ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 12日

てつ と 私

b0133447_2124062.jpg


この犬の名は「てつ」。
我が家から、駅とは反対方向に少しはなれたお家の飼い犬です。
私がこのお家の前を通るのは、車で郊外の方向へ行くときだけなので、
週に一度通るかどうかという程度なのですが、
通るたびにてつは元気かな?と気にとめて、時間がある時は車から降りてかまっていました。




b0133447_2126837.jpg

かなりの老犬だったけど、とても人懐っこく、
近寄ると嬉しそうにゆる~くシッポを振ってくれて・・・
上の2枚は2年ほど前のもの。
私が一眼レフを使うようになったばかりの頃撮ったものです。



b0133447_2145333.jpg

これは昨年の夏。 この頃からてつはめっきり老け込んで元気がなくなり、ちょっと心配していました。

でも、いつだったか車で通りかかったら、その時は女子高生がてつをかまっていたのですが、
あいつときたら後ろ足で立ち上がって女子高生に抱きついて、
もうシッポをビーッとちぎれんばかりの超高速で振って・・・(笑)
なんだ、元気じゃないか、と、ひとまず安心。




b0133447_21243224.jpg

これは今年の2月。
厳寒期は家に入ってしまうてつが、この日は珍しく外に出てうとうと昼寝をしていました。
明るい日差しの、暖かい冬晴れの日。
私はフィルムカメラを持って来て、遠くからそ~っと撮りました。
これが最後のてつの写真になってしまったのですが。



b0133447_21245691.jpg

春が来て夏になっても、てつは姿を見せてくれませんでした。
ここを通るたびに今日はいるかなぁと気になって、でも秋になってもやっぱりいなくて。
老衰したてつは、今年の酷暑を乗り切ることが出来なかったのです。

胸が塞がるような思いでここに立っていたら、てつのお家の方が、
「あの子は皆さんに愛されて、いっぱい写真も撮ってもらって、ほんとうにしあわせな犬でした」と、
それは穏やかな笑顔でおっしゃって下さって。

帰り道、運転しながら涙がポロリ。でも、不思議に温かな気持ちでした。
てつと私はそんな淡いつながりだったけど、こういう温かさを残してくれたてつとのことを、
いつまでも忘れないだろうと思うのです。
[PR]

by ayaya55a | 2010-10-12 23:15 | Comments(14)
Commented by EXTRA at 2010-10-12 23:23 x
こんばんは。

てつ。

人なつこくみんなに慕われていたんですね。

今年は、猛暑でからだにも悪かったのでしょう。

犬小屋に書かれた、絵が印象に残りました。

前々から撮られていた犬の笑顔。一枚目、とてもいいです。

それで、少し更新お休みしていたんですね。


(^o^)


Commented by みっふぃ~ at 2010-10-13 09:10 x
おはようございます。

朝から涙目になっちゃいました。(職場ですが・・・。)

一枚目の、人懐こい笑顔が心に残ります。

きっと皆の心にも・・・ねっ^^

Commented by mink330 at 2010-10-13 18:05
あややさん、サブを思い出してしまいました。
このてつとの出会い、よかったですね。

気にかけて写真を撮っていたあややさんはやっぱり
やさしい人なんですね。

最後のフィルムで撮った写真、すごく優しい満ち足りた顔してます。
きっと幸せな犬だったんでしょうね。
何歳ぐらいだったのでしょうか?
Commented by ハリー at 2010-10-13 23:40 x
とても淋しいけれど、あややさんも感じたように、温かい気持ちにさせてくれる話だね。

僕も、子供の頃可愛がって、毎日散歩に連れ出していた我が家の愛犬「わん太」のことを思い出したよ。
散歩途中に突然うずくまってしまって、抱きかかえて帰ったのが最後。
もう一緒に散歩に出ることはなかった。
今でも思い出すと辛いけど、「わん太」との思い出は一生の宝。
あややさんにとっての「てつ」もきっとそうだよね。

