分が、なんとも心もとない存在に感じます。


3
b0133447_20173796.jpg



4
b0133447_20444684.jpg


5
b0133447_20204329.jpg

海へと続いているのは鹿の足跡。

6
b0133447_2037858.jpg



7
b0133447_20293184.jpg

こんなにも厳しくて、それでいて、おおらかな豊かさで迎えてくれる流氷の海。
私は流氷の海に立つと、ほんとうに心が伸びやかになれます。





撮影:2月17日   1~5枚目 網走市、  6、7枚目  斜里町 ウトロ
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4
[PR]

by ayaya55a | 2012-02-28 21:03 | 道東 | Comments(10)
Commented by いちぼく at 2012-02-28 23:01 x
こんばんわぁ
オホーツクの海、流氷が壮観ですね!
道東には心を引き付ける力があるんですね~
冷たい風で身は引き締まるのでしょうけれど、心は解き放たれるんでしょうね^^
おおらかな気分が伝わってきました☆
ほんとうに雄大で魅力的な風景です^^
Commented by ゆう at 2012-02-28 23:43 x
道東は雪が少ないイメージでしたが、バス停をみるとかなりですね。
みっしりと埋め尽くされている流氷すごいですね~
陸と間違えてもおかしく無いですね。
こちらの寒さ程度で縮こまっていちゃダメだなーと思わされました^^;
Commented by ainosato at 2012-02-29 06:39 x
オホーッタ団地かと思ったw
いいですね。バス停。これはつい写したくなりますね。

鹿もいい位置にいて、うらやましい。しかも立派なオスw
海側に居る鹿を探しましたが、私は一度も出会えませんでした。
Commented by pcmimiko0207 at 2012-02-29 09:16
すごいなぁ~青空に流氷の白さが輝いていますね(*^^)v
どんなにか冷たい風が吹き付けて、凍えてしまいそうな海に立ち・・・
ほんとうに心が伸びやかになれる。。。と感じるあややさん!
やはり、実際に体験しないとわからない気持ちだなぁ(*_*;
立派な角の鹿君も流氷を見に来たのかな(^^♪
Commented by mink330 at 2012-02-29 09:33
あややさん、おはようございます。
流氷目指しての旅、恋人に出会えたような気持ちでしょう?
十分心をとき放して、これからの活力を得ましたね。

実は石勝線が不通になった時、心配していたのですが、
すでに通り過ぎた後だったのですね。
よかった~。
どうも冬のJRは不安が付きまといます。
でも冬にしか会えない流氷との再会。いい旅でしたね。
Commented by あやや at 2012-02-29 21:26 x
>いちぼくさん
こんばんは~
流氷がびっしり接岸した海というのは、ほんとうに独特の迫力があって、
見るたびに圧倒されますね。
今回の流氷の旅は、天候に恵まれたこともあって、
ほんとうに気持ちのいいものでした。
その爽快さがお伝えできたようで嬉しいです。


Commented by あやや at 2012-02-29 21:39 x
>ゆうさん
今年の北海道は、局地的に大雪が降りましたが、
このオホーツク沿岸も、例年よりかなり雪が多かったようです。

>陸と間違えてもおかしく無いですね
写真の上では、陸と区別がつかない流氷野は悩みのタネでもあります(笑)

>こちらの寒さ程度で縮こまっていちゃダメだなーと思わされました
でも、そちらはそちらで寒く感じますよね~
雪のない冬特有の寒さというか・・・
Commented by あやや at 2012-02-29 21:44 x
>ainosatoさん
このバス停、流氷に日本一近いバス停じゃないかと思います(笑)

この鹿、よかったです。流氷をバックに一頭・・・というのであれば、
やっぱりこんな牡鹿がサマになります。
鹿は道東にはイヤとういうほどいますが、案外こういうシーンはないですよね。
Commented by あやや at 2012-02-29 21:56 x
>pcmimikoさん
この日は快晴に恵まれて、ほんとうに何処へ行っても青と白の世界でした。
気温は低くとも、その爽快感でほんとうに晴れやかな気持ちになれました。

>立派な角の鹿君も流氷を見に来たのかな(^^♪
それがですね、雪の下の草を黙々と食べ続けてばかり、
時折顔を上げるときを狙って撮ったものです。
この時期の鹿は雪を掘って草を食べてばかりいます。
冬を生き延びることに、まさに命がけなんでしょうね。
Commented by あやや at 2012-02-29 22:05 x
>minkさん

>流氷目指しての旅、恋人に出会えたような気持ちでしょう?
はい、別れた後も、すぐまた会いに飛んで行きたくて・・・(笑)
ここを我慢するのが大変です。

石勝線の事故、きわどいタイミングでセーフ。
minkさんも復活後のツアーで、お互い免れてよかったですよね。
JRにしろ車にしろ、冬の北海道は、交通障害ばかりはどうにもなりませんしね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 氷海の落日      冬の列車旅 >>