2010年 12月 05日

トドワラ その2


b0133447_22565187.jpg

トドワラで日が落ちました。




b0133447_22572648.jpg

こんな夕空の日は、日没後の10分か15分くらいの間が、一番空が色づくんですよね。
経験でそれを知っていた私は、この時もそのままその場に佇んでいました。





b0133447_2324317.jpg





b0133447_2331545.jpg





b0133447_2335251.jpg

野付湾をはさんで、尾岱沼の港の明かりがともり始めました。
もう、宿に向かわないと・・・



b0133447_2345644.jpg

みるみるうちに暗くなってしない、もうまともに写真を撮れるような明るさではなかったのですが、
何か後ろ髪引かれて撮らずにはいられなくて・・・

そしてネイチャーセンターへ戻る時はもう、真っ暗、人工照明いっさい無し。
携帯していたミニライトで足元を照らしながら、広大な湿地の中をひとり歩いたのですが、
暗闇ってこんなにも怖いものだったのかと思い知りました。
自然に対する畏れが素直に沸いてきた、あの時の感情は忘れられません。

でも不思議に、何かひきつけられるものを感じた私は、
野付を去る日の朝にも再びここを訪れました。
その時のトドワラはまったく違う表情を見せてくれることに・・・





撮影:10月29日   標津町
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4
            TAMRON SP AF Di 90/2.8 MACRO
            PENTAX FA 50/1.4
[PR]

by ayaya55a | 2010-12-05 23:50 | 道東 | Comments(16)
Commented by mink330 at 2010-12-06 07:02
あややさん、おはようございます。
暖かな日が続きますね。

日が落ちてから徐々に暗くなって
港の明かりがつくまでのわずかな時間、トドワラの風景を
独り占めですね~
最後の写真、立ち去りがたいあややさんの気持ちが
込められていますね。
Commented by cornet-1209 at 2010-12-06 08:49
幻想的な雰囲気ですね。
何だか影絵のよう・・・
去りがたい気持ちになるのもうなずけます。

この時季、お忙しいようですが
お体に気をつけてくださいね!
(クリスマス菓子、賀正菓子楽しみにしています♪)
Commented by ゆう at 2010-12-06 15:54 x
遭難しなくて何よりでした(>_<)
ペンライトのおかげで、こんな素晴らしい情景を見せていただいて・・・
朝のトドワラも楽しみにしていますが、お忙しそうで無理なさいませんように。
Commented by pana at 2010-12-06 19:41 x
こんにちは。
トドワラの夕暮れ、素敵ですね。
でもでも、怖くなかったですかヽ(*゜∀゜)ノ
自然の静寂って、押しつぶされそうな感じがして、
闇も深いですよね。
5の写真、こういう瞬間にここにいるって、素晴らしいです。
朝のトドワラ、楽しみにしています(^O^)
Commented by HAZET-LIFE at 2010-12-06 19:45
ドラマチックな夕景ですね~♪

続編を楽しみにしていまぁす(^^)/
Commented by toshi at 2010-12-06 23:23 x
こんばんは。
野付へ行かれんですね。
ここの暮れ行く空とってもきれいですよね
一度見てからこの場所はお気に入りとなりました

今年は行けなかったので
写真楽しませてもらってますよ。。。
Commented by EXTRA at 2010-12-06 23:49 x
こんばんは。

トドワラの落日、日が落ちていく様子がよくわかり感動的な出会い
ですね。

野付湾をはさんで、尾岱沼の港の明かりがともり始め
明かりが きらきらと揺らめく景色、一緒に眺めて見たかった
なーーあー。 (笑)

>ネイチャーセンターへ戻る時はもう、真っ暗、人工照明
いっさい無し。

闇夜にからす状態、ミニライトで照らしながら歩く様子が
良くわかります。

(^o^)





Commented by ハリー at 2010-12-07 00:23 x
日没後のこの素晴らしい色づき、僕も今年この目に…いや、この身体に焼き付けました。
あややさんの写真もとっても美しい色が出ている!
後ろ髪惹かれるよね~