自分のことを話してしまってごめんね。でも、話したくなる状況を作ってくれて、ありがとう。
「わん太」の写真、あったかな…
Commented by cox-orange at 2010-10-14 04:26
ほわほわして可愛いワンちゃん(子供を持つと犬は皆ワンちゃんになる)だな、と思ったらそんなお話があったのですね。
動物にも性格やら愛嬌やらはしっかりあって、そういうところがちゃんと写真にも現れるんだなあ・・・なんて思いました。皆から可愛がられて、幸せな「てつ」君だったのだと思います。
Commented by ゆう at 2010-10-14 11:32 x
てつ君、みんなに可愛がられて幸せな犬生でしたね。
それにしても・・・
雪の中で日向ぼっこしてる穏やかなてつ君のお顔を見るにつけ
今年の酷暑を恨めしく思います。
わたしもてつ君の飼い主さんのように、見送れるようになりたいな・・・
Commented by cornet-1209 at 2010-10-15 09:12
可愛らしいワンちゃんですね。
胸がきゅっと苦しくなりました。
みなさんに可愛がられて幸せだったんでしょうね・・・
Commented by あやや at 2010-10-15 19:43 x
>EXTRAさん
こんばんは~
今年の夏は、北海道もこれまでにない暑さだったので、
年老いたてつには過酷なものだったのでしょうね。

この犬小屋は、このお宅のおじいちゃまが作ったものだそうです。
描かれた顔は、もちろんてつ。
一枚目、ありがとうございます。
てつは基本的にカメラがあまり好きではなかったので、
近くで撮るときは話しかけながら、ノーファインダー。
ピントが合っている数少ないアップ写真です(笑)

このところ、時間的にも精神的にも、落ち着いて撮影したりパソコンに向かう余裕がなく、
更新やコメントのお返事が遅れ気味で、申し訳ありません~


Commented by あやや at 2010-10-15 19:48 x
>みっふぃ~さん
こんばんは~
職場からのコメントありがとうございます(笑)
けっして湿っぽい話しではなく、しあわせなわんこの話しなんですけれどね。
それでもやっぱり別れはせつないもんです・・・
みっふぃ~さんにも、てつのいい表情を見てもらえてよかったです。

Commented by あやや at 2010-10-15 23:56 x
>minkさん
サブちゃんのこと、私はminkさんのブログで後になってから知りました。
可愛がっていた動物との別れは、いろいろな思いを残してくれますね。

>最後のフィルムで撮った写真、すごく優しい満ち足りた顔してます
てつをフィルムで撮ったのはこの時だけですが、
私の一番好きなてつの写真がこれなんです。
これを見ていると、あの日のてつとの触れ合いがよみがえります。
てつは15歳だったそうです。
人間だと70~80歳くらいでしょうか。

Commented by あやや at 2010-10-16 00:17 x
>ハリーさん
わん太くん・・・
ハリーさんも、そういう思い出をお持ちだったんですね。
子供の頃に経験する小さな命の終焉って、
ほんとうに辛いけれど、命の尊さを学びますよね。

てつはほのぼのとした味のあるわんこで、皆から愛されてました。
そんなてつらしい写真が少しでも残せてよかったです。
わん太くんの写真もあるといいですね。
Commented by あやや at 2010-10-16 00:32 x
>cox-orangeさん
てつは私が最初に見た頃(13年前)は、もっと白くてほわほわしてたんですが、
年とともにこんな感じになってきて・・・

動物の性格、確かにいろいろありますよね。
てつは明るくて素直で若いコ好きで(笑)、いいヤツでした。
撮った写真を見返していたら、そういう性格がなんとなくあらわれているものばかり。、
写真ってストレートなものなんだなと、ちょっぴり感じ入りました。

Commented by あやや at 2010-10-16 00:55 x
>ゆうさん
てつは確かにしあわせだったろうと思います。
飼い犬として、こんなふうに生をまっとうすることが出来たんですから。
雪の中のてつ、いかにも北海道の犬らしいでしょ?
寒冷地仕様のてつには、今年な夏は過酷すぎましたね・・・
ゆうさんはモモちゃんの写真をい~っぱい撮ってらっしゃるし、
その表情からしあわせな様子がいつも伝わってきます。
モモちゃんとのくらし、どうか大切になさってくださいね。
Commented by あやや at 2010-10-16 01:03 x
>cornetさん
てつは愛嬌があって、素直で、それが表情にもあらわれていたように思います。
通りかかる人が皆「てつ~」と声をかけて、てつもそれに嬉しそうに答えて。
犬と人の、とてもしあわせな関係だったのではと思いますね。



名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 命を繋ぐ川      桃岩荘を発つ朝に >>