2010年 10月 07日

桃岩荘を発つ朝に

1
b0133447_1445489.jpg

礼文で夏の終焉を告げるこの花はエゾノコギリソウ。
葉の形がノコギリみたいにギザギザなことがその名の由来です。
桃岩荘の前に咲いていました。




2
b0133447_14294617.jpg

旭日旗がはためく、桃岩荘の送別の朝。


3
b0133447_14303340.jpg

見送る側も、見送られる側も、名残を惜しむかのように、
でも明るく声を掛け合います。


4
b0133447_14311211.jpg

去りゆく人たちの姿はだんだん遠のき、


5
b0133447_14305281.jpg

やがて見えなくなってしまうけれど、なおも手を振り続けます。


6
b0133447_1431582.jpg

人の少なくなった囲炉裏の間。
さあ、車で来ている私もそろそろ出発しなくては。



7
b0133447_1432187.jpg




8
b0133447_14324342.jpg

ひとりで玄関を出ようとしたとき、やはり何か胸にこみ上げてくるものがありました。
いい時間を過ごせた満足感と、去っていく寂しさがないまぜになって、
ああいう気持ちを切ないっていうんでしょうか。
実際は見送ってくれる人たちと、「行ってらっしゃ~い!」「行って来ま~す!」と
思い切り明るく挨拶を交し合ったんですけれどね。

桃岩荘で出会ったすべての人に感謝・・・またいつか帰りますね。







撮影:8月30日     礼文島   桃岩荘
PENTAX MZ-5 + PENTAX FA 35/2.0、TAMRON SP AF Di 90/2.8 MACRO
NEOPAN 400 PRESTO

 
[PR]

by ayaya55a | 2010-10-07 20:24 | 礼文島 | Comments(10)
Commented by mink330 at 2010-10-07 21:38
あややさん、↓の写真も今日の写真も見ました。
あややさんの思いがたくさん詰まってますね。
なんだか見ていて切なくなるような・・・
これだけひきつけられている礼文島
三回目に訪れるのはいつでしょう?

またRSSに反応しなくなりましたね。どうして?
Commented at 2010-10-08 16:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ポンママ at 2010-10-08 20:55 x
桃岩荘・・昔から有名ですよね
学生のころユースを利用してたころに行きたくて仕方なかった
ところですが結局行かなかったんです
おひとりでの旅ですか?車で?
ひさしぶりだったのでずっと読ませていただきました
なんだか行ってみたくなりましたね  夏が終わって人がいなくなった時期に・・・のんびりと・・・でも一人で行けるかしら・・・
稚内までの道のりが長いんですよねー
離島ってなんだか不安もあります
一人旅になれてないってこともありますし田舎になれてないことも理由なんですけどね・・・・
私の心も今礼文にいってます^^;
歩きごたえもありそうですね
楽しい日記でした
Commented by EXTRA at 2010-10-08 22:33 x
こんばんは。

モノクロ写真を見ると、昭和初期のような気がするのはなぜだろうか?

4枚目の写真、学徒動員で見送る姿と 文字が書かれてれば
納得してしまいそうです。

桃岩荘のひととき。

わすれないで  わすれないで  わすれないでおくれよ


君のことはわすれないよ


哀愁がこもり、いい雰囲気です。

あややさん、雪解け頃に行ってみたくなりますね。


(^o^)







Commented by cornet-1209 at 2010-10-10 12:21
EXTRAさんも仰ってますが、モノクロ写真って
昭和っぽい雰囲気になりますね。
何だか懐かしい気持ちになります。

あややさんの礼文に対する熱い気持ちが伝わってくるようですね。
Commented by あやや at 2010-10-13 00:24 x
>minkさん
私が礼文に惹かれる理由というのは、実のところ自分にもよくわかりません。
ただ、帰ってくると、すぐまた行きたくなってしまう・・・
たぶん気が済むまで何度も訪れることになるでしょうね。
3回目・・・ほんとうは冬に行きたいのですが、冬は運転に自信がなくて。
たぶん雪融けの頃くらいになるのでは。
Commented by あやや at 2010-10-13 00:28 x
>鍵コメさん
コメントありがとうございます。
拙い写真からご縁がつなげたことに、ほんとうに心から感謝しています。
いつかまた、礼文でお会いしましょうね!
Commented by あやや at 2010-10-13 00:44 x
>ポンママさん
お久しぶりです~
礼文へは車で一人で行きました。
桃岩荘は、ブログ仲間の方のところで知り、思い切って行ってみることに。
思ったよりずっとオトナの方が多く、旅なれた自立した人たちの空間でした。

礼文は初夏の花にあふれた時期もすばらしかったですが、
私は夏の終わりの人の少ないこの時期の方が、よりしっくりきました。
稚内までは確かに長い道のりですが、
オロロンラインがとても気持ちの良い道で、さほど苦になりませんでした。
高速バス利用という手もありますし、
ボンママさんも機会があればぜひ礼文へいらしてみて下さい。
Commented by あやや at 2010-10-13 01:02 x
>EXTRAさん
私がモノクロフィルムで撮るのは、そんなにたいそうな理由はなく、
ただそう撮りたいからというだけなんですが、
しいて言えば自分の心の記憶を、
色あせない形にしておきたいということでしょうか。
カラーフィルムだって、何十年もたてば変色してしまいますしね。

そういう意味で、モノクロはある意味古くならない・・・
つまり「今」を撮っても今だけに終わらない何かがあるのでは。
う~ん、自分でもナンのこっちゃわからなくなってしまいました(笑)

ただ、EXTRAさんが時々アップしてくださる40年前の鉄写真、
あれが私はほんとうに好きなんですよ~。
あれを見るとモノクロフィルムっていいなぁと、しみじみ思いますね。
Commented by あやや at 2010-10-13 01:24 x
>cornetさん
モノクロって色がないぶん、見る方の記憶にリンクすることが出来るというか・・・
それで懐かしい雰囲気になったりするのかも。
桃岩荘は連綿と特有の伝統が今でも息づいているので、
それがまた昭和を感じさせるのでしょうか。
でも昭和も、現実ではすっかり遠くなってしまいましたね~。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< てつ と 私      桃岩荘で過ごした時間 >>