2011年 09月 03日

湿原遊び


b0133447_20412627.jpg

もう秋めいてきましたが、7月の道東の写真でまだアップしていなかったものを少し。
これはコッタロ展望台から望んだ湿原です。

何があるというわけでもなく、ただあるがままの自然が広がっているだけ。
人工物はいっさいなし。
そういう湿原とか原野に、なぜか私はとてもひかれるのです。



b0133447_2044964.jpg

ゆったりと蛇行する釧路川。
この日はどんよりと重く曇っていてたのですが、
それだけに空や川の表情が、とても繊細に感じられました。
まぁそれを写真に表すのは至難の技なんですが(笑)



b0133447_20415114.jpg

何でも受け止めてくれる湿原に、何にも考えず、ただ、居る。
自分も自然の一部なんだなと、理屈でなく感じます。
そういう時間が、私には必要なんですね、きっと。



b0133447_20422071.jpg

つい、ちょっと奥まで踏み入って、シダの中に迷い込んだりなど、プチ探検気分も(笑)



b0133447_20442856.jpg

道東の夏の花、エゾノコギリソウ。



b0133447_20423562.jpg

これはカラフトイバラでしょうか。
湿原の短い夏に咲く、何とも愛らしい花たちでした。








撮影:7月6日     標茶町 コッタロ湿原
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4、PENTAX FA 77/1.8Limited
[PR]

by ayaya55a | 2011-09-03 21:27 | 道東 | Comments(4)
Commented by いちぼく at 2011-09-03 23:41 x
こんばんわぁ
広々とした湿原、人工物がなにもない世界。。
大昔からこの風景は存在してたんでしょうね~
自然に還ろうという本能が、惹かれる理由なんでしょうか☆彡
ゆったりした川の流れもいいですね
プチ探検も楽しそう^^
Commented by EXTRA at 2011-09-04 00:03 x
こんばんは。

コッタロ展望台から望んだ湿原、釧路湿原が一望できる所なんですね。

沼地の水面が鏡のようになっていて、雲が写っていますね。
北海道でしか見られない景色、大自然の美しさ。


川もゆったりと流れているようですね。
得意のカヌーで散歩できればまた楽しいのでしょうね。
でも、国立公園内は、勝手に出来ないでしょうね。

心穏やかになれる写真、惹かれます。



(^o^)


Commented by あやや at 2011-09-05 00:02 x
>いちぼくさん
こんばんは~
人の手がここまで加わってない自然は、
北海道でもそうそうはありません。
私がDNAレベルでひかれるのは、
私の野生がそれだけ強いからなんでしょうか?(笑)
Commented by あやや at 2011-09-05 00:07 x
>EXTRAさん
こんばんは~
このコッタロ展望台からは、釧路湿原の西側が、
一番有名な細岡展望台からは、東側が一望できます。
どとらもおすすめです。

>国立公園内は、勝手に出来ないでしょうね
それが、カヌー出来るんですよ。
この時もしたかったんですが、時間が取れませんでした。
いつか、カヌーの上から釧路川と釧網線をからめて撮りたい・・・
などど目論んでいます(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 萩、揺れて      真夏の根室本線 >>