ふつうのコト

ayaya55a.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 24日

漁港を歩く


b0133447_2392261.jpg

この日の夕方はぼわ~んとした曇り。
桃岩展望台の近くまで来たけれど夕焼けは期待できそうにないな・・・


b0133447_2394380.jpg

桃岩へ降りるのとは反対側の、元地の海の方向へ坂を下ってみることに。
ひなびた光景の中を、ゆったりとした気持ちで歩く。気分はフィルムカメラです。




b0133447_2350494.jpg





b0133447_23103280.jpg





b0133447_23105289.jpg

夕方の漁港にはもう誰もいなかったけれど、不思議に寂しい感じはしなくて




b0133447_23111139.jpg

港全体が、静かに明日の出漁を待って何かエネルギーをはらんでいるような、そんな雰囲気でした。



b0133447_23115250.jpg




b0133447_23121668.jpg







撮影:8月19日    礼文島  元地
PENTAX MZ-5 + PENTAX FA 35/2.0、PENTAX FA 50/1.4


FUJICOLOR 400
[PR]

by ayaya55a | 2010-09-24 23:54 | 礼文島 | Comments(8)
Commented by いちぼく at 2010-09-25 06:29 x
おはようさんです
誰もいない港の雰囲気、いいですね
静かなときの流れを感じます
きっと潮の香りが漂っていたんでしょうね~
こういう雰囲気はフィルムがぴったりですね♪
Commented by mink330 at 2010-09-25 08:42
何気ない漁村の風景、普通は見逃してしまいそうな風景を
さすがの感性で受け止めているあややさん、
キャプションもまたいいですね~
Commented by cornet-1209 at 2010-09-25 13:42
本当に、私ならきっと素通りしてしまいそうな風景ですが
あややさんが撮ると素敵な『絵』になりますね。
Commented by EXTRA at 2010-09-25 19:20 x
こんばんは。

昨夜は、低気圧の影響で北風が窓を揺らし音がすごかったのです。

そちらは、如何でしたか?

礼文の漁港 生活観がある景色すばらしいですね。
バス停留所そして待合室 一昔前の風景です。


ネコバスが、突然走ってくるのでは。

最後の漁村の風景も好いですね また、漁船の錨 まだ使われているのでしょうか?


(^o^)




Commented by あやや at 2010-09-25 23:30 x
>いちぼくさん
こんばんは~
人のいない漁港は静まり返っていたのに、、
寂しいというよりは、出漁を待つ活気が感じられ、それがいい感じでした。
潮の香も、ちょっとベタついた潮風の感触も、カモメの鳴き声も、
セットになって思い出されます。
旅でのフィルムカメラは、デジタルとは違うリラックス感があっていいですね。



Commented by あやや at 2010-09-25 23:41 x
>minkさん
旅先では、いわゆる名所もそれなりにいいですが、
何気ない光景が心に残ったりもします。
写真は見えるものを撮るわけですが、そこに自分の気持ちが写り込んだらいいな・・・
一人旅だとそういう思いがやはり出てきますね。
キャプション、お褒めにあずかりありがとうございます。
言葉にするとかえって写真の邪魔になるのでは・・・といつも悩みます。
Commented by あやや at 2010-09-25 23:48 x
>cornetさん
カメラを持って歩くと、普段見過ごしてしまうものにも目が行きますよね。
旅先では、ことにそう。
写真は下手でも、自分の心の『絵』を描くのは楽しいです。
Commented by あやや at 2010-09-25 23:58 x
>EXTRAさん
こんばんは~
昨日そちらは気温がずいぶん下がったようでしたが、
夜はそんな強風だったんですね。
こちらは風はなかったですが、もう一気に寒くなって・・・最低気温11度でした。
10度以下になったら暖房つけますから、いかに寒かったか。

このバス停の雰囲気、何だかとても気になって。
雪が積もったら大丈夫かしら、と思わせる待合所でした。

>漁船の錨 まだ使われているのでしょうか?
たぶん使われていると思います。写した以外にもいくつかありましたし。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 夜の海に浮かぶ      桃岩歩道から知床へ >>