自然の畏れ、僕も学生時代に旭川のキャンプ場で経験しました。
真っ暗になって到着したキャンプ場は僕ただ一人。
即テントを張って中に入ってからは、朝まで一切外に出られませんでした。
草の音がカサカサと鳴り出したときには、息を潜めたのを今でも忘れません。

朝のトドワラ、楽しみだな。
Commented by あやや at 2010-12-07 23:44 x
>minkさん
こんばんは~
今日は少し雪が降りましたが、それほど寒くはなりませんでしたね。

道東は札幌より日の出も日の入りもかなり早く、
この時の撮影も、何だか後手後手にまわっていました。
いつの間にかとっぷりと日が暮れてしまったという感じで・・・
旅行中、トドワラには2回行って、2回とも人っ子一人いませんでした。
ここは一人だと、ズンと胸にこたえるものがありますね。

Commented by あやや at 2010-12-07 23:53 x
>cornetさん

>何だか影絵のよう・・・
そうなんですよ、
もうこの時間は木々のシルエットしか見えず、足元も暗く、
木道から落ちたらシャレにならないなとビクつきながらの撮影でした(笑)

>お体に気をつけてくださいね!
ありがとうございます、忙しくても好きなことをやっているので充実しています。
cornetさんのお菓子も楽しみにしていますね~
Commented by あやや at 2010-12-08 00:07 x
>ゆうさん
道そのものはトドワラからネイチャーセンターまで一本道なので、
迷う心配はありませんでしたが、
とにかく真っ暗だったので、果てしなく遠く感じました。
ゆうさんにもペンライトを常に携帯することをお勧めはしますが、
それが役に立つような状況にならないことが一番ですよね(笑)
Commented by あやや at 2010-12-08 00:20 x
>panaさん
こんばんは~
そりゃとっても怖かったですよ~
真っ暗な中トボトボ歩いている自分が、すごく非力な小さな動物に思えました。
自然への畏怖ってこういうことかと、理屈でなく感じましたね。

>5の写真、こういう瞬間にここにいるって、素晴らしいです
ありがとうございます。
尾岱沼の明かりのゆらめきがあまりに美しくて、ここを離れられませんでした。
こんな時間までここにいることは、お勧めできませんが(笑)
Commented by あやや at 2010-12-08 00:25 x
>HAZET-LIFEさん
ドラマティックなのはこの時間帯だけが持つ、自然の妙のおかげですね。
朝は、荒れ野の光景をどう切り取るか苦労しました。
難しくて思うように撮れませんでしたが、雰囲気だけでもご覧になって下さいね。
Commented by あやや at 2010-12-08 00:41 x
>toshiさん
この場所は特異な景観として知られているようですが、
実際に見てみると、ちょっと切ないような雰囲気がありますね。
私も季節を変えてまた訪れてみたいと思うほど、好きな場所になりました。
私の方こそ、ここしばらく東京へ行ってないので、
toshiさんのところで楽しませていただいてます。
Commented by あやや at 2010-12-08 00:52 x
>EXTRAさん
こんばんは~
トドワラはちょっと他にはない光景なので、
一度見るというか、感じてみたかったんですよね。

>明かりが きらきらと揺らめく景色、一緒に眺めて見たかった
なーーあー。 (笑)
EXTRAさんとだったら、
遠くの明かりが、列車の車窓の明かりのように見えてしまいそうですね(笑)

ミニライトをかざしながら荒野をトボトボ歩く姿・・・
我ながら情けない姿だったと思います(笑)
Commented by あやや at 2010-12-08 01:00 x
>ハリーさん
ハリーさんも海でのとても美しい夕景を撮ってらっしゃいましたよね。
身体に焼き付ける・・・私もまさにそんな感じでした。
言葉で上手く表せないけれど、今でもちゃんと身体のどこかにインプットされてる感じで。

>草の音がカサカサと鳴り出したときには、息を潜めたのを今でも忘れません。
うわ、想像するだけで私まで息をひそめちゃいますよ。
暗闇の中での自然への畏怖・・・
都会生活をしていたら、ぜったい味わえない感情ですよね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< トドワラ その3   浸食の大地で      トドワラ その1 >>