ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 15日

命を繋ぐ川


b0133447_071165.jpg

山並みを遠くに望む川。
川べりのススキがゆったりと夕風に揺れる中、ふと橋から川を見下ろすと・・・


b0133447_08383.jpg

あれは鮭?!
こんなところにまで遡上しているなんて・・・驚きました。


b0133447_082628.jpg

少し下流の方に行ってみたら、やっぱりいました、「ほっちゃれ」が。
産卵後のよれよれになった鮭を北海道では「ほっちゃれ」と呼び慣わします。
遡上する鮭というと銀色に光って飛び跳ねる姿を連想しますが、
ほっちゃれは鱗も落ち、赤い虎目模様が浮いています。
もう動きも鈍くて、見るからに精魂使い果たしたという感じ。



b0133447_085157.jpg

力尽きたほっちゃれ。
私はこういう鮭の姿を初めて見たのですが、
命を次の世代に繋ぐという、生き物として一番大切な仕事を終えたその姿に、
痛ましさよりは、むしろ堂々としたものを感じました。




b0133447_09311.jpg

力の限り生きて、命を繋いで、静かに自然に帰っていく・・・
なんとまっとうな生き方であることか。
私もある意味ほっちゃれではありますが(笑)、
何だか、しんと力づけられたような気持ちになった川の光景でした。





撮影:10月14日     仁木町 
PENTAX K-7 + PENTAX DA 17-70/4、
            TAMRON SP AF Di 90/2.8 MACRO
            TAMRON AF 70-300/4-5.6
[PR]

by ayaya55a | 2010-10-15 18:13 | 自然 | Comments(8)
Commented by EXTRA at 2010-10-15 23:54 x
こんばんは。

川辺にススキ、秋の雰囲気ぴったりですね。

川には、鮭が産卵の為 上ってくる景色は、やはり北海道らしい。

夕日が川面に反射してオレンジ色に輝く景色、

流石、あややさんですね。


(^o^)




Commented by ちん at 2010-10-16 09:41 x
死に絶えた後も川の生物や鳥達の食料に。

輪廻転生 北海度の秋も深まるいっぽうです。

今日あたりイクラと鮭が登って行くと思います。

Commented by mink330 at 2010-10-16 14:54
ほっちゃれの姿、哀れですが、あややさんの言う通り、
どこかで誰かの役に立っているものなんですね。

この世の中に役に立たない者などないと私は信じています。

最近夕日がきれいですね。
夕日=あややさん…笑
なかなか夕日の写真が撮れません(苦)
Commented by あやや at 2010-10-17 01:01 x
>EXTRAさん
こんばんは~
実はここ、SLニセコ号のロケハンというか、
撮影場所にどうかなと車から降りてみた場所だったんです(笑)
木が邪魔で鉄撮りにはダメでしたが、川に鮭がいてびっくりしました。
こんな山の近くの川なのに。
川の夕暮れは、それはそれは静かで、しんとした気持ちになりました。

Commented by あやや at 2010-10-17 01:11 x
>ちんさん
輪廻転生・・・
そうですよね、一度きりの人生じゃぜったい足りない~
あ、そういう意味じゃないか(笑)

礼文からすっごいサケとイクラが我が家に遡上しました。
感謝感激雨アラレ、ほんとうにありがとうございました!

Commented by あやや at 2010-10-17 01:21 x
>minkさん
ほっちゃれ、確かに哀れな姿ではありますが、
命果てる前にしっかり役目を果たしているということに、
なにか安堵感のようなものも感じます。

>夕日=あややさん…笑
晩御飯の支度を途中で放り出して、飛び出してばかりいるのがバレバレですね(笑)
確かに、朝日や夕日は大好きです。
日が真上にあると写真撮る気がしないくらい(笑)
Commented by ポンママ at 2010-10-28 17:47 x
あややさんの行動範囲も広いですねー
いいところですね
仁木町・・・果物のイメージしかないのですが
こーいうところもあるんですね
Commented by あやや at 2010-11-02 00:48 x
>ポンママさん
私も仁木町=果物でしたが、ちょっと視線をずらしたらこんな所も。
私、けっこういろいろな場所に行って撮っている方かも知れません。
自分から動いて、出会いや発見があるのが嬉しくて。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 秋の函館本線 と SLニセコ号...      てつ と 私 >>