ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 24日

プユニ岬で



b0133447_22575959.jpg




b0133447_22595757.jpg



雪が止み、流氷をはらんだ海が穏やかに暮れて行ったあの日。
厳しい冬の最中だったのに、春は確かに近づいているんだなと感じたものでした。







撮影:2月16日      斜里町 プユニ岬
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4、PENTAX FA 50/1.4
[PR]

by ayaya55a | 2011-03-24 22:58 | 道東 | Comments(4)
Commented by EXTRA at 2011-03-24 23:34 x
こんばんは。

水平線の向こうに、沈む太陽がちょっと見えます。
静かな波間に、夕日が写り暮れて行く。

静かなときの流れを感じます。

自然は、時に静かに、時に牙を向きます。

今回は、北海道から関東地方まで被害がでています。

今まで過ごした景色が、復活することを願います。






Commented by mink330 at 2011-03-25 18:55
あややさん、こんばんは!
またまたエキサイトの不具合です。
写真が見られません。
困ったものですね~
Commented by あやや at 2011-03-25 22:26 x
>EXTRAさん
こんばんは~
この日は、雪が降りしきった後に訪れた、穏やかな夕景でしたが、
氷の合間の海面が染まる様子が心に残りました。

>自然は、時に静かに、時に牙を向きます。
ほんとうにそうですね。
私はこの同じ流氷の海が、荒々しく波打つ様子も撮ったのですが、
今、それを正視することはちょっと出来ません。
自然に対する畏怖というものを、あらためて感じています。

Commented by あやや at 2011-03-25 22:30 x
>minkさん
こんばんは。
ほんとうに、このところエキサイトの不具合が続きますね。
私なんか、いつも自分のパソコンの不具合かと思って、ドキッとします(笑)
復活したら、またぜひ写真見て下さい~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 冬と春のせめぎ合い      気持ちはともに >>