2010年 12月 08日

トドワラ  その4


b0133447_15385728.jpg

こんな荒漠の中にひとりでいたにもかかわらず、心のありようは不思議に暗くはなりませんでした。
のどかな小春日和だったおかげでしょうか。




b0133447_15491917.jpg





b0133447_15395465.jpg




b0133447_15553578.jpg

闇の中では見えなかった彩りに、つい目がいきます。
乾いたマコモの中に点在するのはサンゴソウ。



b0133447_15545784.jpg

トドワラからネイチャーセンターへ戻る時、今来た道を振り返ると、
それはあまりにあっけらかんと明るくて・・・
この同じ場所で、闇に包まれ自然への畏怖におののいた夜が嘘のようでした。



b0133447_15504169.jpg

広大な湿地の中でたった一輪咲いていた、季節外れのハマナス。
これを見て、なんだか心底ホッとしたような気持ちになったものです。



トドワラの光景を見て感じた思いは、実は後になってからの方がズンと胸にこたえています。
ひとつの自然が滅び、移り変わろうとする様にリアルに立ち会ったこと。
そのことで、ある種の諦観のようなものが、静かに心に沁みていくという感じなのです。

おそらく訪れるたびに違う顔を見せてくれるであろうトドワラ。
また季節を変えて訪れてみたいなと思わせる場所でした。






撮影:10月31日   標津町
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4、TAMRON SP AF Di 90/2.8 MACRO
[PR]

by ayaya55a | 2010-12-08 17:48 | 道東 | Comments(6)
Commented by EXTRA at 2010-12-08 23:40 x
こんばんは。

1枚目の写真を見ると、前日の夕暮れとは対照的に暖かいイメージ
が感じられます。  青空に浮かぶ白い雲のせいでしょうか。

4枚目、乾いたマコモの中に点在するのはサンゴソウ。

海の中にいる珊瑚に見立てているのでしょうね。
枯野に、赤いサンゴソウ こちらでは見かけません。

限定品ですか?   (笑)


>トドワラからネイチャーセンターへ戻る時、今来た道を
 振り返ると、

これまた、一直線の道。地平線がまわるく見える?

気のせいですか。

昼間なら、迷いませんね。

(^o^)




Commented by ハリー at 2010-12-09 22:23 x
>こんな荒漠の中にひとりでいたにもかかわらず、心のありようは不思議に暗くはなりませんでした。
のどかな小春日和だったおかげでしょうか。

それだけじゃないかも。。。
自然に侵された自然であって、また自然の力で再生しようとしている。
あややさんの写真から、そんな印象を受けます。

人間が手を加えてはいけないものなんだろうね。

「トドワラ その3」の写真もそうだけれど、
あややさんは広角レンズの使い方が上手だね!
Commented by ポンママ at 2010-12-10 17:57 x
私は今年はじめて野付半島にいきました
前日ロケハンということでいったのですが黄金色のススキが
綺麗で感激でした  しかし三脚も飛ばされそうな風@@;
トドワラには早朝に・・・・誰もいなくて娘と二人でトボトボ歩いて・・・
なんか木々が少なくて想像と違いました
お天気が悪かったのでほんとに木々の墓場って感じで
悲しい気持ちになりました
自然のすごさを感じました
すごいですねー  流氷をみに一人で運転していったんですか?
一人で遠出できるように来年は・・って思ってるんですがねー
Commented by あやや at 2010-12-10 23:56 x
>EXTRAさん
こんばんは~
この日は風もなく温かくて、ポカーンと広い中にいる・・・という感じでした。
気候や時間帯によって、こんなにも雰囲気が違うのかと戸惑いました。

>枯野に、赤いサンゴソウ こちらでは見かけません。
サンゴソウはアッケシソウとも言って、オホーツク沿岸でよく見られる植物です。
残念ながら限定品ではなく(笑)、南限は四国あたりらしいですが、
私も本州では見かけたことはなかったですね。

一直線の道・・・
撮る時どう撮れば絵になるか悩み、結局ただ見たまま撮っただけという(笑)、
ひたすら真っ直ぐな一本道でした。
ここは道はこれしかないので、昼でも夜でもぜったい迷いません。
うっかり者の私ですが、それだけは安心していられました(笑)


Commented by あやや at 2010-12-11 00:03 x
>ハリーさん

>自然に侵された自然であって、また自然の力で再生しようとしている
>人間が手を加えてはいけないものなんだろうね
そうなんですよね~、
これも大きな流れの中にある凛とした自然の姿で、
荒獏と感じるのはむしろ人間の傲慢さかも。

広角レンズを使いこなすのは難しいですね。
私はまだ広いところをただ広く写すばかりで・・・
効果的な広角の使い方が、これからの課題です。
Commented by あやや at 2010-12-11 00:12 x
>ポンママさん
ポンママさんもですか、
私も野付半島はこれが初めてだったんですよ。
トドワラは季節や天候で、まったく違う様相を見せてくれるようですね。
秋の悪天候の日なら、確かに暗くてもの悲しい印象になりそう・・・

>流氷をみに一人で運転していったんですか?
真冬はさすがに長距離運転に自信がなく、
網走までJR、そこからレンタカーでした。
コストはかかりますが、なんといっても疲労度が少なくてすみました。
一人だとマイペースで行動できるのが何よりです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< クリスマスを待つお菓子   ベ...      トドワラ その3   浸食の大地で >>