「ほっ」と。キャンペーン
2011年 05月 21日

東日本大震災ボランティアを経験して     その7

b0133447_21285484.jpg

生まれて初めて記者会見で取材されるということを経験しました。
テーブルの上には各人のカンペが・・・(笑)




b0133447_2130914.jpg
b0133447_21335257.jpg


向かって左から2番目が私です。
ハイ、私ひとりが激しく平均年齢を引き上げております・・・(笑)


記者会見といってもささやかなものでしたが、今日の朝日新聞朝刊の道内面に掲載され、
札幌震災TVではネット中継もされました。
関心を持って報道していただけてありがたかったです。


紙面には載らなかったことでどうしてもお伝えしたいこと。
それは記者会見の最後にGクンが言ったことです。

「昨日(会見の前日)ボランティアセンターの人と電話で話して、
今、一番望んでいるのは何ですかと聞いたら、
被災した人間のことをどうか忘れないで下さい・・・そういう答えでした」







今回、私たちが震災ボランティアで経験したことを少しでも多くの方にお伝えするために、
報告会が開催されます。
 
    日時:5月26日 19時~21時
    場所:札幌エルプラザ (札幌市中央区北8西3)
        2F むすびばコーナー前のフリースペース


また、GWのに時期に、むすびばのコーデュネートで私たち一般ボランティアチームの他にも、
大工さんチーム、気功チームが相前後して派遣されました。
それぞれ建物の修復をしたり、避難所の皆さんを癒されたりということをしたのですが、
その報告も合わせて行なわれます。
これは私も報告を聞くのが楽しみなんですよね。

震災ボランティアに興味をお持ちの一人でも多くの方にお越しいただいて、
次の支援に繋げていけたらいいなと思っています。
[PR]

by ayaya55a | 2011-05-21 22:34 | 東日本大震災ボランティア | Comments(12)
Commented by EXTRA at 2011-05-21 23:52 x
こんばんは。

>向かって左から2番目が私です。
 ハイ、私ひとりが激しく平均年齢を引き上げております・・・(笑)

また一つ、震災の現状について皆さんに報告できる場が出来たんですね。
一つのきっかけが、次々と大きくなっていきますね。
皆さんの心がけが、大きくなっていくことは、良いことです。

>記者会見の最後にGクンが言ったことです。
「被災した人間のことをどうか忘れないで下さい。」

まだ始まったばかり、1ヶ月、2ヶ月では元に戻りません。
これから、5年、10年それ以上 長い支援が大事です。

皆さんに、こうして報告できる場が出来たことはすばらしいと思います。


(^o^)

Commented by 摩耶 at 2011-05-22 01:16 x
慣れない記者会見お疲れ様でした。 
 
二ヶ月あまりの間 様々な人が未曾有の規模だけに戸惑い、支援の仕方を模索していることだと思います。 新聞の報道では伝わりきれないこともあると思いますので、このような記事や報告会などを機に、それぞれの人が無理せず自身に出来ることや方向性を見いだせるといいですね。 

>「被災した人間のことをどうか忘れないで下さい」
東北が復興するまで 私も肝に銘じ、模索し続けていこうと思います。

ところでお姉様、いいのですか?顔出しなんて・・・。 
Commented by mink330 at 2011-05-22 06:58
あややさん、おはようございます。
記者会見、緊張しましたか?

ボランティアといい、記者会見といい新しい貴重な
体験を重ねられましたね。

これから一段とまた前に向かって進んでいくあややさん
陰ながら応援していますよ。
Commented by ゆう at 2011-05-23 10:28 x
記者会見お疲れ様でした。
考えただけで、ドキドキ緊張します(笑)
今ではTVでも、原発のことが中心になってしまって、
他の被災地についての時間も少なくなっていますが、
このように、色々な所で取り上げてもらえると良いですよね。
まだまだ取り残されている被災地があることを、
ネットを徘徊していて気付かされることも多々あり、反省する毎日です。

Commented by あやや at 2011-05-23 15:51 x
>EXTRAさん
こんにちは~

>皆さんに、こうして報告できる場が出来たことはすばらしいと思います。
ありがとうございます。
ボランティアそのものは、自分がそうしたいからする、
という発想でしたし、それでいいと思うんです。
それが、マスコミで注目されたり、報告の場が与えられたりして、
だんだん枝葉が広がってきました。
自分の経験を次につながることが出来るように、できるだけのことはしたいです。

Commented by あやや at 2011-05-23 16:03 x
>摩耶さん
ありがとうございます。

>ところでお姉様、いいのですか?顔出しなんて・・・。 
ご心配いただいて恐縮です。
記者会見や報告会をするということは、
それだけ世に向けてお伝えしたいことがあるということ。
この期に及んで顔にモザイクでは、
伝えたいことも伝わらないのではと思ってのことです。
もっとも、新聞写真はそれほど鮮明ではなく、
知らない人が見ればわからないのでは。シワも写ってませんし(笑)
Commented by あやや at 2011-05-23 16:09 x
>minkさん
こんにちは~
記者会見といっても、そんなに仰々しいものではなく、
特に緊張してたつもりはなかったのですが、
後で動画を見てみたらかなり早口でしゃべっていたので、
やはりそれなりに緊張していたのでしょうね。

>陰ながら応援していますよ
いつも見守って下さって、ほんとうにありがとうございます。
Commented by あやや at 2011-05-23 16:15 x
>ゆうさん
それが、そんなにドキドキするなんてことはなかったんですよ。
やっぱりずうずうしいんでしょうか、私(笑)

被災地の状況も、ニーズも日々刻々と変化をしているのだと思います。
私たちも、いつも心のどこかに被災された方のことを思う気持ちがあれば、
おのずと何かが変わってくるような気がします。


Commented by tonkoid at 2011-05-24 18:50
mink33さんのつながりではじめてコメントさせていただきます。

以前から時々お邪魔させていただき陰ながら素晴らしい画像に感嘆しておりました。
このたびはボランティアで大の活躍なさったご様子に頭が下がりました。
涙ながら読ませていただきました。
被災者の方がたに直接かかわり、現場に行かれた方は、その壮絶さに圧倒されたと思います。
私は気持ちばかり先走っており家にこもって何の力にもなれずただ祈ることしか出来ませんでした。
まわりの体力ある方達は(教会関係)大部分参加して、お話や写真などを発表されておりました。
ここ福島は放射能で連日頭がいっぱいです。
浜のほうは、ボランティアも入れず、とても惨めな様子です。

避難民を受け入れて、しばらくして今度はその人たちといっしょに避難民してと福島を脱出する羽目になってしまいました。

今は3月11日の前となんら変わらぬまわりの風景ですが、ほんとはすっかり変わってしまいました。

mink33さんには たくさんの励ましをいただきました。
あややさんとはじめてなのに、こんなに長いコメントで失礼しました。

本当にボランティヤありがとうございました。
Commented by cox-orange at 2011-05-24 18:59
ご報告ありがとうございました。
きっかけから行動へ、そして報告まで「こういう流れだった」ということがよくわかりました。
私もいろいろと考えるきっかけをいただきましたし、そう思われた方は
少なくないのではないでしょうか。。。

いろいろなことに繋がっていくといいですね。

Commented by あやや at 2011-05-26 01:07 x
>tonkoidさん
初めまして、コメントありがとうございます。
お越しいただいて大変光栄です。

実は私もminkさんつながりで、時々拝見させて頂いており、
敬虔で清廉なお暮らしぶりに感服していました。
それが3・11以降、拝見するたびに、ほんとうに胸が痛んで・・・

日本中どこでも、福島のようなことは起こりうるわけですから、、
ほんとうに他人事ではありません。
皆が真剣に対応していかなくてはと思います。

私も、ボランティアを通じて、深く教えられたこと、
自分の中で変わっていくだろうと思えることがありました。
それらを、ブログで表現するのはむずかしいのですが、
これからの自分の生き方で表せばいいかなと思っています。

どうかお身体をご自愛されてお過ごし下さい。
遠くにいる私たちも、心は常にともにあります。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


Commented by あやや at 2011-05-26 01:20 x
>cox-orangeさん
なんだか取り合えずこういうことをしたという、
経過報告のようになってしまいましたが、
今回の経験は、自分の中で一度深く落としてからでないと、
自分でもどう表現していいかわからないようなことばかりで・・・

ただ、行ってほんとうによかった・・・そのことははっきり言えます。




名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< いつもの森で      東日本大震災ボランティアを経験... >>